【ニューヨーク, アイラブユー】(2008年)

    ひかりビデオ・オン・デマンドから適当に選んで観ましたー。あまり期待できるタイトルじゃないなぁ、なんて思いながらだったのですが、観ながら気が付きました^^ 「パリ、ジューテム」のニューヨ−ク版か!と^^


    ◆ニューヨーク,アイラブユー(New York, I Love You)2008年
    他人からスった財布から出てきた写真の美女を街で偶然見かけたスリの男、死を前にしてミューズを追い求める画家、文化の壁を超えた幻想的な愛、プロムに同伴するよう美しい女性を紹介された17歳の若者など、ニューヨークを舞台に11人の監督が描いたラブ・アンサンブル・ムービー

    パリを舞台に描いたオムニバス映画「パリ、ジュテーム」という作品が2006年にありましたが、こちらは第2弾でニューヨークが舞台です^^
    1つのテーマで描かれた短編の連続で、それぞれにタイトル画面が表示されて「違う話が始まる」感がはっきりしていた「パリ、ジュテーム」とは違い、別の監督が描いたそれぞれの物語を繋ぐかのようなシーンが間々に入り、オムニバスだけど自然な流れの群像劇のようになっていました!「パリ、ジュテーム」もオムニバスとして普通に受け入れていましたが、こちらの方が観やすくて好み^^


    10人の監督による10の物語、それを11人めの監督が綺麗につないでくれていました。
    出演者陣もヘイデン・クリステンセン、アンディ・ガルシア、ナタリー・ポートマン、オーランド・ブルーム、イーサン・ホーク、ブレイク・ライヴリー、ブラッドリー・クーパー、ジュリー・クリスティ、ジョン・ハート、ロビン・ライト・ペン、クリス・クーパー、イーライ・ウォラック、ジャスティン・バーサ、クリスティーナ・リッチ など豪華!豪華!

    面白かったのはイヴァン・アタル監督で道端でナンパする男イーサン・ホークとマギーQのあのオチ、あと "幕間" のブラッドリー・クーパーやクリスクーパーも良かったですね。

    お気に入りはこちらもイヴァン・アタル監督、クリス・クーパーにタバコの火を借りるロビン・ライト・ペンの物語と、ジョシュア・マーストン監督の脚の悪い老人イーライ・ウォラックとうるさい妻クロリス・リーチマンが延々口ゲンカをしながら歩いて行く話。こうして見ると、いつの間にかちょっと枯れた味わいが好みになってる自分に驚いちゃいますが^^;

    実は物語を個々に思い返してみると、う〜ん別に・・・とか、まぁ普通とか、よく解んないとか、そんなに気に入っていないエピソードも多いのですが(10通りもあるのだから、好みでないものもあって当然)、全体を観終わっての感想としては楽しかったし気持ち良い♪って感じ^^優しい気持ちになれて、ホント気分が良かったです。
    まぁまぁ地味〜に日常を切り取ったようなゆったりした雰囲気なので、ガツンと "何か" が起きてくんないと!って方にはお薦めしにくい感じかもしれないですけど、私はとても楽しめましたよ♪

    ところでヘイデン・クリステンセンって写真で見る限り、気持ち悪い感じのイヤミなハンサム感に興味が持てず、出演作をほとんど観たことが無かったのですが(ボブ・ディラン役はコスプレ視で除外 笑)、動いてるところを見たら「わりとフツー?」って感じでちょっと見直しました^^

    1エピソード撮ったけど丸っと採用されなかったスカーレット・ヨハンソン監督作品が、DVDの特典に収録されているようです。私は特にそれが目当てというわけではなく(笑)、気に入ったので鑑賞後すぐに注文しちゃいました^^





















    【フローズン・タイム】(2006年)

    ファンタジー系っぽいけど、どうやら若い男女が中心の恋愛モノっぽかったので、FOX MOVIES で録画しましたー^^


    ◆フローズン・タイム(Cashback)2006年 監督:ショーン・エリス
    画家志望の美大生ベン(ショーン・ビガースタッフ)は、恋人と別れたショックで不眠症になってしまう。おかげで1日が8時間も増えてしまった彼は、余った時間をスーパーの深夜バイトで潰すことに。しかし2週間もの不眠が続いたベンの頭はついに限界を超え、自分以外の世界をフリーズさせる能力を身に付けてしまい・・・

    もしも自分以外の時間を止めることができたら?普段、願望はあっても人目があってはできないイケナイことをやりたい放題やっちゃう?「いや、自分はそんなヨコシマなこと考えませんから!」という真面目は方でも、映画の中の話なら、そんなヨコシマな内容を予想/期待しますよね?^^

    ところがなんと!この主人公青年は、そんな下衆な(笑)考えは微塵も見せないんですよ!
    ・・・いえ、まぁ、時が止まれば遠慮なくお買物中のお姉さんたちのシャツをめくっておっぱいボロンと出しちゃうし、パンツは半分ずり下げちゃうし、やりたい放題やってましたけどね^^;しかし、彼の目的はただ一つ!デッサンです。セックスよりもアートってわけですよ^^そういう子なんです。

    それにしても、そこで見られる半分裸の女性たちを映した映像のステキなこと!!おっぱいもお尻ももろに出ちゃってますが、エロく感じない。神秘的で芸術的!

    当然、そこに登場する女性達がすべてモデル並のスタイルだったからということもありますが、女性を美しく撮ることに長けたファッション・フォトグラファーである監督によって捉えられた彼女たちは、ただの女の裸ではありません。観ててウットリしちゃいますよ!

    話自体は失恋したりまた恋したりといった単純なラブストーリーですから、可もなく不可もなくといった感じですが、おバカ男たちのくっだらないおバカエピソードを挿んで緩急つけられた映像美は、観て損はなかったと思います^^脇役がほぼ全員おバカキャラなので(ある意味)ゲージュツ映画でも眠くなりませんでしたし♪

    そして、この映画のキモである「時間を止める」という能力について。
    時間というのは数字で見れば全ての人に共通のものなはずですが、楽しい時間はあっという間、苦痛な時間は進みが遅い、というように個々のその時々の意識によって進み方が変わってくるものですよね。この主人公ベンは、その意識自体をコントロールすることによって、自分以外の時間を止めるということを習得してしまったわけです。この映画での「時間が止まる」というのは、そういう理屈だったと思います。
    ですから、もしも見ていて「これおかしくない?」ということが起きていても、"オレの夢" ルールみたいなもので、ベンの意識内に何かが起きたからそれが反映されてしまってる、と考えればいいようになっているのだと思います^^細かいことは気にせず楽しみましょー



















    【親密すぎるうちあけ話】(2004年)

    私の中ではすっかり色ぼけオヤジのイメージで定着してしまったファブリス・ルキーニですが、結局気になる人になっちゃってるんですよね^^ ということで、彼の主演作を観てみましたー。


    ◆親密すぎるうちあけ話(Confidences Trop Intimes)2004年
    監督:パトリス・ルコント
    パリのとあるビルの一室にオフィスを構える孤独な税理士ウィリアム(ファブリス・ルキーニ)。ある日、そこへ美しい女性アンナ(サンドリーヌ・ボネール)が訪れる。戸惑いながらも部屋へ招き入れると、アンナはおもむろに夫との性生活の悩みを打ち明け始め・・・

    税理士である自分に相談に訪れた女性が突然「この半年夫と私はセックスレスなの。」と性生活の悩みを打ち明け始めた!
    驚きながらも、そこから離婚に関わる税金相談に入るのかな?と納得し、そのまま話を聞いてしまうウィリアム。ところが彼女はそんな話だけを少しした後「次回も6時でいいかしら?」と帰ってしまう。ウィリアムは、自分はカウンセラーではないと言い出せないまま次回の約束をしてしまい、迷いながらも彼はなんちゃってカウンセリングを続けることとなってしまった!さて、どうなってしまうのか^^



    結末には触れませんが、ネタバレ気味です

    このエロオヤジ、今度はいったいどんなエロを見せてくれるんでしょうね〜^^とハナからイヤラシイ目で観てしまいましたが、ここでは相手の体に触りもしないし直接的なセックス表現は皆無!でしたー。

    しかしウィリアムが実はカウンセラーでないということが分かっても尚、彼の元へ通うアンナ。彼女は変わらずせきららに性生活を語り続け、ウィリアムはこの謎の女に魅せられ彼女が訪れるのを楽しみに待つ。...という、なんとなくお互いに意識しあっている二人の、密室での会話だけで繰り広げられる微妙な関係がエロい!プラトニックってとこが余計にエロい!という映画だったようです^^


    大人向けのラヴストーリーですよねー。これに官能を感じられるかどうかで、自分の成熟度が測れそうな感じでしょうか。「さっさとヤっちゃえよ!」と野次を飛ばした私はまだまだオトナへの道のりは長そうです。恐れ入ります^^

    素性を隠したこの女の話は本当なのだろうか?そして目的は?・・・というサスペンス風味な物語が面白かったですね。アンナの夫まで登場してドキドキしちゃいましたが、更にオカシなことになって面白い要素となっていました。
    自分に気があることが見て取れるけれど、手を出す勇気なんか絶対なさそ〜な男を相手に、自分と夫の性生活を話して聞かせ、「夫から、他の男と寝てこいと言われたの」なんて言うのも、なんだかサディスティックな感じもしますし。あぁもお!結局なんかエロいじゃねぇか!このヤロウ!!
    ・・・失礼。オトナのエロに慣れてないもので^^;

    ファブリス・ルキーニは自分からは行動を起こそうとしない草食オヤジを好演。開けっ広げな性的な話を、どんどんエスカレートさせてくるアンナにビビリまくる感じが可愛かったですねー♪luchini

















    【お家(うち)をさがそう】(2009年)

    なんとなくほのぼのな雰囲気を予想させるタイトルと、マーヤ・ルドルフに惹かれて録画してみましたー。しかし彼女のパートナー役のジョン・クラシンスキーもとても良かったです♪


    ◆お家(うち)をさがそう(Away We Go)2009年 監督:サム・メンデス
    アメリカ、コロラド州。お気楽な同棲生活を送っていたバート(ジョン・クラシンスキー)とヴェローナ(マーヤ・ルドルフ)にある日、妊娠が判明する。バートの両親のために彼の実家近くに住んでいた2人だが、当の両親は孫の誕生前にヨーロッパへ引っ越すことに。だったらここに居る必要はないと2人は、子育てに理想的な地を探し求めて知人や親戚を訪ねる旅に出るが・・・

    「30を過ぎて、どこでどんな風に生きていくのかが見えてない私たちってもしかして負け犬?」
    と不安を募らせた主人公カップルは、コロラドのボロい家を出て別のどこか理想の地を求めて旅に出るというロードムービーです。

    アリゾナ、ウィスコンシン、モントリオールなど、友人や兄妹を訪ねて回り、それぞれの家庭の生活ぶりを見学し、なんか違ーうと次へ進む。う〜ん...住みたい場所を選ぶために旅しているはずなのですが、何をしてるのかイマイチよくわからない^^; 訪ねた家庭がその地の全てじゃないんですけどね。理想的に思える家族が住む所=子育てにふさわしい環境ってことでしょうか?ハテ

    まぁ何はともあれ、最終的にはいい感じ風に落ち着いたんで、終わりよければ全て良しって感じかな。結局は、幸せって何なのかしら?というお話なんでしょう^^


    訪問先の家庭はどこも個性豊かでちょっと風変わりだったり問題アリにしか見えなかったりで、(観る分には)なかなか面白かったですし(マギー・ギレンホールが印象的です!)、何といってもこの主人公の素敵カップルがとても感じが良いんですよねー♪おかげでそれなりに楽しく観られました。

    出産を控え新たな生活を迎えるにあたって漠然とした不安を抱えながらも、強く愛し合い、寄り添い合う二人。このカップルが本気で険悪になるような場面は想像つかないってくらいのバランスの良さなんですよね。
    演じたジョン・クラシンスキーとマーヤ・ルドルフは、素でカップルなんじゃないか?ってくらい自然で、微笑ましく見守りたくなる二人を好演していました。繰り返される二人のミニコントがとても可笑しかったです^^

    しかしこんな素敵な関係ですが、このカップルは結婚していません。彼女の方にその気がないそうです。なぜ「結婚」にこだわる必要があるの?って感じだそうで。
    形にこだわりたくないのなら尚更、相手が望むなら結婚しても別に構わないんじゃないのかしらん?と思うのですけど(「こだわらない=どっちでもいい」かな?と)。「愛し合ってるし、ずっと一緒に暮らすことには変わりない。それだけで十分!」という考えはどうもよくわかりません。
    その昔あるラッパーが、「なんのために結婚するんだ?別れる時に金を取られるためか?」なんて言ってましたが、そういう人とは違い、この彼女は別れることなど微塵も考えちゃいないわけですしねー。
    あ、別にだからダメという話ではなく、ただ解らないってだけなんですけどね。私って考え方が古いんですかね?^^;ま、何が幸せかは人それぞれってことで。

    この映画の内容に関しては→こちらのブログさまの記事がおススメです!

    [メモ] cactus の複数形が cacti って初めて知りました^^;

















    【ヴィゴ】(1998年)

    現在のマイブーム、ジェームズ・フレインを追い求めてたどり着いたこの映画を観てみましたー。彼がまだまだ若手の頃ですが、主演です♪


    ◆ヴィゴ(Vigo)1998年 監督:ジュリアン・テンプル
    映画製作を夢見る青年ジャン・ヴィゴ(ジェームズ・フレイン)は結核を患って療養中、サナトリウムで同じ病を持つ女性リデュ(ロマーヌ・ボーランジェ)と出会い、恋に落ちる。彼女の愛に支えられ、念願の映画製作に取り組むヴィゴだが、アナーキストの父を持つゆえに作品はすべて酷評されてしまう。そして心身共に病むヴィゴに、恋愛映画「アタラント号」の企画が舞い込み・・・

    1934年に29才で夭折した映画監督ジャン・ヴィゴの伝記映画です。
    ジャン・ヴィゴはフランソワ・トリュフォー監督などへも影響を与えた映画を作った監督だそうで、そういう意味でも興味をそそられますね^^

    「恋愛モノなんか撮らねーよ」と言い続けた彼が、最終的には傑作ラブストーリー(私は未見ですが)「アタラント号」を撮ることにしたのは、やはり愛ゆえにだった、というヴィゴ自身のラブストーリーでした。これも "制作秘話" 的な内容と言えるのかもしれません。

    しかし、獄中の父親が自分が差し入れたアレでホニャララとか、父を捨てた母を許せないとか、映画が完成しても売国奴の子供の作品だからと受け入れられなかったりとか・・・ドラマな素材がたっぷりなんですが、"何よりもあくまでラブストーリー" というスタンスなんですよね。私はそれで全然構わないのですが、特にヴィゴの映画制作の過程などに興味があって観る場合には、物足りない感じになりそうです。
    で、ジェームズ・フレインですがー・・・

    さすがに若くてお美しかったですねー!!彼はこの映画には13kg減量して臨んだそうで、ヒョロヒョロの体に青白い顔がとってもステキでした♪

    内容的には死を意識せざるを得ない悲劇ですし、主人公が抱える様々な苦悩もあり大変せつない話ではありますが、あまりジメっとはしていませんでしたし、ジャンのキャラがわりと茶目っ気のある魅力的な感じだったので、ダレたり辛くなったりすることなく終始楽しむことができました^^印象に残るステキ映像もたくさんありましたし♪

    私個人は彼の存在だけで十分楽しめました!んもぉ堪能しましたよぉ〜^^ おまけにまさかの全裸も披露!キャー(こっちも向いてくれましたがモザイクでした・・・チッ)

    [メモ] ロマーヌ・ボーランジェは昔から写真を見て思っていた通り、残念ながら個人的には別に...でした。
    [メモ2] 「大人は判ってくれない」に影響が出ているという「新学期 操行ゼロ」という作品が気になります。frain>













    【突然炎のごとく】(1961年)

    トリュフォー作品の中でも有名作のはずですよね。
    旧ビバヒルでもディランが薦めてましたし(笑)


    ◆突然炎のごとく(Jules et Jim)1961年
    監督、脚本:フランソワ・トリュフォー、原作:アンリ=ピエール・ロシェ
    モンパルナスで出会ったジム(アンリ・セール)とジュール(オスカー・ウェルナー)。文学青年同士の二人はやがて無二の親友となり、奔放な女カトリーヌ(ジャンヌ・モロー)と知りあう。二人は共に彼女に惹かれ三人で楽しい時を過ごした後、ジュールがカトリーヌと結婚し祖国ドイツに連れ帰る。だが、第一次大戦後、久しぶりに夫妻の家を訪ねたジムは、ジュールからカトリーヌと一緒になって欲しいと言われ・・・。

    これは私、ずっと前からDVDを持っているんですが、まだ今回2度目の鑑賞でした。というのは、第一印象がイマイチだったからです。
    理由はもちろん、奔放な女カトリーヌにイラっとしてしまったことですね。
    そんなマイナスイメージが変わるのか...ま、無理だろうね、なんて思いながらももう一度観てみることにしましたー。

    映画冒頭で読まれる、同じアンリ=ピエール・ロシェ原作の「二人の英国女性と大陸(恋のエチュード)」からの引用が絶妙に表す男女の関係。これが物語になっているような感じの内容です。
     
     「きみを愛してる」あなたは言った
     「待って」私は言った
     「わたしを抱いて」私は言おうとした
     「もう用はない」あなたは言った

    「恋のエチュード」は一人の男が姉妹2人共を愛してしまい・・・という話。
    こちらは2人の男に愛され、両方を愛しているような、友情の延長のような・・・とあやふやでどっち付かずみたいな状態になってしまう女と2人の男の話。

    どちらも似たような三角関係の話ですが、「恋のエチュード」の方では男がどう見てもマザコンで甘ったれ坊ちゃんだからか、しょーがないなぁ〜って感じで観られるのに、「突然炎のごとく」で同じようなことをしているカトリーヌには我慢できない自分がいたりして。男尊女卑の気があるんでしょうか^^;

    確かにカトリーヌはキラキラして溌剌とした女で、可愛く思えるところもありますが、あまりに自由過ぎますよね。ジュールとジムの好意につけ込んでるだけにも見えるし。
    3人が出会った頃なんかは特に観ていてとてもステキな関係に思えたし、カトリーヌも『ちょっとワガママなところもあるけど変わっててオモシロい女の子』って感じだったんですよ。でも年月が経ってしまうと、単に自己チューで突発的な行動の多いイタい女でしかなくないですか?^^;
    もちろん、自分を偽らない奔放さが彼女の魅力なのかもしれませんが・・・
    う〜ん・・やっぱダメだなぁー・・・

    最初のジョルジュ・ドルリューによるハイテンションなテーマ曲は大好き♪
    劇中でジャンヌ・モローが歌う歌もステキだし、有名なジャンヌの男装や競走シーンも好き!文学青年2人の友情も気持良い。結末もわりと嫌いじゃない^^;
    ただ、結婚後のカトリーヌが観ていられない!なんとかならないかなぁ。francois

















    【恋愛上手になるために】(2007年)

    マーティン・フリーマン主演のラヴコメって地味過ぎんの?^^;なんて思いつつ、共演女優2人の名前を確認して観ることにしましたー


    ◆恋愛上手になるために(The Good Night)2007年 監督、脚本:ジェイク・パルトロー
    かつては人気バンドのメンバーだったが現在はCMソングの作曲家に甘んじているゲリー(マーティン・フリーマン)。同棲中のドーラ(グウィネス・パルトロウ)との関係も完全に倦怠期。そんな時、ゲリーは夢の中で出会った完璧な美貌と優しさを持つアンナ(ペネロペ・クルス)の虜になってしまい・・・

    仕事も恋人との関係もイマイチで落ち込み気味な時に夢の中に現れた、美しくて優しい言葉をかけてくれる理想の女性。主人公ゲリーは立て続けに夢で逢えた彼女に夢中になるが、毎度いいところで目が覚めてしまう。
    なんとか夢をコントロールできるようにならないかと夢を研究しつくした男のセラピーに通い始め、このまま現実逃避に没頭することになってしまうのか、という話です。

    恋愛映画かと思ったら、夢の世界に逃避しちゃう男の話?
    ・・・かと思ったらやっぱり恋愛の方ですかね。
    倦怠期を迎えた際の、潜在意識や感情を映像化したようなものかな。
    そういうことかーと解ると(解釈自体が間違ってたら元も子もないですが)、倦怠期がこういう症状に現れるなんてこともありそうだよねーなど、ちょっと気楽に(?)考えられるようになってきて、少し面白いような気もしてきました^^

    しかし頭の中でこれだけのことを導き出す(笑)までに結構時間がかかっちゃいましたよ。観た後この映画のスジを整理しようとだいぶ考えたんです。正直観終わった直後の感想は「なんか結局何の話だっけ?」だったので^^;

    まぁとにかく、彼女との生活はお互いにイライラ続き、仕事もままならない、となれば現実逃避もわからないでもないですね。でも所詮夢は夢ですから。夢を最優先、現実はどうでもいいとなってきてしまったりすると、もうビョーキですからねぇ。危険な話です。
    でも、普通なら現実に別の相手と出会って浮気に走ったりするところですから、まだマシとポジティヴに考える手もアリかな?・・・そうでもない?^^;でも上手くやれればちょっとしたガス抜きになるかもしれないし。
    ま、なにごともホドホドが大事ってことですね(笑)

    完璧な理想の女性として夢に現れたアンナを演じたのはペネロペ・クルス。
    ひたすら妖艶です^^彼女はこんなクネクネとまとわりつくような動きが最高ですよねー!小ちゃくて華奢なイメージなのに魅惑のボディ!「NINE」で観たあのダンスも素晴らしくセクシーでしたし!イーナー

    明晰夢(=夢であると自覚しながらみている夢)に詳しい怪しげな男を演じたダニー・デヴィートもいい味出してましたねー♪あんだけ怪しげなのに言うことは結構まともでちゃんと助けになってるってところが不思議で面白かったです^^

    とりあえずこの邦題から気軽な how to 的恋愛映画をイメージしてしまったので、実際に観て混乱することになったんじゃないかなと思います。そういうテイストではありませんから、これからご覧になる場合はとにかく先入観だけは取っ払ってお臨みください^^
    あ、それからグウィネス・パルトロウは倦怠期カップルの彼女役でかなり荒んだ感じですので、彼女の輝く魅力(?)を期待して観るとガッカリしますのでご注意を^^;

    主人公が昔在籍していたバンドの前座を務めたというジャーヴィス・コッカー(UKの実在バンドPULPのくねくねフロントマン)がたまに出てきては、インタビュー形式で主人公の人となりについて色々語っていました。ナレーター役的な感じで冒頭では内容を期待させたのですが、結局それが特に効果的だったのかどうかはなんとも・・・^^;
















    【ラブ・ユー・モア】(2008年)他 短編を2作

    短編を2つばかり観てみました^^
    毎月シネフィル・イマジカってチャンネルでは短編も色々放送されてるんですが、ほとんど観たことなかったんですよね。
    短編というと私はなんとなく、ビックリするような変な話とか奇妙で面白いオチとかを期待しちゃうんですが(星新一読み過ぎ)、実際適当に何かショートフィルムを観てみると・・・面白さがよく解らなかったり、シュール過ぎて話自体がよく解らなかったり^^;
    ということで、もちょっと解りやすそうな恋愛ものなら?と選んでみました。
    タイトルに「ラブ」とか「恋」とかついてるヤツね♪

    ラブ・ユー・モア(2008年/イギリス)監督:SAM TAYLOR-WOOD 15分

    1978年ロンドン。放課後レコード店で、偶然同じ物を買いにきたクラスメートのパンクな女の子に会う。教室で目が合っても無視されるだけの子だったが、彼女の部屋で鳴らしたBUZZCOCKSの「LOVE YOU MORE」に気持ちが高ぶり二人は衝動的に愛し合う・・・。
    付き合ってもいない2人の高校生のパンク的な衝動は、雰囲気だけで憧れちゃうところですが(笑)

    そんな2人を至福の音楽(バズコックスの「LOVE YOU MORE」1曲をリピート!)と共に楽しく見せて貰いました。
    アンソニー・ミンゲラ(「イングリッシュ・ペイシェント」他)製作など、豪華スタッフが参加しての注目作だったようで、サンダンス映画祭短編部門特別賞も受賞したそうです。

    ケイトの恋(2008年/アメリカ)監督:JASMINE KOSOVICK

    18分失恋したばかりの内気なケイト。ひとつの部屋で見知らぬ男と二人で作業をすることになるが、相手は偶然にも今朝初めて顔を合わせたばかりの隣人。運命的な偶然を重ね、二人はほんの少しずつ打ち解けていく・・・。
    先ほどの「ラブ・ユー・モア」もこれも、どちらも "青春だねぇ〜♪" って感じですね〜
    まぁ「ケイトの恋」の方は結構いい年なんですけど^^;

    (30代前半女子と40前後男子くらい?)男の方はアダム・ゴールドバーグ(「パリ、恋人たちの2日間」)で、優しいのか無愛想なのか微妙な感じでちょっとドキドキしましたが、なんとなくほっこりしました^^

    どちらもなかなか感じが良かったです^^やっぱり恋愛モノが観やすくていいですね。









    【プライドと偏見】(2005年)

    この「高慢と偏見」が、「ジェイン・オースティン 秘められた恋」で観たジェイン・オースティン自身の恋愛を元にして書かれた物語だということを知り、興味を持ちました。例によって小説は読んでいませんけど^^;


    ◆プライドと偏見(Pride & Prejudice)2005年
    監督:ジョー・ライト、原作:ジェイン・オースティン
    18世紀末、女性に相続権がない時代のイギリス。貧しくはないけれど大金持ちでもないベネット家では、母親がなんとか5人の娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっている。そんなある日、近所に独身の大富豪ビングリーが引っ越してきたため、娘たちも浮き足立っていた。しかし彼に紹介して貰うべく家族で乗り込んだ舞踏会で、読書好きで聡明な次女リジー(キーラ・ナイトレイ)はビングリー(サイモン・ウッズ)の親友ダーシー(マシュー・マクファディン)と出会うが、彼の高慢な態度に反感を覚え・・・

    なるほどー。ジェイン・オースティンの最初で最後の恋の相手、トムをモデルにしたダーシー氏は、とりあえず第一印象最悪の男ってことで、やはりトムっぽいですねー^^
    あぁ〜そうそう!そんな感じだったかも!と、まるでジェインの家でその場を見てたかのような妙な感覚になる部分もあって、ちょっと面白かったです^^

    主人公のベネット家次女リジーは、「秘められた恋」で観たジェイン・オースティンとやはりイメージがかぶりますね。聡明で相手構わず言いたい事をはっきり言う、この時代の男性が若い女子に求めない性格で^^;気持ちの良い人なんですけどねぇ。
    姉ジェーンと恋仲になるビングリーの妹(ケリー・ライリー)も、皮肉がキツいタイプですけど、彼女は相手を選んでいたからOKなんでしょうか?

    しかし、"高慢な態度" としてはこのマシュー・マクファディン演じるダーシー氏より、「秘められた恋」のトムの方が上だな、という印象。(その比較はおかしいわね・・^^;)
    ダーシー役のマクファディンは高慢なセリフを言ってはいても、佇まいは高慢というより・・・
    ・・・陰気?
    あぁ、そうだわぁ。陰気って言葉がかなりしっくり来ますねー。最初から最後まで通して、この人は陰気です!あ、別に念を押さなくてもいいですか?(笑)

    でも(私は観ていませんが)ドラマ版のコリン・ファースが絶賛されていたのは、たぶん高慢加減が絶妙だったんでしょうねー。観てなくても目に浮かびますもんねぇ。彼と比べた人は多いと思いますが、マクファディンはこの感じでは残念ながら惨敗だったんじゃないでしょうか^^;
    ストーリーをおかしな感じにしてたような気もしますし・・・。というのは・・・
    あのぉ・・・彼はいつからリジーが好きだったんでしょうか?^^;て言うか、最初からそれほど嫌ってる感じじゃなかったような?結構早い段階から、君リジーが好きだよね??って言いたくなる素振りを見せてましたよね?はて?(読み取り能力:低)
    とは言っても実は個人的には、観る前に想像していたほど彼は悪い印象ではなかったです^^

    以前某映画で観た彼はやはり陰気で(笑)、ぬぼ〜って感じの容姿自体が気に入ってませんでしたから。全然期待してなかったんですよ。
    でも、こちらはモミアゲや髪型のせいか衣裳もわりと似合ってて、たまに(あくまで "たま〜に"!)ステキに見えたりしてました。
    寂しげな・・というか陰気な(もういいって!)眼差しが割と美しく見えたりして^^

    ストーリーは、5人もの娘たちを良家に嫁に出したいばかりの母親がドタバタ、娘たちはいい男を巡ってキャピキャピする中、優しく穏やかな長女ジェーン(ロザムンド・パイク)と賢いリジーの恋愛がそれぞれ進んだり戻ったり・・・という感じです。
    話としては新しい感じではないですし、登場人物の多さのせいで話を追っていくのが少し大変に感じるところもありましたが、恋愛映画好きとしてはそれなりに楽しく観られました。
    そしてなんといっても終盤の、父(ドナルド・サザーランド)と娘の会話のシーンには、きゅぅ〜んと来ちゃいました♪さすがですよね〜 

    下の3人の妹たちは地味な存在でしたが、実は見たことのある女優さんたちでした^^
    ジェナ・マローン(「コンタクト」でジョディ・フォスターの少女時代を好演)、キャリー・マリガン(「17歳の肖像」)そしてタルラ・ライリー
    タルラ・ライリーって、私の中では "名探偵ポワロシリーズの「五匹の子豚」で怒りっぽい妹役だったあんまり可愛くない子"^^;だったんですが、実は「パイレーツ・ロック」のマリアンだったんですねー!まんまとメイクで騙されてましたよ。これは個人的には凄い発見(?)でした^^



















    【恋する宇宙】(2009年)

    ちょこちょこと見かけては、イケメン風だけどどこか惜しいなぁーなんて印象だったヒュー・ダンシーにまた挑戦してみましたー^^


    ◆恋する宇宙(Adam)2009年
    監督、脚本:マックス・メイヤー
    ニューヨーク。生まれて以来この街で暮らし続けている天体オタクのアダム(ヒュー・ダンシー)。彼はアスペルガー症候群、いわゆる発達障害を持つために人付き合いが苦手だった。そんなアダムの住むアパートの上階にある日、童話作家志望の女性べス(ローズ・バーン)が引っ越してきた。アダムは彼女に一目惚れし、べスも純粋な彼に癒されていくが・・・

    この「恋する宇宙」や以前観た「恋する履歴書」みたいに違和感を感じることが多かった「恋する○○」ってタイトルが、「○○刑事」並の意味の分からなさでちょっと面白いような気がしてきました。よく考えるよねぇって感じで^^

    ま、そんな感じで内容には全然期待していなかったのですが、これが実はなかなか感じのよい物語でした。
    引越し先でひょんなことから出会った青年は、ちょっと変わってるけどとても感じのよい素敵な人だったが、実はアスペルガー症候群で・・・というラブストーリーです。障害を扱った内容だから良いとか感動したということではないのですが、彼に対する周囲の反応やガールフレンドの対応などがとても現実的に見えますし、ありきたりでない結末も好感を持てる感じで良かったんです^^

    アスペルガー症候群という障害は名前を聴いたことがあるようなないような・・という程度で、要は私は知りませんでしたので、観た後にウィキを読んでみました。
    どうやら劇中でのアスペルガー症候群のアダムそのまんまといった感じっぽいです。
    しっかり調べて作られているようですね。(あたりまえですね^^;)

    アスペルガー症候群とは、人とのコミュニケーションにおける障害のある広汎性発達障害とのことです。
    他人の発言をその言葉通りにしか理解できず、真意を見抜いたり行間を読んだりといったことができない。そして自分で話す場合にも遠回しに言うという能力も感覚もないため、コミュニケーションが上手く行かないそうです。
    劇中では、主人公アダム本人が自分でそれを説明していました。
    アスペルガー症候群の人には知的障害や言語障害がほとんど無いため、障害のある人だということがわかりにくいようです。

    『空気の読めない自己中心的な男』
    これは某ショッピングサイトに掲載されている、この映画のあらすじ内での主人公アダムを表した説明です。
    実際は違うのですが、一見そのように見えてしまう人なんですよね。
    言いにくいことを突然ズケズケと言い出したり、自分の興味のあることだけを延々としゃべり続けたりするので。でも度合いは違っても、そのへんにたくさん居そうですよね。私自身そんなところがあると思いますし^^;
    知らずに文句でも言って誰かを傷つけてる場合もありそうで怖い。

    なので今回は、アスペルガー症候群の存在を知ることができて良かったです。
    つくづく私って、こういった知らない病気のことをはじめ、戦争や差別など自分の無知な部分を学ぶ機会すら放棄し続けてきてるんですよね。
    少しずつでも辛くてイヤなことも知っていかないといつまでも大人になれないよなぁと、遅まきながら反省しました。

    役者陣は、娘を心配してアダムとの交際を反対するパパ役でピーター・ギャラガー、迷う娘へ素敵なアドバイスをするママ役はアスペルガー症候群が身近な元スピルバーク夫人のエイミー・アーヴィング。
    ヒュー・ダンシーについては、取り立てて印象が変わることはなかったですね。あ、全然けなしてないですよ。彼の熱演も素晴らしかったです^^


















    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend







    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links