スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.12.26 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク




    【カンパニーマン】(2002年)

    ナタリっぽい近未来サスペンス

    ◆カンパニーマン(Cypher)2002年
    監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
    平凡な会社員だったモーガン(ジェレミー・ノーサム)は、閉塞的な日常を打ち破るべくハイテク企業の産業スパイに応募、採用される。偽名と偽のIDを与えられ早速仕事を開始。モーガンはかつてないスリルに興奮を覚え、任務を成功させる度に自信をつけていった。しかし同時に、激しい頭痛と奇妙な映像のフラッシュバックに度々見舞われるようになる。そんな時、謎の女性リタ(ルーシー・リュー)が現れ、モーガンに驚くべき事実を伝えるが・・・

    大ヒット作「CUBE」の監督、ヴィンチェンゾ・ナタリ作品です。これは「CUBE」の次の作品でしたが、今回初めて観ました。
    事前情報は「産業スパイ」というキーワードのみで観始めたので、普通の社会におけるサスペンスもの?なんて一瞬思ったんですが、そんなわけないですね。やっぱりSFです。近未来風のシンプル・モダンなインテリアでクールな雰囲気が全編に漂ってるスタイリッシュ風な映像がステキ。


    産業スパイとして雇われるモーガンという人、「はい!頑張ります!」的なことを言って採用されるけど、どう見てもオドオドした感じのスパイになんか向かないタイプに見えちゃったんですけど・・・。ジェレミー・ノーサムって俳優さんです。顔見ても知らないなぁ・・・なんて思ってたんですが、私も何度も観ている「ゴスフォード・パーク」にも出てたらしいです。う〜ん・・・そうだっけ?

    話は少々ややこしいんですが、解ってて就いたスパイ職のはずが、いつの間にか訳のわからない状況に追い込まれていく主人公と一緒に不安感が楽しめました。ただ、彼が襲われる激しい頭痛とフラッシュバックのシーンが、観ているこちらまで頭痛がしてくるほどの凝りようだったのが、少々辛かったかな。アバンギャルドな効果音にちょっとイライラしたりして・・。

    謎の女役はルーシー・リュー。こういうところでは東洋系女性の神秘的な雰囲気が本領を発揮って感じですね。しかも、彼女の短いヘア・スタイルが良かった!ルーシーは髪短くしてた方が断然いいよ。髪長いと顔が長く見えるもんね。モーガンにとって敵か見方か。信用していいのかどうか。秘密をちょこ〜っとずつ小出し小出しに教えてくれる、話を盛り上げるのに重要な役回りで大活躍でした。
    それから、ナタリ作品に欠かせない(?)デヴィッド・ヒューレットも出てましたが、そんな役?って感じのつまんない出方だったかな。何気に彼が気になって仕方ない今日この頃なんで、ちょっと残念でした。
    で、私が一番「おぉ〜!」となったのは、観終わってディスクを取り出した時。ふふ・・観れば判るよー。







    【デート・ウィズ・ドリュー】(2004年)

    妄想からチャレンジへ!

    ◆ デート・ウィズ・ドリュー(My Date With Drew)2004年
    監督、出演:ブライアン・ハーズリンガー
    映画「E.T.」を観て以来ドリュー・バリモアの大ファンというブライアンはテレビのクイズ番組で賞金を獲得したのをきっかけに、ドリューにデートを申し込もうと決意。ありとあらゆる手を尽くして彼女と連絡をとろうと奮闘する様子を、借り物のビデオカメラで友人が映像に収めていく手作り感たっぷりのドキュメンタリー。

    常にスターに恋してる私は、スターとのデートなんて毎日のように妄想してるわけですが、実際に申し込むなんてことは勿論しようとは思わない。だって実現するわけがないもんね。だけど、それを実行にうつしちゃったのがこのドキュメンタリー。「リスクを冒さないのは人生の浪費だ」と言ったのはドリュー本人だそうで、彼はその言葉を胸に行動に出たわけです。


    賞金で得た1100ドルが資金。だけど、ビデオカメラは買いません。電器店の「30日間返品可」のサービスを利用して借りたカメラでの撮影ということで、チャレンジ期間も自動的に30日間。協力者の友人(もちろん素人)が撮影を担当してるのでブレたりなんかして美しい映像とは言えないけれど、超低予算なこういうドキュメンタリーにはよくあることでしょう。

    一応、コネも無い普通の男がなんとかしてドリューとコンタクトをとろうとする、ということなんですが、実際はこの人(超下っ端ではあっても)映画業界で働いてる人なんですよね。強力なコネは無くても、私たちには無いコネが何かしらあるじゃないのさ!なんて反則を訴えつつ観てたんですが、それでも相当の頑張りが見られて面白いんですよ。本当の反則(犯罪?)まで飛び出してましたが、それもやっぱり笑えるし。それ以上にブライアン本人のキャラがいいんですよねー。とにかく前向き!絶対に諦めない!夢を叶えるためにはどんな努力も惜しまない!本気度がバッチリ伝わって来るので、ホントに応援したくなるんですよね。

    ただし、ドリューとは全然連絡がとれないのにコリー・フェルドマンには会えちゃうなんて、やっぱり業界人だからじゃ〜ん!なんて妬みも多少は無くもないですけど。ま、それは単にコリーが落ちぶれたってだけかな?

    結局ドリューには会えるのか? ま、会えても会えなくてもブライアンと一緒に泣いて笑って感動できる、面白いドキュメンタリーであることは間違いないです。大好きだった面白ドキュメンタリー「スーパーサイズ・ミー」よりも好き!








    【日記】ヘタこきました・・(≧σ≦)

    MANIC STREET PREACHERSがアメリカのR&Bシンガー、リアーナの大ヒット曲「UMBRELLA」をカヴァーしていたということに、ネットサーフィン(今でもこの言葉ある?)していて今更ながら知りました。2008年に日本国内でも「ビート・サレンダー」という英国を代表するファッション・ブランド" ベン・シャーマン"のコンピ・アルバムに収録されてCD化されてる音源だったようなので、気付くのが随分遅いです。

    (画像は「Umbrella」とは関係ありません)

    これ、そのコンピだけなのかな?とよく調べてみるとそうではないですね。昨年7月のニューアルバム「JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS」発売前後に、旧譜全タイトルをボーナスCD付き紙ジャケ仕様で再発!ってのがあったんですが、その中の「SEND AWAY THE TIGERS」というアルバムのボーナスCDに収録されてました。私、この紙ジャケ全8タイトルと、勿論新譜の初回と通常盤全部をちゃんと予約して買ったんですよ。でも「SEND AWAY THE TIGERS」ってアルバムが実はあまり気に入ってなかったので、ボーナスCDに収録されてると思われた、その時のシングルのカップリング曲やライヴ・ヴァージョンとかリミックスとかにも興味がわかなくて、開封すらしないでしまい込んでたんですよね・・・。
    で、持ってると判ってようやく開封して聴いてみたんですが、もちろん普通にカッコ良かったですよ。→YouTubeにいっぱいありました

    で!それはいいんですが、このCDを聴きながら改めてそのジャケを眺めていると、とんでもないことに気がつきました。Tシャツプレゼントの文字。・・それはまぁ、別にいいんです。普段から「抽選で○○名様にプレゼント!」っていうのにはあんまりチャレンジするタイプじゃないんで。でもこれは「全タイトルとニューアルバム購入者全員にTシャツプレゼント」だったんですよ・・・勿論とっくに終ってます。
    あぁ〜〜〜!アホです、私・・・。
    なぜよく読まなかったんだろぉ・・・くぅ〜。・゚゚・(≧д≦)・゚゚










    【40オトコの恋愛事情】(2007年)

    たまにはほっこりファミリー映画^^

    ◆40オトコの恋愛事情(Dan In Real Life)2007年
    監督:ピーター・ヘッジス
    3人の娘のシングル・ファーザーのダン(スティーヴ・カレル)。子育ての相談を受けるコラムニストだが、自分の娘たちは反抗期でなかなか手に負えない。そんな中ダンは親戚と集まり休暇を過ごすため、娘たちを連れて実家へ。子供達を置いて実家の近くの本屋へ一人出掛けたダンは、マリー( ジュリエット・ビノシュ)という女性と出会い、恋に落ちてしまう。ところが、マリーは自分の弟の彼女だと判り・・・

    DVDも出てないようだし、主役はスティーヴ・カレルだし、タイトルもタイトルだし、もしかしてやたらしょーもないコメディかな?と思いながらの鑑賞。でもこれ、わりと感じの良い映画でしたよ。
    少なくとも同じスティーヴ・カレルの「40歳の童貞男」とは全く違います。


    【ちょいネタバレ気味】
    高校生の娘2人は生意気なことを言って反抗するのかなーなんて予想してたけど、ブツブツ言いながらもそんなにパパとの関係も悪くないし。いつまでも娘たちを小さな子どもだと思ってるダンにイライラしながらも、コミュニケーションを全くとらないほどでもないし。(でもたぶん、これでも「コミュニケーションがとれない」関係を描いてるつもりなのかも。)
    どちらかというとダンの方に問題がある感じ。高校生でも彼氏なんかできてはいけないと考え、10才の末娘はまだ自分の言葉で話ができないと思ってる。会いにきた娘の彼氏は追い返すし。ただ、スティーヴ・カレルなのでどの否定的なセリフも柔らかい声で厳しさがイマイチ見えなくて、あんまりギクシャクした家族には見えないのよね。

    で、妻を病気で亡くしてから恋をすることもなく過ごしてきたダンに、ついに久しぶりの恋心が芽生えます。その相手はジュリエット・ビノシュ演じるマリー。賢くて優しい素敵な女性ですが、くしくも彼女は自分の弟のガールフレンド。親戚一同が会したダンの実家でそれが判明し、彼女にも家族にも本当のことを言えないまま、ダンは自分の気持ちを抑えるしかないわけです。
    ダンには相当キツい状況。好きな彼女も含めた家族みんなでワイワイしなきゃならないし、弟を傷つけるわけにはいかないし、おまけに自分の娘の問題も抱えてる。真面目で思いやりのある性格のせいで、どうにかなっちゃいそうな感じが可哀想だな〜・・・なんて思ってたら、やっぱりいつまでも抑えはきかないってわけですね。でないと話も展開しないもんな^^
    でもなんだかんだで、こういう映画はちゃんとハッピーエンドに向かうので安心です。

    ダンの母親役がダイアン・ウィーストでした。この人は優しくて理解のあるママって役がホント似合うよねー。いつまでもこんな感じでいて欲しいな。彼女が大好きです^^




    【カイロの紫のバラ】(1985年)

    映画ファンの夢を詰め込んだファンタジー

    ◆カイロの紫のバラ(The Purple Rose Of Cairo)1985年
    監督、脚本:ウディ・アレン
    1930年代大恐慌時代のアメリカ・ニュージャージー。失業中なのに遊んでばかりな上、暴力まで振るう夫との生活にうんざりしていたウェイトレスのセシリア(ミア・ファロー)は、新作映画「カイロの紫のバラ」に夢中になり劇場に足を運んでもう5回も観ていた。
    ところがその繰り返し観ている映画が、5回目はいつもと違っていた。映画の中の登場人物トム・バクスター(ジェフ・ダニエルズ)が、スクリーンの中からセシリアに話しかけてきたのだ。その上トムは、映画から飛び出し彼女を連れて映画館を脱出してしまった。前代未聞の出来事に映画館とハリウッドは大騒ぎ・・・

    先日「ナイル殺人事件」で初めてミア・ファローの魅力に気付いて、他にも観てみてもいいなと思っていたところに出会ったのがこの作品。内容を知らずに観始めて、オープニング・クレジットを見ていて初めてウディ・アレン作品だと知りました。正直、失敗したか・・・と思っちゃったんですが。ウディ・アレン作品はあんまり数を観てるわけじゃないけど、大好きなヒュー・ジャックマンとそこそこ好きなスカーレット・ヨハンソン主演で私好みのゆるいコミカルな雰囲気の映画だったのに、大して好きになれなかった「タロットカード殺人事件」といった例がいくつかあるので、どちらかというと苦手意識があるんですよね。
    ところがこれは、比較的観やすい内容だったように思います。


    アステアが歌う「Cheek To Cheek」をオープニング・テーマに、映像も音楽も全編レトロ。観ててとても感じが良いんですが、可愛い声とはうらはらに見るからに幸の薄そうな顔のミア・ファローが主演。しかも不況+暴力夫持ちということなので、暗めの話なのかな?と思ってたんですが・・・。
    落ち込んだミアが一人で映画館へ行き、新作映画を観ている。上演されてる映画は、カイロとニューヨークを舞台とした上流社会の生活も垣間見えるロマンティックなお話のようです。ミアの、その映画の世界への憧れが見えるキラキラと輝かせた目でスクリーンを見つめる表情がいいんですよー。私もこんな顔して観てるのかなーなんて思うとちょっと自分が可愛く思えたりして・・・(笑)
    そこへ(あらすじを知らなかった私には)急展開!スクリーンの中から自分のお気に入りだったキャラクターが話しかけてくる上に飛び出してきて、更に自分に恋をしてくれる。いいじゃないですかぁ〜。映画好きには楽しいファンタシーですよねー。

    登場人物たちは、上演される度に映画の世界の中で何度も何度も繰り返し同じ演技をしているそうです。なのでそこから一人脱走したらいつも通りに話が進められないと、映画の中のキャラクターたちも大騒ぎとなるわけです。なるほど、面白い。確かに一人が抜け出したら残りはどうなるかと考えると、そうなってきちゃいますねー。考えたことなかったわ・・・。
    現実の世界に降り立った映画のキャラクターの方には、93年のシュワルツェネッガー主演「ラスト・アクション・ヒーロー」のように、映画の世界では当たり前だけど実際には通用しないってことが色々出てきます。まぁ、シュワちゃんの映画のように銃で撃たれたりするような話じゃないので大したことないんですが。
    持ち物が小道具なので・・・というのは納得ですが、キスをして「あれ?暗くならないな。映画ではフェイドアウトするんだけど・・・」には少し驚きでした。映画の中でフェイドアウトが意識されていた・・・としちゃいます?そうなると、なんか色々ややこしいことがありそうな気もするんですが・・・まぁ、そこは"映画"ってことで^^ 細かいことを考えてはいけません。

    少し若いダイアン・ウィーストが娼婦役で出てました!私の中には彼女のイメージに全く無かった娼婦。かなり驚きましたが、他の娼婦仲間のように脚を見せたりセクシー・ポーズを見せることは無かったのでちょっぴりホッとしました。でも不自然さは特になくて、可愛らしくも見えるいい役でしたね。
    キャラ抜け出し事件が片付いて最後にミアがもう一度映画館へ入るんですが、そこでは次の映画「トップハット」が上演されてました。かの有名なフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのダンスが、少しですが初めて見られたのも私には収穫でした。








    【ルパン】(2004年)

    ロマン・デュリスが華麗に舞う

    ◆ルパン(Arsene Lupin)2004年
    監督、脚本:ジャン=ポール・サロメ
    父親の盗みの才能を受け継いだ20歳のアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は怪盗として活躍していた。ある時、フラン王家の財宝を狙う名士たちに捕らわれていた謎の美女カリオストロ伯爵夫人(クリスティン・スコット・トーマス)を救出したことにより、財宝をめぐる争いに巻き込まれることとなり・・・

    ルパン生誕100周年の記念に作られた映画です。
    私はルパンの本も読んだことないし、アニメもあまり見たことないし、取り立てて興味を持ったこともありません。なので全く思い入れも先入観もなく観られるので、普通に楽しめるだろうと思って観てみました。


    ロマン・デュリスのルパンは、特に悪くなかったと思います。モミアゲが完全にルパンでしたし。ヒゲの顔はイマイチなものの、身軽で華麗な動きはなかなか素敵でした。本人がやられたのかどうか知りませんが、海へ飛び込む姿が特にカッコ良かったです。クリスティン・スコット・トーマスも魅惑的に美しく、謎の悪女という役にぴったりだと思いました。当時の社交界のパーティやゴージャスな衣装、カルティエが全面協力したという豪華なジュエリー類など目の保養的な見所も満載でしたし、アクションもなかなか楽しめました。財宝の謎を解くくだりは特に楽しかったです。

    ・・・が、イマイチよく解らなかった印象が残っちゃって。何かたまに気になるところがあって、それを考えてる間に速いテンポでどんどん進むので、よく解らなくなって結局上手く入り込めなかった感じ。私の頭の回転に問題があるんでしょうね・・・。ちゃんと解れば面白いんだろうなと思ったので、翌日にもう一度観てみました。

    なるほど、やっぱりスピーディ過ぎて理解しきれてなかった部分があったようです。誰が何を考えてるのか、どんな秘密を持っているのかを知った上でもう一度見たら随分面白く観れました。ちゃんと集中して観ることが大切です。(当たり前か・・・) フレンチ娯楽超大作もなかなかいいものですね。romain









    【日記】使えるフレーズを覚えました

    「日本人の知らない日本語」という本を読みました。
    日本語学校で外国人に日本語を教えるなぎ子先生による原作のエッセイ漫画です。
    真面目に日本語を勉強している外国人たちから投げかけられる、日本語の使い方に関する質問や思わぬ疑問の数々に立ち向かう先生の姿が、面白おかしく描かれています。

    生徒の方々による、日本語のネイティヴにとっては盲点を突かれるような質問。私だったら普段は何も考えずに使ってるから、何故そう言うのかなんて知らないよーと思うことだらけなんでしょうね。でもそれを調べてでも全部答えてあげるのが先生。いかにも大変そうですよねー。(日本語講師に限りませんが)
    登場する生徒さんたちのキャラも多彩でとても楽しく読めましたし、今まで知らずにいた日本語の雑学もあり、勉強になる部分もありました。赤短の「あのよろし」の謎とか。

    中でも私にとっての一番の収穫はこれ。
    「お疲れの出ませんように。」
    目上の人へ「頑張って下さい。」は言いにくいけど、そういった旨のことが言いたい時が多々あり、どれだけ考えても他に思いつかずにずぅ〜〜っと悩んでたんですが、これで解決です!(いい年してそんなこと・・と思っても言わないで下さい)

    早速メールで使ってみることにします。それにしてもこの言葉は、メールや手紙には平気で書けそうだけど、口に出すのはちょっと照れくさいな・・・。本当に敬語として普通に使われてるんですよね??








    【スクール・オブ・ロック】(2003年)

    ロックでごっ機嫌です♪
    ◆スクール・オブ・ロック(The School Of Rock)2003年
    監督:リチャード・リンクレイター
    脚本:マイク・ホワイト
    音楽コンサルタント:ジム・オルーク
    熱すぎる破天荒なパフォーマンスで一人浮いていたギタリスト、デューイ・フィン(ジャック・ブラック)はついにバンドをクビになってしまう。その上家賃の滞納が原因で、居候していた親友ネッド・シュニーブリー(マイク・ホワイト)のアパートを追い出されようとしていた。
    そんな時ネッド宛の電話に出たデューイは、お金欲しさからネッドになりすまし名門私立小学校の代用教員の職につくことに。ある日ひょんなことから受け持ったクラスの児童達の音楽的才能を発見。特別プロジェクトを装い子供達とロック・バンドを結成した彼は、念願だったバンド・バトルへの出場を目指し・・・

    痛快です!ジャック・ブラック節炸裂!
    クビになるバンドでの一人浮いたイタいパフォーマンスから"ジャック・ブラック"です!


    教員免許なんか持ってるわけないのに、シュニーブリー先生になりすまして教師として入り込み授業なんか勿論しないというヒドい男が、更に子供たちを騙してロック・バンドを結成させて自分がそのギター/ヴォーカルをやる。強烈な話です^^
    でも細かいことなんかどうでもいいくらいパワーのある作品。

    小学校で算数や社会なんかの代わりにロックを教えてくれる。そんなの憧れちゃいますよねー。私もそんな小さい頃から叩き込まれたかったな。
    でも学校となると、テストがあったりレポート提出を強要されたりして逆にイヤになるかもという心配も。勿論この映画内ではそんなものは無いですけどね。

    黒板にビッシリ書かれたロック相関図とか、面白いですよー。(差し棒の先の形にも要注目!)ただ、よーく見てみるとグランジで終ってるっぽいね・・。ロックの歴史を始まりから勉強するのはいいとは思うけど、ロックを語ろうという人が自分の若い頃までで知識(たぶん鑑賞)が止まっちゃってるのもどうかと思うなー。まぁ、そんなに最近のことは"歴史"に入らないのかな?
    どちらにしてもジャック・ブラックのあのウザいノリは、その時代までのロックで充分出来上がるでしょうから問題ないのかもね。だけど、そんな細かいことなんかどーでもいいと思っちゃうくらい楽しい!
    ロックを勉強するにあたり、ビデオでザ・フーやジミヘン、AC/DCなんかの映像を流してたり、宿題としてロックの名盤を聴かせるべくキーボーディストにはイエス、ギタリストにはジミヘン、ドラマーにはラッシュ、バックシンガーにはピンク・フロイドといったCDを渡したりして観てて嬉しくなっちゃう場面も。


    映画での使用がなかなか認められないLed Zeppelinの「移民の歌」の使用許可を苦労して得られたそうで。この映画のロックへの愛がいかに溢れてるかが伝わったんでしょうねー。
    それはもぉ凄い快挙ってことで、使用場面ではジャック・ブラックのテンションも最高潮みたいになっててちょー面白い!
    そして、子供達とのバンドの演奏本番シーンは、何度観ても興奮と感動で胸がいっぱいになっちゃいます。

    バンドのメンバーとなる子供達は、オーディションで選ばれたちゃんと楽器が演奏できる子たちで、劇中の演奏は本人達によるものなようです。普通にカッコいいんですよ。ギターのザックが作ってきたという「The School Of Rock」をバンド・バトルで演奏することになるんですが、これが王道ないい曲なんですよねー。
    実はこの曲、2002年当時頃流行ってたThe StrokesやThe White Spripesなどのガレージ・リバイバルの系統バンド、The Mooney Suzukiのメンバーによる作曲なんですね。そういえばムーニー・スズキっぽいメロディですよ。
    (実は、彼らもちょっと出演!バンド・バトルの会場を入った所にギターを弾きながら立ってました。)
    2003年頃の彼らの来日公演を観に行って、ヴォーカルのSammy James Jr.にサインを頂いた思い出が私にはあるので、個人的には思い入れもひとしおです^^でも、そうでなくてもロックが嫌いでさえなければ誰にでも気に入られるキャッチーないい曲なので必聴ですよ。

    校長先生役のジョーン・キューザックもやっぱりファニーで最高!
    Stevie Nicksの物まねをしてたなんてのは、話に出てくるだけじゃなく実際に見てみたかったなー。











    【日記】さよならは苦手

    少し気分が下向きになってます・・・。
    毎日観ている「ビバリーヒルズ青春白書」の再放送。私のお気に入りの登場人物がL.A.から去ってしまい・・・要は出番が終了してしまいました。
    以前記事に書いた、ドナの彼氏ジョー・ブラッドリー(キャメロン・バンクロフト)のことです。
    基本穏やかで、ドナの行動が気に入らずケンカになるか?という場面でも、多少ムッとしてその場を立ち去ることはあっても、意地の張り合いみたいなことには決してならないし、すぐに仲直りしてくれる。ブランドンとスティーヴにつられて他の女の子にうつつをぬかしてしまうかと思いきや、決してそんなことしないし。こんなに素敵な彼氏っていないですよぉ。
    はぁ・・・ガックリです。
    ←もちょっと最近のキャメロン・バンクロフト氏

    あと、毎週楽しみにしていたラジオが次回で最終回だそうです。
    「ザ・プラン9のお〜きなアナ」
    私の住んでいる地域では実際のラジオが入らない(試してませんが)のでウェブで聞いてたんですが、その番組はホームページも充実していて大好きでした。収録の様子を写真付きで紹介してくれてたり。
    ラジオっていいですね〜。他に普段聞いてるラジオ番組は何もありませんが、大好きな芸人さんの話が聞けるって貴重だし凄く楽しいし嬉しい。テレビでネタを見られる時もあるけど、そういうのとは全然違いますからねー。
    はぁ・・・更にガックリです。

    春はお別れの季節ってわけですね。







    【恋愛日記】(1977年)

    許せちゃうから不思議・・

    ◆ 恋愛日記(L'homme Qui Aimait Les Femmes)1977年
    監督、脚本:フランソワ・トリュフォー
    南フランス郊外の墓地で執り行われたある葬儀、奇妙なことに参列者はすべて女性だった。故人はベルトラン・モラーヌ(シャルル・デネ)。たくさんの女を口説き続けた彼は、自分の遍歴を一冊の本にまとめようと執筆を始めるが・・

    「女の脚はバランスよく地球を計るコンパスだ」by ベルトラン。
    名言なのかなんだかよく分らない微妙な言葉ですが、要は美脚フェチの男の話です。


    普通だったらこんな女を取っ替え引っ替えするとんでもない男の話には、観ながら「なんだこいつ!」と憤慨するんですが、この映画ではそれが無い・・・不思議ですよ。
    美しい脚に目がなく、見つけると口説かずにいられない。声を掛ける前に見失えば、あらゆる手段を使って無理矢理彼女の住所を調べあげる。ビョーキやん!と切り捨てたいところだけど、ハンサムでもないしお金持ちでもないくせにモテモテなこの男。なぜなのか・・・それはいつも真剣だから。本人はいたって真面目。何人もの女を口説くけど、決して一晩遊びたいためじゃなく、本気でそれぞれの美しい脚に恋をしてる・・・ように見える。

    自分の女性遍歴を小説にまとめようと考えるくらいだから、多くの女と遊んでるという自覚はあるんですかね。でも、少なくとも彼から受ける印象は全くナンパじゃぁないんですよ。調子のいい口説き文句を連発することもないし、ドンファンやカサノヴァを気取ったプレイボーイみたいに振る舞うこともないからイヤな感じを与えないんでしょうねー。

    加えて、こんな男の話なのに、話が全然ドロドロしないのが良いし不思議。次々に女を乗り換えるので、ついには女が鉢合わせまでしちゃうのに何も起らない。全編タッチが軽いんですよね。男の話だからかな?女側の話だったら大変な事になるんだろうけど、主役は男、話作ったのも男、だから?そうかー・・男のファンタシーなんだな。そして、それを観ててもアホか!とは思わないで済んだのはトリュフォーだからか。これにはやっぱりさすが〜と思っちゃいますよ。

    トリュフォーのDVD-BOXを買って一度観て以来、ずっとしまってあったんですが、ようやく二度目の観賞をする気になりました。一度目の観賞の印象もやはり悪くなかったんですが、私がまた会いたい!と思う役者が特にいなかったのが原因でしょう。ところが今回はこの特にハンサムでもないベルトランにちょっと魅力が感じられたのが不思議。このキャラが面白くなってきたってことかなー。francois








    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend







    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links