スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.12.26 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク




    【覚え書き】本物は初めて

    B級チックな映画はたまに見かけるけど、本物のB級以下の映画となると、実は私は観たことがないのかもしれません。でも実は先日、深夜寝る前のちょっとした時間にテレビで、ある映画の始めの30分だけ適当に観てみたんです。動物パニック系の映画でした。

    アリゲーター/愛と復讐のワニ人間」2001年タイの映画。
    明らかにB級以下のタイトルですよ。こんな感じの怪しげなタイトルってたまに目にするんですが、そんなのを見かける度にタイトル読んだだけで爆笑しちゃう私は、本当は興味があるんですよね。だってタイトルだけでこんなに笑かしてくれる映画って、観たらいったいどんなに笑えるんだろー??と思うじゃないですか。だけど、それを観る時間があったら他に観たいものがいくらでもあるしー・・なんて考えて、実際に観るには至らないんですよね。

    でもこの時は本気で観るわけじゃなく寝る前にちょっとだけ、どんなんか観てみてもいいかな、とチャンネルを止めてみたわけです。話はこんな感じ(観てない部分は調べました^^)。
    タイの川沿いにある小さな村に巨大人喰いワニが出没し、村人たちが次々と襲われている。ある時、娘の1人がワニに連れ去られた村長は、巨大ワニを退治した者には財産の半分と娘を嫁に与える、と懸賞をかけた。そこで素潜り名人のクライトーンという青年が川に飛び込み娘を助けにいくが、彼が川底で見たものはワニから人間に変身する男と女だった・・・
    これがねー・・めちゃめちゃ笑えるんですよ!もぉ凄いんですよ、おバカ加減と映像のチープさ加減が!私がこういうものを見慣れてないからなのか、衝撃的過ぎてゲラゲラ笑えました。巨大ワニが陸地で追いかけてくるんですけどね、見た目はワニの形
    として決しておかしくはないのに、動きがトコトコトコトコトコ・・・って走ってんですよ。そして人間を襲う時には「ガオー!」ってライオンの咆哮!さすが!(笑)
    で、結局30分くらい観て寝ちゃったんで話はよくわからなかったんですが、最後まで観たからといって納得できる内容でもないだろーなーって感じで。

    タイの映画なんですが、どうも聴いてると英語吹き替えに日本語字幕がついてるんですよね(口と合ってないようだったんで吹き替えだと思う)。でも、そのセリフがどれも何故かカタコトなアクセント。英語ネイティヴの声優が、英語圏でない国の人がしゃべってるんだからとわざとカタコトにしてるんですかね?そんなことするんでしたっけ??それとも演じた役者たちが自分で英語吹き替えをやってるんでしょうか?・・ちょっとした疑問でした。
    しかし、こういうの一回観ちゃったら癖になっちゃうかもしれないなー。観ない方が自分のためかなー・・・




    【アクロス・ザ・ユニバース】(2007年)

    The Beatlesのカヴァーを聴くのは好きです
    ◆アクロス・ザ・ユニバース(Across The Universe)2007年
    監督:ジュリー・テイモア
    1960年代アメリカ。大学で管理人として働く父親に会うためにイギリス・リバプールからやってきた青年ジュード(ジム・スタージェス)は、ひょんなことからその 大学の学生マックス(ジョー・アンダーソン)と知り合い意気投合。彼の妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と出会い心惹かれるが、大学を中退したマックスと共にニューヨークへ向かい、歌手セディ(デイナ・ヒュークス)等が住むグリニッジ・ビレッジのアパートを間借りすることに。ある日、ベトナム戦争で恋人を亡くしたルーシーが、兄の召集令状を持ってアパートを訪れ・・・
    映画「タイタス」、「フリーダ」で知られる鬼才ジュリー・テイモア監督が、ビートルズの楽曲33曲をモチーフにして綴った青春ミュージカルです。ABBAの楽曲を使用して作られた「マンマ・ミーア」というミュージカルがありましたが、それと比べるとこちらは更にコラージュ度が高い異色作といった印象もあります。


    どうやら先に使用する楽曲を決めて歌の内容からストーリーを作っていったようです。1曲1曲の歌詞をセリフとしてそれを軸にストーリー化するという作業をしたのだと思いますが、『その曲を使う』ためだけに構成された物語がイマイチ流れが良くないのか、半分くらい進むまでストーリーがあるのか無いのか実はよく判らないような状態で観てました。前半は特に物語の進行が判りやすい構成だったようには思うんですが、なんなんでしょうね・・・よく知っている曲を映画の中で聴くのがよくないのかもしれません。曲に気をとられて話に入りこめないのかも。・・・てことは映画が悪いんじゃなくて私に問題があるんですね^^;  しかしこれだけの曲をコラージュして1つの話にまとめたというのは凄いことだと思います。でもどうしても継ぎはぎ感が気になってミュージカルとしてはそんなに大成功してるようには思えなかったんですよね。通常の話すセリフも曲間にあるんですが、大半は歌で構成されていてミュージックビデオを連続で見ているような感じ。後半になると特にサイケデリック調の映像が混じり、更にミュージックビデオ風になってくるのでなおさらです。とは言っても、場面の雰囲気に合わせた曲のアレンジも良かったし、役者さんたちが自ら歌った歌もかなり良かったので聴きごたえがあります。個人的にはゴスペルに変身した「Let It Be」に感激しました。それにしても若い俳優さんたちの歌が皆上手くて聴き惚れちゃいますね。

    登場人物の名前がビートルズの曲から取っているのは一目瞭然で、それぞれ元になっている曲はどんなところで使われるのかな?とワクワクしながら観てました。ルーシーの元曲「Lucy In The Sky With Diamonds」なんか、どうやって話に組み込むんだ?って感じですよね。曲は使わずにセリフに歌詞からのフレーズを織り交ぜたり、歌わないで伴奏だけというものもあったり、登場人物の名前だけってものもあったり色々工夫もありました。ただ、曲を使用するためだけに存在したような人物もいたりして(プルーデンスとかそうだよね?)、やはりちょっと無理やり感も感じちゃうんですけどねー。
    ストーリーは単純な恋愛ものというわけではありません。「Revolution」のような打ってつけの曲もあるということで、ビートルズが活躍していた時代の背景(ベトナム戦争、ヒッピー文化など)が巧く盛り込まれているので、甘ったるいといった感じではないですね。現在ビートルズが好きだという人(=観客に想定される人)は男性が多いような気がするので、この点も大事だったのかな。もちろん学生世代の青春物語なので甘酸っぱさはありますよ。でも観終わってみれば物語はとても単純なものだったので、(ここでは書きませんが)観る前に結末までを知っておいてもいいんじゃないかな?なんて思っちゃいました。その方が素晴らしい楽曲の数々に集中できて良さそうだったりして。(やっぱそんなのは私だけかな?)

    ジュード役のジム・スタージェスという方は「ラスベガスをぶっつぶせ」(私はまだ観れてない)の主演のようです。見た目なかなか好みの好青年風でした。歌声もなかなかスウィートで良かったです。街角で歌うためだけに配されたジョー・コッカー。私は自分から選んで聴くことのないアーティストですが、彼の歌う 「Come Together」は絶品でした。元々好きな曲でもありましたが、途中に女性コーラスパートを入れてゴージャスなカヴァーに仕上がってました。U2のボノもほぼ歌うためだけに出てました。「I Am The Walrus」、これも元々好きな曲ですし、ボノの歌声も好物なのでこれが聴けて嬉しかったです。使い方で面白かったのは「I Want You (She's So Heavy)」ですね。面白いシーンなので要注目です。負傷して薬漬け(多分)になったマックスによるドラッグソング「Happiness Is A Warm Gun」の中で、"Bang Bang Shoot Shoot"とコーラスを歌いながら妖艶に踊る5人のナースがサルマ・ハエックみたいな美人だなと思ったら5人とも(笑)本人だと後で知ってびっくりしました。
    曲は原曲に忠実なものと大胆にアレンジしたものと混じってますが、それぞれ映像と合わせてとても興味深い作品になってます。歌い手の巧さもあってかなり楽しめました。世代を越えて楽しめる秀逸な映画だと思います。










    【CUBE】(1997年)

    いまだに構造がわかってない・・
    ◆CUBE(1997年)監督、脚本:ヴィンチェンゾ・ナタリ
    ある日突然、密室に閉じ込められた6人の男女。なぜ自分たちが閉じ込められたのかは誰も知らない。四方の壁、天井、床にあるハッチを開けると隣室に繋がっているが、壁の色が違うだけの同じような部屋が続くのみ。それは巨大な立方体の建物だった。隣室に移動しながら出口を探す他に脱出する方法はないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。
    奇抜なアイデアと斬新なヴィジュアルで大ヒットした異色SFサスペンス。ゲームっぽい謎と緊迫感、人間の暗部を描いた秀作です。


    過去には何度も観た作品ですが、昨今の個人的ナタリ・ブーム(笑)を受けて久しぶりに観ました。何度も観てる映画を観る時って、途中で飲み物を取りに行ったりトイレに行ったりメールをチェックしたりと全然へっちゃらで目を離しちゃうんですが、この映画だけはいつも吸い込まれるように見続けちゃうんだよね。まったく凄い映画です。

    改めて観てみて、そういえば私ってキューブの構造というかシステムがちゃんと解らないままだったなということを思い出しました。解らないことがあっても「そう言ってるんだからそうなんだろーなー」と信じて観ちゃうタイプなんで。で、今回注意して観てみたけどやっぱり解らないので、インターネットで調べてみたらシステムをバッチリ解説してくれてるサイトさんを発見しました。で、よく読ませて頂いたんですが、やっぱり解りません>< 数字や記号が並んだ文章に抵抗があるということもありますが、元々の数学の知識の少なさ自体も問題なんじゃないかな。数学が苦手なんで仕方ないじゃないの・・・。とは言っても、劇中でももちろん説明してくれてるし、多少解らなくたって充分楽しめるので全然大丈夫。

    数学少女レブンを演じたニコール・デ・ボア、ここではメガネっ子で特に美少女ってわけじゃないけど、凄く印象に残る顔だったんですが、私はこれ以外の所で見たこと無いんですよね。テレビでよく活躍されてるようですが。で、他ではどんな顔なのかな?とググって出てきたのがこの写真。驚きました。すっかりシャープになって、美人です。この写真に限ってかもしれないけど、すごく私好み・・・というか私がなりたい顔とか言ってもいいかも。目の離れ具合が完璧(笑)
    デヴィッド・ヒューレットもやはりここでプチ・ファンになったんですが、久しぶりに観てみるとこの時はまだ微妙に顔がしまってるようですね。別にどうでもいいんですが。彼もテレビが多いようで、映画はナタリ監督作品ばかりに出ているようです。ナタリの次回作「Splice」は主演がエイドリアン・ブロディ(好き!)らしいし、もしかして外されたかと思ったけどちゃんと出てるようです。もっともっと活躍して欲しいっすねー。

    今回観るためにこの「Cube」のDVDをようやく買ったんですが、ビデオ版の時からずっと同時収録されていた短編「Elevated」が、2010年再発版DVDには収録されてないんですよ。なんでも『本国との契約満了のため収録されません』とのことで。買う前に気付いてよかったー!私はちゃんと短編まで収録されてるのを買いました^^v この短編は更にインディな感じの20分の作品なんですが、やはり密室サスペンスで、もしかしたら本編よりも印象に残るんじゃないかってくらいの傑作でおススメです。ちなみにナタリが関係ない続編シリーズは、未見の方は観なくていいですよ。








    【悪女】(2004年)

    カッコいい生き方だと思う
    ◆ 悪女(Vanity Fair)2004年 監督:ミーラー・ナーイル
    19世紀イギリス。貧しい画家の娘として生まれたベッキー・シャープ(リース・ウィザースプーン)は幼くして孤児になるが、ある時クローリー卿宅で娘たちの家庭教師 となったことを機に、上流社会進出に乗り出していく。ロンドンへ進出し、機知と美貌を武器に男を次々を手玉に取っていき、ついに権力者ステイン侯爵 (ガブリエル・バーン)という強力な後ろ盾を得て社交界の花形となるのだが・・・
    ウィリアム・メイクピース・サッカレーの「虚栄の市」を映画化した文芸ドラマです。もちろん私はジョナサン・リース=マイヤーズの出演作だから、ということでDVDの発売を知ったと同時に予約して買いました。その時点では内容はよく知らずにジャケ写真を見て私好みっぽい!とワクワクしたものです。いったいどんな悪女が出て来るのか楽しみでした。

    結論から言うと、この「悪女」とされたヒロイン、ベッキー・シャープという女性はいわゆる「悪女」には映りませんでした。上流階級への憧れが強い野心家で、美貌や様々な役立つ才能は生まれ持ってはいたものの、彼女自身の努力もあって上り詰めることが出来た女性。しかし、厳しい階級社会における生まれながらの上流階級たちの嫉妬まじりの噂の的となって「悪女」のレッテルが貼られてしまったわけです。そんな強くたくましい女性を、ラヴコメで活躍するイメージが強いリース・ウィザースプーンがキリリと演じてます。美貌を武器にする女性の役のわりに、失礼ながらそれほど美人とは言えない彼女ですが、高飛車な上流階級の中で賢く立ち回る姿がカッコよくて憧れちゃいました。

    目当てのジョナサン・リース=マイヤーズは、酷く感じの悪い人物役でした。気位ばかりが高くとにかく爵位が欲しいというお金持ちの息子で、自分の婚約者の親友にもかかわらず家庭教師という立場だったベッキーを見下しバカにするジョージ・オズボーン。軍人なのでそれらしい衣裳のキリっとした、見た目カッコよさそうな人なんですけど・・。同じ軍人でオズボーンの婚約者に密かに思いを寄せるドビンという一見弱そうな、しかし穏やかで思いやりのあるとっても素敵な人の方が断然気持ちが行っちゃうんだよな・・・。それがなんと リス・エヴァンス。大ヒット映画「ノッティングヒルの恋人」でヒュー・グラントのクレイジー系な同居人として有名になり、「ヒューマンネイチュア」で原始人みたいな役をやってた彼です。落差が凄い!「ノッティングヒル〜」のイメージしかなかった私には違和感だらけだったんですけど、そこはこのドビンの人柄でなんとかだんだん魅力的に見えるようになりました。

    ガブリエル・バーンは、侯爵としての威厳もありながらちょっとミステリアスな感じでいつもちらっと出て来るのがカッコいいなーと思ったんですが、後半ヒロインのベッキーと深く関わって来るにつれて妙に面白くない人物になってたのが残念でした。ベッキーとの過去のエピソードはいい感じだったのにな。
    ベッキーの夫となったお坊ちゃまを演じたジェームズ・ピュアフォイという俳優さんも軍人な衣裳がよく似合ってましたし、貴族の中の異端児的なキャラがカッコいい素敵な人でしたが、テレビが中心の方みたいですね「ROCK YOU!」や「バイオハザード」には出てたみたいですが。なかなかいい男です^^

    全体にやはりこういう時代の上流階級の話なので、衣裳や装飾品、 屋敷の内装など華やかな美しい映像がたっぷり楽しめますし、やっぱりジョナサン・リース=マイヤーズの美しさも必見です。邦題のせいで下品なものを想像させる分ずいぶん損してる映画ですが、「悪女」という言葉からの先入観を捨てて観た方が絶対いいですよ。

    DVDには特典としてもう一つの結末が収録されていました。実はそちらの方が断然しっくりくるエンディングだったように思います。本編の結末が明らかに不自然にハッピーエンドをくっつけてあったのを考えると、映画会社の意向で結末を曲げられたのかな?なんて思いました。多少ジメっとしてもあんな妙なエンディングにするのはやめて欲しかったですね。ifansmeyers







    【猫が行方不明】(1996年)

    おしゃれじゃなくてもパリ。
    ◆猫が行方不明(Chacun Cherche Son Chat)1996年 
    監督、脚本:セドリック・クラピッシュ
    パリ11区。メイクアップ・アーティストのクロエ(ギャランス・クラヴェル)は、3年振りのバカンスに出掛けるため、たくさんの猫を飼っている老婦人マダム・ルネ(ルネ・ル・カルム)に愛猫グリグリを預けることに。ところがバカンスから戻るとグリグリが行方不明。マダム・ルネの仲間の老人たち、動物愛護団体、近所に住む人々などを巻き込んでの大捜索が始まるが・・・

    「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ作品で随分評価も高いということで、ずっと観たかったこの作品のDVDが今年やっと再発されて、いいタイミングで溜まった某お店のポイントを使ってお値打ちに手に入れました。HDニューマスター版で、ちょっと厚めの解説ブックレット付き。


    行方不明になった猫を探すというストーリーなので、話としてはちょっと地味です。物憂げな若い主人公女性のほのぼのとした生活の1コマといった感じで、事件は猫を預けたら居なくなった!ということくらい。その猫を預けたマダム・ルネというのがやけに個性的な老女でよい。チャキチャキおばあちゃん特有の張った声と、猫を行方不明にしてしまって弱り果てたしょんぼり感とをひたすら濃くチャーミングに。声はカスカスなんで、たまに耳障りになってくる時もあったりなかったり^^ 彼女は監督のご近所さんで元々女優でもなんでもなく、たまたま他の作品でちょっとだけ出演してもらったら演じることにハマっちゃってこの役をゲットしたそうで。彼女のキャラが買われたというのはあるでしょうけど、運やコネってやっぱあるのねー。

    そしてその猫を探すためにまず駆り出されたのはマダム・ルネのお仲間の老女たち。地元ネットワークを駆使して探そうとしてくれます。そしてカフェにたむろする労働者たちや近所の人たち、クロエに思いを寄せるおとぼけ青年などにも広がり、華やかなファッション業界で働くクロエにはそれまで接点の無かった下町の住民たちとの交流が始まっていくわけです。それは決して感動するようなものではなくて、ただただ普通で自然。飾らないリアルなパリの生活の一部ってだけ。こういうのって嬉しいですね。映画でしかパリに触れられない私には、恋に生きる華やかな人たちが住む街パリ、というのがやっぱりメインなイメージで、もちろんそれが全てじゃないことは解ってるんだけど、ダサいパリジャンとか居る気がしないんだよな。とりあえずそんな偏見は払拭されました。


    そんな中で、窓を開けてドラムを演奏する近所迷惑な青年のロマン・デュリスがちょっといいアクセントになってました。私にとってはアクセントどころかオアシスだったかも。たとえとんでもない人物だったとしても、あの極上の微笑みを見せて貰えれば全て許せます(笑)

    ところで、DVDに付属していたブックレットにはカヒミ・カリィや嶺川貴子によるライナーノーツが掲載されてました。これってもしかして当時の渋谷系御用達映画だったんですか?あんまり知りたくなかった情報ですね^^;でも全編ほのぼのと心地よいキュートな映画だったので観て良かったです。
    あ、それからこの題材は猫好きな方にアピールしちゃうかもしれませんが、猫は行方不明になってますからそんなに多くは出て来ませんよーromain








    【日記・音楽】David Byrne/Fatboy Slim, Gogol Bordello, Broken Bells

    先日注文しておいたCDの残りの3枚が届きました。そのうち2枚はアーティスト名を見ただけでは何だったのか(どんなジャンルなのか、何故買うことに決めたのかなど)思い出せない知らないアーティストだったので、とりあえず景気づけも兼ねて「David Byrne&Fatboy Slim / Here Lies Love」から聴くことに。・・・ん??ちっとも景気づけっぽい感じにならない・・。
    Fatboy Slimを期待して聴いたので完全に肩すかされました。一応ダンスミュージックっぽい感じもあるけど、なんだかラテン調でやたら美しいメロディを女性が滑らかに歌ってます。万博のテーマ曲だと言われたら信じてしまいそうなくらい(笑)の穏やか系・・・これ、なんでしたっけ??と思って改めて調べてみると、元フィリピン大統領夫人イメルダ・マルコスの人生を演劇的な感じで描いたコンセプト・アルバムということでした。なるほど、ミュージカルの舞台で歌われる絵が思い浮かびますね。ビックリしましたが、聴いていくとこれがとても気持ちが良いんですよ。歌は楽曲ごとに違うシンガーが歌っています。
    シンディ・ローパー、マーサ・ウェインライト、トーリ・エイモス、タナリー・マーチャントなどなどいい声続出。でもたくさんのシンガーが参加していますが、そんなに多彩という印象ではないですね。比較的似た様な感じが多い気も。全然問題ないんですけどね。とても気に入りましたが、輸入盤で買ったのは間違いだったということかな?歌詞の内容を知りたいもんね。

    次は「Gogol Bordello / Trans-continental Hustle」。ヒゲのオヤジがギターかかえた写真のジャケですが・・・そうか!『ジプシー・パンク』とかいう謎のキーワードに惹かれて買ったんだった。ふふふふふ・・・これ、おもろいですねー。いわゆるPunkというジャンルの曲は特にないんですが、ジプシーって部分の雰囲気はよく解りました^^フィドル(要はヴァイオリン)やアコーディオンが入ったアイリッシュ風だったりエジプシャンだったりって感じですが、なかなかいい勢いがあってライヴが面白そう!・・って、やはり既にフジロックやサマソニで大盛況だったようです。女性ダンサー(兼コーラス)を含む様々な国籍のメンバー9人組だそうで、見るからに楽しそう!シブく聴かせる曲まであって面白いですよ。


    そして最後に「Broken Bells」。これはまた随分気持ちの良い美メロを聴かせてくれるポップアルバムだなー。・・と思ったらThe ShinsのフロントマンJames Mercerが売れっ子プロデューサーDanger Mouseと組んだユニットだそうです。
    The Shinsといえば、グランジのSub Popレーベルからこんなのが出ていいのぉー??とビックリした(結局Sub Popは上手くまた時代を読んで再成功してましたね)ピュア・サウンド+美メロ&ハーモニーのインディポップバンド。これは、そのThe Shinsからあんまり遠くない感じかな。いい気分になるいいアルバムです。音楽雑誌とかの2010年ベスト10には入ってくるんじゃない?ところでこのアルバムの中にDanger Mouseの色はどれくらい出てるんでしょうね。私はDanger MouseといえばGnarls Barkelyしかよく知らないので偏ってるのか分りませんが、あの人ってこういう感じなのかなー??
    総合して今月は当たりだらけでした。めでたしめでたし。








    【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】(2007年)

    ゴスなデップはやはりいいですね

    ◆スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(Sweeney Todd: The Demon Barber Of Fleet Street)2007年
    監督:ティム・バートン
    19世紀ロンドン。フリート街で理髪店を営み、妻と娘と幸せに暮らしていたベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)だったが、ある日その妻の美しさに目をつけた悪徳判事ターピン(アラン・リックマン)によって無実の罪で流刑にされてしまう。15年後、バーカーは名前をスウィーニー・トッドに改め街に戻るが、ミートパイ店を営むミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム・カーター)から妻は自殺し、娘は幽閉されていることを聞かされ怒り狂い、ターピンへの復讐のみに生きることを決意し・・・

    ティム・バートン× ジョニー・デップのホラーで、客の喉をカミソリで切りまくる理髪師の話だと聞いて楽しみに劇場へ向った覚えがあります。ミュージカルだったんですよね。その情報は私には観る前に無かったんで、びっくりしたんですよ。この話のミュージカルの舞台が大ヒットしたそうで、それの映画化作品でした。


    全体にゴシックな雰囲気漂うグレー系な映像の中で、飛び散る血の色がよく映えて美しく、更に、調子にのったトッドがお客をスパスパ切っていくのは相当気持ち良かったですね。スプラッターなんですが、グロさは少ないですし。美しく鮮やかに作られた血の色に全くリアリティが無いからでしょうね。もちろん血が苦手な方にはおススメしませんが。ブラックユーモアも感じられるおもしろい映画だと思うんですけどね。
    で、ジョニー・デップの歌、結構いいんですよ。わき上がる憎しみを力強く表現した歌に聴き惚れます。狂気の表情も恐ろしく素敵です。敵であるターピン判事を前にして、想いはそれぞれ別ながらもその判事とデュエットして見せるメリハリも素晴らしいです。ミュージカルと言えば唐突でオーバーな身振り手振りと歌というイメージがありますが、これの場合はあんまり違和感を感じないで観られます。少なくともオーバーな印象は受けないので、ミュージカルが苦手な方にも受け入れられ易そうな気がします。ヘレナ・ボナム・カーターの歌には少々がっかりでしたが。物悲しい雰囲気は出てるんですけどね。それはもちろん演技自体が良かったからだと思います。

    そして悪者アラン・リックマン。あの甘い声の歌がとてもいい感じだし上手かったですよー。ジョニー・デップとのデュエットで歌う、彼なりに愛している少女を想っての歌。妙に色っぽくてこれまた聴き惚れます。役は悪い人なんですけどね。この人が歌が下手じゃなくて安心しました^^
    全体にテンポがよくてササっと進んでいくし、歌を聴くのが苦痛でない私は全然飽きることが無かったし、雰囲気で楽しむことができるタイプなので結局のところかなり楽しめました。個人的にはジョニー・デップ出演作では2番目にお気に入りです。







    【日記】観るか観ないか

    先日「アリス・イン・ワンダーランド」を観に映画館へ行った時に、壁に大きな宣伝タペストリが掛けられていて驚いた映画「パリより愛をこめて」。最近テレビでよくCMを見かけるようになりましたね。今月15日からだそうで。私はテレビCMでジョナサン・リース=マイヤーズの名前がデッカく出てるのなんか初めて見たので、見かける度に興奮しちゃうんですが、困ったことに何度予告を見てもこの映画が全然観たくならないんだよな・・・。実は私は彼の姿を劇場で観たことないんですよ。なので一度はデッカいスクリーンで見てみたいとは思ってるんですけど・・・。

    「TAXi」「トランスポーター」「96時間」の名コンビが、さらに進化したアイデアとスケールでサスペンス・アクションの新境地を切り開く!
    とか言われても・・・全く興味が湧かない><

    任務のためには手段を選ばない危険な男と、人を撃てない見習い捜査官。世界一真逆の二人がパリを舞台に巨大犯罪組織を追う!
    見た目からトラボルタが危険な男の方だろうから、ジョナサンは見習いの方かと思うと、私にとってはもしかして悪くないかもねーなんて気も。・・だけどやっぱり、ありきたりの薄っぺらーいアクション映画を想像しちゃって観る気になれない>< でも観たいのよぉー!!だけど観たくないしー!
    うちの近くのシネコンでジョナサン・リース=マイヤーズが出てる映画が上映されたことなんか・・・無くはないか。でもずっとスルーしてきてるんだよね。前回は「奇蹟のシンフォニー」(タイトルだけでゲー!って感じでパス。後にテレビで観て感激・・・アホか、私・・)、その前は「M:i:III(ミッションインポッシブル3)」で当然のようにパス。だってポスター見ても扱いちっちゃそうだったし。(後にテレビで観て、別に観てもよかったなと反省)。

    うーん・・・これまでの反省を踏まえると、観るべきということに? ま、いくら悩んでも結局時間の都合がつかずに観に行かないで終わるんだろうな・・meyers







    【Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!】(2008年)

    いろんなオーウェンが楽しめてお得

    ◆Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!(Drillbit Taylor)2008年
    監督:スティーヴン・ブリル
    高校入学早々いじめられていた小柄なエミット(デヴィッド・ドーフマン)を助けたことにより、自身もイジメの対象となってしまったライアン(トロイ・ジェンティル)とウェイド(ネイト・ハートリー)は、ひ弱な自分たちには太刀打ち出来ないからと大人のボディガードを雇う事に。面接の結果雇えたのは自称元陸軍特殊部隊兵士ドリルビット・テイラー(オーウェン・ウィルソン)。実は彼の正体はホームレスだった・・・

    高校初日前夜のライアンとウェイド、みじめな中学生活とおさらばし期待に胸膨らませる2人は電話でモテそうなニックネームなんかを相談している。この子たち・・・高校生なの??と疑ってしまうほどいかにも幼いダメそうな子ども。ダメそうって要はいかにも上級生にイジメられそうなタイプってこと。ウェイドはヒョロっと細長くて女の子みたいな可愛らしい顔のひ弱タイプ、ライアンはお調子者風のおデブちゃん。観始めたことを一瞬後悔してしまった・・・


    そんな私を引き止めたのは、ビーチのシャワーで全裸を披露してるオーウェン・ウィルソン!これは本人なのかな?おケツ丸見えでしたが。
    でも彼、完全にホームレスでした。家を追い出されて住む所に困っているみたいなんじゃなくて、お金もまともに持ってない路上生活をしてる人です。残念ながらその姿はあんまり見たいものではないんですが、彼がホームレスをしている間にひ弱高校生たちがイジメに遭ったりそれについて話し合ったりしてるのを見て、今度は彼らに引き止められました。話が進むにつれて、この子たちの魅力がどんどん出て来るんです。特にデブのライアンは皮肉やジョークが面白いし、後半には凄い特技も見せてくれるので要注目です。

    ドリルビットはボディガードとして雇われたものの、それらしい活躍はなかなかしません。何せ元々雇い主からお金をふんだくることしか頭にないんですからね。それでも一応仕事をするフリをしなきゃならないってことで、ひ弱3人組に怪しげな防御法や攻撃法をトレーニングするわけです。そのインチキ臭さも酷いんですが、それを完全に信じ込んじゃうイジメられっ子たち・・・君ら、そこまで子どもかい?と言いたくなっちゃうんですけど、ま、そこはこういう話なんで(笑)。しかしそんな純粋な彼らと過ごすうちにドリルビットの方も気持ちに変化が出て来るので安心です。

    でドリルビットは、ボディガードとして活躍するために学校へ潜入。借り物のスーツで乗り込み臨時教員として働くことに(笑)。この姿が一番いいですねー。意外と爽やかなんですよ、オーウェンって!^^ なので同僚の中にも見初める女性がでてくるわけです。まぁそれはオマケ程度のエピソードで、メインはやはりボディガード。学校に潜入できたのでイジメっ子ヘの対策もバッチリですが、残念ながらその辺りは結構駆け足気味でサラっと進んじゃう。その方がいいものなのかなー・・?個人的にはどうやって上手く迎え撃つかな?と楽しみにしてたんですが、ちょっと拍子抜け気味だったかな。もちろんそれなりにはあるんですけどね。でも、最終的にはバッチリ決まるのでOK。はっきり言ってオーウェン、カッコいい(笑)

    イジメっ子上級生は18才ですが、ライアンたちよりずぅーっと年上に見えますね。そんなイジメっ子によるここでのイジメは陰湿なものよりあからさまな暴力。イジメられる方はやられる場合が断然多いけど、決してどん底に陰鬱なムードになることはなくドリルビットのアドバイスを生かしてなんとかしようとするので、悪い気分にはなりません。彼らが映画の「アンタッチャブル」や「ファイト・クラブ」を参考に戦おうとするのも可愛いです。コメディとして素直に面白がってていいって気になります。リアリティなんか関係ないみたいな話なので特にそうなのかもね。傑作ってわけじゃないけど、軽快で楽しい作品です。owen










    【マディソン郡の橋】(1995年)

    たまに無性に観たくなるメロドラマ

    ◆マディソン郡の橋(The Bridges Of Madison County)1995年
    監督:クリント・イーストウッド
    亡き母フランチェスカ(メリル・ストリープ)の遺品整理のためにアイオワ州マディソン郡の実家へ集まった息子マイケル(ヴィクター・スレザック)と娘キャロリン(アニー・コーレイ)。2人はそこで初めて、母が火葬、そして遺灰をローズマンブリッジから撒かれることを望んでいたことを知り困惑する。そして金庫の書類を調べるうちに実は母には心に秘めた恋人がいたことが判り、更に戸惑いながら2人は、母から子どもたちに宛てて書かれた彼との4日間を綴った日記を読むことにするが・・・

    美しい大人の愛を描いた大ヒット作品です。よく見かけるイーストウッドの写真から西部劇やアクションの人というイメージしか持っていなかったため、彼の出演作に興味を持ったことはなかったんです。しかし、これは明らかにラブストーリーだと判り、そしてとても話題になっていたこともあり、これで初めて彼の出演作を観てみたわけです。もちろんビデオ発売時でしたが。


    夫と子供が外出していた4日間だけの不倫、という話。不倫を非難することは簡単ですが、この映画だけはそういう気にならないんですよね。結婚して子供もいる女に突然おとずれた生涯忘れることのできない大恋愛。結果4日間だけで終わってしまったけれど、終わらせるかどうかにひどく悩み、辛い決断をし別れてしまう2人の姿にどうしても涙してしまいます。2人の感情の動きが2人のベテランによって細かく丁寧に表現されているせいか、イヤでもこの2人の世界に引き込まれてしまうんです。そしてフランチェスカの決断も凄い。離れて生きるからこそ彼を愛し続けることができる・・・。大人らしい先の先まで本気で考え抜かれた決断。つらいです。ロバート(クリント・イーストウッド)が強引に彼女を連れ去ろうとするわけじゃないところもいい。全てを彼女に委ねて、男らしく。やはり大人なんです。しかしながら叶わなかった恋を彼もまた大切にし、フランチェスカからの1枚のメモまで後生大事に保管していた彼を思うと堪らない・・・。

    世界中を飛び回り色んなことを経験してきたカメラマンのロバートは、思い描いた夢の数々を捨て平凡な農場の主婦に落ち着いていたフランチェスカの夢を生きてきたかのような男性で、もしかしたら自分にも起こったかもしれない別の人生を彼女に思い出させてくれた人。ある程度年齢を重ねた人の大半は男性女性を問わず、若い頃に描いた夢を捨てた経験って何かしらあるでしょう。もしそれを今からでも共に味わえるかもしれない相手に出会ったら・・・。惹かれてしまうのは判らないことではないような気がします。

    この話を当人の死後に事細かに聞かせれた(読まされた)息子と娘の反応もなかなか興味深いですよね。あの母に父以外の男の影が・・・と知った最初はそりゃー驚くし怒りは湧くし困惑もしますよね。しかし息子と娘の反応が分かれるわけです。息子は怒り狂い、娘は戸惑いながらも受け入れてる。それが、3冊の厚いノートに綴られた事実と母の思いをゆっくり読みながら知るにしたがって徐々に変わっていくんです。それは不倫に対して意見が分かれるであろう観客たちも、彼らと一緒に気持ちが自然に変化していけるように巧く作られてると思います。これを不倫を美化してるなんてつまらない見方は私にはできないですね。「不倫」だけど「不倫」という言葉で片付けたくないんです。もちろん夫の立場を思えば「不倫」でしかないんですが・・・うーん・・難しいですね。まぁとにかく、イーストウッドとストリープの上手い演技を何度も堪能したくなる素晴らしい作品ってことで。








    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend







    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links