【日記・本】Dear Dumb Diary, #6

    毒舌中学生ジェイミー嬢の日記シリーズ、第6巻。個人的にはなぜか今回は、妙に楽に読めた印象です^^まぁ読むタイミングの問題なのかも^^;昼間読んだんです。

    DEAR DUMB DIARY, #6 THE PROBLEM WITH HERE IS THAT IT'S WHERE I'M FROM

     別の学校の生徒たちが、学校の都合で一時的にジェイミーたちの学校へ通うことになった!「ここ」以外の地出身の人間と出会えるなんてワクワクしちゃう!と、ジェイミーは興味津々。中には気になる美女の存在も。人気投票の時期とも重なり、PRETTIESTの行方が気になるところ!
     という話ですが、話の入りから「ちょっと面白いことを言うわねぇ〜」と軽くハートを掴まれまして。
     彼女、訛りたいんだそうです♪テレビで見たイギリス人の女の子が妙に知的なお上品に見えたそうで。イギリスアクセントで謝罪なんかされた日にゃぁもう怒るどころかこっちが悪い気になっちゃう!ということらしい。初めて聞いた説にビックリしましたが、ジェイミーの友人イザベラ発の独特な(滅茶苦茶な)意見の方がこのシリーズらしいかも、なんて思いました^^
     それに加えてジェイミーの狙いはもう一つ。皆が聞き取れない訛りをマスターすれば、堂々と内緒話ができる!

    あぁ、それもなるほどですね^^;

    いつも色んな毒が振りまかれながらのドタバタの挙句に、え??っと意表を突かれるハートウォーミングな結末を持ってきてくれるこのシリーズですが、今回の話では、思わぬ人が思わぬ判断を下すというちょっとしたレアな展開で驚かせてくれました^^なかなか面白かったですよー♪

    ところで、ジェイミーたちが学校で俳句を習っていることにも驚きました。
    英語の音節で575にして作るそうです。そこまでするんですねー。
    そして、着物姿で俳句を詠むジェイミーのイラストに萌えます^^
    そのイラストの端に書かれた「ジム・ベソトソ」(Jim Benton/著者)の文字にも!









    【日記・本】Clockwork or All Wound Up

    「ライラの冒険」シリーズで知られるフィリップ・プルマンによる児童文学作品です。ライラシリーズは映画も観てないんですが、この「Clockwork」のレビューを拝見して凄っごく気になってしまったので読んでみましたー。

    これ!もの凄ーくエキサイティングなお話でした!!
    ミステリというかファンタジーというかサスペンスというか。
    基本的に謎なお話なので、何が起きてるのか知りたくて夢中になっちゃいました!
    ホラーのように少し怖い部分もあるのがまたドキドキなんですよー!

    時計がまだぜんまいで動いていた時代のドイツが舞台。時計職人の見習い卒業の習わしと、酒場で物語を語って聞かせる作家の男がその晩読み上げた新作の物語。2つがシンクロする、とてつもなく不思議な世界にホントにドキドキしちゃいました!

    『暴れ馬が引くそりが宮殿になだれ込んで来た。そりには温かく包まれた幼い王子。御者はその父王。ところが王の体は凍り完全に息絶えながらも、腕は鞭を打つべく絶え間ない上下を続けていた。』
    作家が語るのはこんな始まりで思いっきり興味を引く物語。
    もちろん謎はこんなどころでは済みません!ワクワクが止まりませんよ!
    今思い返しても頭がクラクラしてきました("ワクワク"の表現としては変だけど、ちょっと興奮して酸欠気味なのか実際そうなのよ)

    これだけの強烈なお話のわりに結末は随分綺麗にまとまっちゃったんだなーと、個人的にはちょっぴり拍子抜け感はあったんですが、時系列が前後する映画のような見せ方(構成)にもビックリしたし、そういった凝ったつくりがとても効果的で更に話を面白くしていた所がとっても良かったです。あぁ〜楽しかったー!

    そう言えば私、読書らしい読書ってほとんどまともにしてこなかったのかも。子供時代なんか特に、宿題で読書感想文を書く必要があるから読まされた(もちろん日本語)という記憶しかないし、その中で「これを読んだ」と思い出せるのは1冊のみ。それも実際の年齢より上の子向けのものを無理矢理読まされて辛かったという怨み(?)で覚えてるってだけ^^;あとは学生時代に薄いペーパーバックを多少読んだ他には推理小説とか、エッセイものとか?(三島にハマッた時はなぜか読書という意識はなかった・・)

    なので、今回は「あぁ〜!読書ってこんな感じだったな〜!」と思い出しました♪
    昨年から読み始めた「Dear Dumb Diary」シリーズで読書してるつもりになってたけど、たくさんの挿絵にどんだけ助けられてるのかを思い知らされましたね。
    この「Clockwork」にも挿絵はあるんですが多くはないので、ちゃんと集中して読まないと話がなかなか頭に入って来ないこともあったりして^^;(もちろん英語で読んでたからというのが理由)
    ま、とにかくこの本、誰かに薦めたい!ということで、とりあえず日本語版も買っちゃお^^
    日本版のタイトルは「時計はとまらない」です。













    【日記・本】Dear Dumb Diary, #5 Can Adults Become Human ?

    女子中学生ジェイミーの秘密の日記シリーズ5作目を読みました。実は途中まで読んだところで3週間くらい間が開いちゃったんですが、やっと読み終えましたー。

    Dear Dumb Diary, #5 Can Adults Become Human ?

     『社会科のVanDoy先生ってまっっったく笑わないんだよね。信じらんないっしょ。だって誰だって何かしら笑うことってあるもんじゃない?
     Isabellaは兄貴たちが困ってんのを見てニヤリ。Angelineは自分がどんなに美しいかなんて考えながらニッコリ。例えば滝とかユニコーンなんかと比べてみたりしてね。私だってユニコーンがアンジェリンを滝に蹴落とすところを想像すればニンマリよ。でもVanDoy先生には笑顔はゼロ!人って大人になるとユーモアのセンスが無くなっちゃうのかなー?歯や髪やファッションセンスが無くなってくみたいにさ。』

    前作#4を思うと多少は面白さが持ち直したような気もしますが、それでも初期に比べるとやっぱりう〜んって感じ。
    もしかしたら、私がジェイミーのノリに慣れちゃったからかなー?このシリーズを初めて読んだ時はそりゃー衝撃を受けましたからねぇ。

    今回はアンジェリンの名前が出る箇所が少なめでしたね。アンジェリン関連のボヤきばかりでは飽きられるから、という工夫なんでしょうか。個人的にはやっぱりちょっと残念です。でも最後に思わぬ展開で彼女が登場するのは「おっ!」って感じ。ジェイミーの心情を考えるとちょっと笑えました^^

    にしてもジェイミー!こら!ちょっとムカついたからってお友達の髪の毛に紙なんか貼り付けちゃだめでしょ!君は幼稚園児かい!「これでチャラだしぃ〜」じゃないの!めっ!・・いつも幼稚だけどそれを上回る今回のジェイミーの行動に、つい出てしまったお説教オバさんの声でした^^;

    今回私が覚えた言葉は若者の略語「BFF」。日本でも使われてるか知りませんが、知られてはいる言葉らしいですね。オバちゃんちょっと遅れてました^^;
    ここで見かけてなんだろ?と思ってたところへ、ドラマでも使われてるのを聞いたので調べてみました。「Best Friends Forever」。ジェイミーは可愛くて大好きなアンダーソン先生を密かに"私のBTF"と呼んでました。

    さて、今後このシリーズは面白さを取り戻すのか、はたまた私の熱が冷めて行くのか、乞うご期待!(ってほどのことじゃない。つか、そういう問題じゃない?)









    【日記・本】Dear Dumb Diary, Never Do Anything, Ever

    年末に注文しておいた、女子中学生ジェイミーのプライベートな日記盗み読みシリーズ。#4がお正月明けに届いていたんですが、ようやく読みました。

    【Dear Dumb Diary, #4 Never Do Anything, Ever】

    パーフェクトな美女アンジェリーンがチャリティに精を出している。
    はぁ?遥か遠くの"なんちゃらヘキスタン"に住んでる会ったこともない人のために??意味分んな過ぎ〜超ウケるんですけどぉ〜
    と、陰でバカにしていたジェイミーたち。
    だけどアンジェリーンの美しさは外見だけじゃなく、内面の美しさが滲み出てるということに気がついた!早速アンジェリーンに協力したり、協力する振りをしてみたりするジェイミーだが・・・。
    大筋はチャリティの話。それでもジェイミーはもちろん毒を吐きまくりです^^
    "Hooray! Now I have a charity to work for. In your face Angeline - now I'm as gentle and sweet as you, you pig !!"


    でも前3作と比べると、笑いがパンチに欠けた感じ・・というかイラストも含めて爆笑箇所が少なめだった感じがしましたね。
    もしかしたら、私が分からなくて飛ばした単語が多過ぎたのか?^^;
    学生の時に「辞書なんかひくな!1文の中の単語1個くらい解らなくたってどうってことないから!気にせずどんどん次を読め!」と指導されたのを真に受けて(?)今でもそうしてるけど、それでもし笑い所を逃してたら勿体ないよなぁ・・。(あ、中高生の方々はできれば調べて知らない単語はちゃんと覚えていった方がいいですよ)

    それにしてもシリーズを読み進める度に、アンジェリーンのことがどんどん好きになってっちゃうなー。
    あんな素敵な子がいるものかしら^^
    毒舌のジェイミーももちろん凄く面白くてブラボーなんですが、その矛先であるアンジェリーンの方にもやっぱりブラボーって感じです。
    そしてやっぱり児童書ですから、どれだけ無茶苦茶言っていても最後には良い話で締めてくれるのがいいですよね。










    【日記・その他】Dear Dumb Diary, Am I the Princess or the Frog?

    ちょっと間が開きましたが、3冊目を読みました。
    それはいいけど、私、主人公のジェイミーが中学生だって今知りました!なぜかもうちょっと小さい子だと思いこんでて。恥ずかしいっす・・。
    Middle Schoolが中学校だって知らなかったんですよね。Junior Highって言ってくんなきゃわかんないもん・・

    Dear Dumb Diary, #3 Am I the Princess or the Frog?

    謎の崇拝者からラブレター風のポエムが届いてジェイミーはドキドキ!
    サインは最近気になっているあの方のイニシャルだし、顔を合わせた時の様子からも間違いないんじゃない?
    とすっかり色気づいてるジェイミーの妄想はどんどん膨らんでます^^

    色恋沙汰がからんでますが、彼女の日記の中でまき散らされる毒ももちろん思いっきり健在!
    今回はジェイミーが敵視しているパーフェクトなブロンド美人、アンジェリーンとジェイミーの意外な関係が明らかになったりして、見逃せない展開も面白かったです。


    今回の私のお気に入り箇所は本筋から少し外れたところで、「土曜日って最高!なんで週に一日しかないわけ?」と独自に一週間のラインナップを考えたというところ。なぜか一週間が6日になっちゃってましたが、私には思いつかない面白いアイディアが最高でした^^
    その翌日(日記形式なので)には、日曜も悪くないけど、やっぱり土曜よりは魅力は落ちるよねーということで、「曜日を人間で表すとしたら」と入れられた日曜、土曜、水曜のイラストが爆笑もの!そのイラストだけ何度も見返していつまでも笑っております。

    ところで次は#4ですが、順番を気にしないで適当に6冊買ったので#4,#5, #7が未購入だったんですよね。それでまた注文したんですが、どうも届くのは年明けになりそうです。








    【日記・その他】新・人間コク宝

    吉田豪の「新・人間コク宝」という本を読みました。
    これはシリーズものの第3弾なんですが、私はこのシリーズは今回初めて読みました。

    クロスビートという音楽雑誌を私は10何年か読み続けてます。でも最近読む所が少なくなって来たので別の雑誌に乗り換えよっかなぁ・・・なんて考え始めてたんですが、吉田豪のコラム1ページをどうしても読みたいので仕方なく買い続ける決心をした、という程度に私は彼のファンです。

    しかし、実は彼は"本人よりその人に詳しい"と取材を受けた人から大絶賛される大人気プロインタビュアーで、今回読んだこの本を含め彼の著書は彼が手がけたインタビューを集めたというものばかり。コラムが好きなのにそういうものは見つからないんですよね・・。出てないんですかね?
    とは言っても過去に発売された元アイドルシリーズやバンドマンものは普通に面白そう!と興味を持って読めたし、楽しめました。


    で、今回読んだこの「人間コク宝」シリーズは、インタビューした面子の特異な濃さが売りになってるんですね。今作の中身はこんな面々。
    梅宮辰夫/木村一八/K DUB SHINE/月亭可朝/ジェリー藤尾/蛭子能収/長門裕之/ミッキー安川/生島ヒロシ/三遊亭楽太郎/赤井英和/吉川銀二/新沼謙治/大和武士/ビートきよし/金山一彦

    ・・・正直言って名前を見る限りでは、私が興味を持つような人達じゃないんですよね。明らかにどんな"やんちゃ"をしてきたのかが読みどころって感じなんで、ヤクザものやヤンキーものなどの男臭い映画にも興味ない私にはやっぱり関係ないって感じ・・。
    なので、これまでこのシリーズには手を出さずに来たわけですが。

    やっぱり面白い!!
    彼のインタビューは、事前の下調べをご自身が趣味で集めてらっしゃる既発のタレント本から徹底的に行ってるそうです。
    で、そういった本に書いてあることの中から彼が面白い!!と思った部分(エピソード)を抜き出して、それを改めてご本人に「これってホントなんすか!」と確認するような感じ。
    なのでそのタレント本を読んだ人には目新しい内容ではないかもしれないけど、吉田豪自身が「是非この面白い話を本人から直接聞きたい!!」って思うことを目をキラッキラさせながら質問し、相手もそれが可愛くてつい喜んで応えちゃってるという雰囲気(あくまで私が読んだ印象ね)がいいんですよねー。
    たぶん他の人は普通ビビって聞けないようなことを、純粋に、しかもKYでなく聞いてくるって感じがインタビュイーの方々にウケるんじゃないかなーなんて思いました。

    私的には、これまであまり知らずにいた人たちの話が意外と興味深かったってのも勿論あるんですが、「おぉ〜梅宮辰夫がこんな若造相手に丁寧語でしゃべってるぞ」とか「蛭子能収ってテレビで話すのは見てられないけど、活字だと普通に面白いぞ」とか、内容以前のことでも面白い発見があった感じですね。

    しかし、その内容としては暴力だったり犯罪だったり女遊びだったりという、普通の人には考えられないやんちゃ自慢や下世話なエピソードがほとんどなので、そういった話が面白くない人には全く楽しめないでしょう。
    でも、壮絶な話がどれだけ出て来ても、それが大抵の場合は笑い所なんですよね。そんな笑っちゃうほどの強烈過ぎる話をじゃんじゃん引き出す彼のインタビュー術(多分人柄、口調、声質も)が凄いってわけです。

    あ、私はもちろん著者だって暴力なんかを奨励してるわけじゃないですよ。こういうのって、当然彼らによって酷い目に遭わされた人たちが居るはずだし、そういった被害者のことを考えちゃうと面白いことなんか何も無いんですが、ここは相手のことは考えちゃダメなのかなと。とにかくこんなことをやってた彼らの・・・ま、言ってしまえば「ばか?」みたいなことが面白いって感じなんですね。それをあくまで関係ない位置から見て楽しむっていう。当然、普通に賢く生きてる人はそんなことしないよねーという感覚があることが前提でね。
    というわけで、そういうノリが理解できない、またはイラっときちゃうタイプの方は、絶対に読んではいけない本ですね。不快でしかありません。

    ま、個人的にはとにかく彼の笑いのツボに重なる所があって、彼が提供してくれるものを楽しめるってことが幸せだなーってことで。^^















    【日記・その他】Dear Dumb Diary, My Pants are Haunted

    最近どうも私、ちょっと欲張り過ぎちゃってるんですよね。

    この「Dear Dumb Diary」シリーズもまとめ買いしちゃって先が早く読みたいし。
    でも先日買ったドラマ「カリフォルニケイション」のDVD-BOXの先が気になって読書に集中できないし。
    PCゲームも面白いものが続々出てるので早くやりたくてDVDに集中していられないし。
    そうこうしてる間に定期購読してる音楽雑誌が届いたので読みたいし。
    それを少し読んだら大好きなコラムを書いてる方の新刊が出たとの情報があったのですぐに購入!それも読み始めたいし。
    来月のスターチャンネルの放送ガイド誌が届いたのでじっくり見たいし。
    もちろん録画してある映画も溜まってるし。
    そして年末も近づいてるので大掃除を少しずつ始めなきゃならないし・・・。

    この年になって初めて、自分が物事を一つずつ片付けるということが出来ないタイプなんだと気付いちゃいましたね。我慢しないダメな子ってことですか・・なんか私、年々ダメさに磨きが掛かってきてるような気がする。大丈夫なのか?私・・・。

    【Dear Dumb Diary, #2 My Pants Are Haunted !】

    実は空いた時間に少しだけ読むという私の読み方に凄く合ってる本なんですよね。
    日記形式なので1日ずつで区切られてるので、キリがつけ易いの。
    しかも1日分は(挿絵ページ抜きで)平均2〜3ページ位で長くても4ページ程度、短ければ1ページしかない所もあったり。
    だから、PCゲームのロード中に1日分だけ読んだりとかできるわけです。
    (大きな字の児童書なんかちゃっちゃと一気に読んじゃえよ!とかは言わないで下さい・・汗)

    相変わらずジェイミーの毒舌が続いてます。
    つか、それが無きゃこのシリーズは始まらないですね^^
    前作で彼女が敵視してるアンジェリンについてはちょっと思わぬ(ジェイミー本人の意思にも反した)結末を迎えていたので、どうなるのかな?と思っていたんですが、やっぱり相変わらずで安心しました。


    この本を娘さんが読まれたと紹介されていた方が、「cheeky」という言葉を使われていたんですが、cheekyってなんだ??と思って辞書をひいてみてやっとその表現のお上手さが分りました。1つ目の意味は「生意気な」で、2つ目の意味として「感心できないがちょっと面白い」とあったんですね。
    それだ!!と思いっきり納得しちゃいましたよ。
    生意気でもあるんですが、まさに"感心できないけど面白い"内容なんです。

    実はアメリカのアマゾンのユーザーレビューは読んだ娘さんじゃなくてそのお母さんが書いているものが多かったんですが、ごくたまに「こんなの子どもに読ませられない!」と酷評してる人もいたんですよねー。
    もちろん大半は「10歳の娘が凄く気に入ってます」みたいな絶賛の嵐なんですけどね。
    (・・て、そうよ、私の読書は小学生と同レベルよ。それが何か?笑)

    この2巻目を読んでいて思ったのは、シリーズをちゃんと順番に読んでいった方がいいのかもってこと。
    メイン以外で出てくるキャラクターはクラスメートが大半なので、再登場することがあるんですよね。そうすると読んでない巻に出てた子だと分らないじゃないですか?
    もちろんその都度簡単に説明はあるんですけど、どんなエピソードだったのかを知ってて今回の話を読むのと、知らずにとではやっぱり感じる面白さが違いますよねー。知らない人の噂話を聞いても面白さがイマイチよく分らないようなもので。

    で、実は今回私はまとめ買いをしたとは言っても、在庫のあるものの中で価格がお値打ちになってるものだけを選んで買ったので、全部は揃ってないんですよね・・。
    3巻まではあるけど、4,5は抜けてて次は6巻なんでどうしようかなーって考えてます。
    そうこうしてる内に予約してある「デスパ」と「ポワロ」のDVD-BOXが届いちゃいそうなので、まぁ急がなくていいかって気もしてますけどね。
    でも続きも楽しみです^^

    あ、そういえば同じ本なのにイギリス版はタイトルが「When Bad Clothes Happen to Good People」ていうんですよね。日本で買われる方はお気を付け下さい。(あと、3巻分が1冊にまとめられてるのも存在するので紛らわしいです)
    で、そのタイトルの意味がよくわからないなーと思ってたんですが、読んでなんとなーく分かったような気もします。が、恥ずかしながら説明できるほどにはわかりませんでした・・^^;

















    【日記・その他】Dear Dumb Diary, Let's Pretend This Never Happened

    お子さんが読まれた児童書やご自身が読まれた洋書などをたくさん紹介してらっしゃる方のブログで紹介されていたこの本が、もの凄ーく気になってしまって衝動買いしてみました。

    【Dear Dumb Diary, Let's Pretend This Never Happened】

    正確には同じシリーズの1作目を読んでみました。対象年齢9歳〜12歳になってるアメリカの児童書です。ジェイミーというこの対象年齢くらいの女の子の個人的な日記を盗み読みするような形になってます。
    作者のジム・ベントンという人はイラストレーターでもあるようですが、彼自身による挿絵はマンガという感じ(しかもそれがこの内容を格段に面白くしている)で読んでいてかなり楽しいです。
    日記の内容は、ジェイミーが敵対心を抱いている女の子のことや、親友の女の子のこと、好きな男の子のことや、ママのまずい料理のことなどを、想像力あふれるジェイミーの思想をいーっぱい交えて綴られています。
    要は彼女の言いたい放題が詰め込まれている感じ。
    もちろんこれは個人的な日記ですから、何を書こうと彼女の勝手というスタンスなわけです。

    少しだけ内容を書きますが・・・
    「イザベラは、アンジェリンの真似をしてると思われるくらいならおばあちゃんのケツデカパンツを履いて学校へ行く方がマシだって言うと思うわ」的なことが書かれている横には、イザベラの"人間サイズ"のお尻とおばあちゃんの"馬並み"の大きなお尻の絵が描かれていて、そこにタイトルとして「A Mystery Of Nature!」と添えられていたり・・・全編そんな調子。辛口の文章にブラックなイラストで補足がされていて、より解り易く、面白くなってるのがとてもいいんですよ。

    すっかりハマってしまったので、Amazonで同シリーズをガバっと買ってしまいました。この作者には他に「キョーレツ科学者・フラニー」というヒットシリーズがあるようです。そちらは日本語版が色々出ていましたが、この「Dear Dumb Diary」シリーズは日本語化されていないみたいでした。







    【日記・その他】乙女らいふ

    高橋由佳利の「過激なレディ」という昔の少女まんがをとても久しぶりに読んだんですが、その影響で昔の日本の華族のことが気になって来たので、華族に関する面白い本が無いかとAmazon.jpをうろうろしていたら、ちょっと気になる本を見つけました。
    結局華族にはあんまり関係ないんですけど、表紙にも惹かれたので買ってみました。
    【女學生手帖ー大正・昭和乙女らいふ】
    大正〜昭和戦前の女学生の暮らしを、当時の少女向け雑誌に掲載されていたイラストや写真、記事をたっぷり使用して解説してくれている、ユニークで興味深い内容の本です。カラーページも多いのでなんとなく眺めているだけでも楽しいですね。

    まず女学生とは、という説明から入ります。
    女学生って現代の女子高生みたいなもんかと思ったら、違うんですねー。
    当時は庶民の女子は小学校卒業後、そう簡単に進学できるものじゃなかったようで、結局セレブのお嬢様学生をさしているそうです。
    なのでこの本で紹介されているのは、憧れのお嬢様方の暮らしということですね。
    ファッションやヘアスタイル、手芸に関することやマナーについての記事などがセピア色の写真や色彩豊かで可愛らしいイラストとともに紹介されていて、当時彼女たちがどんなことを楽しんでいて、何に興味があったのかがよく分ります。

    そんな中、結構なページが割かれているのが「エス」の世界でした。
    「エス」ワールドがそのまま短編小説となって大ブームになってたようです。
    知ってます?エスって。私は知りませんでしたけど。
    女学校の先輩と後輩が慕い合い姉妹のような関係になることらしいです。(SisterのS)
    しかもちゃんと一人の相手を決めてカップルのようになるみたいです。

    ちょっと驚きましたが、男子に興味を持つなんてのは不良のすることだという時代で、だけどティーンなので当然恋愛にも興味があるし・・ってことで、害の無い同性のお姉様と恋愛ごっこをするようなものかな、と解釈してみました。
    あくまで恋愛ではないようですけどね。
    宝塚歌劇団の女優さんが一番の憧れの存在だったようだし、身近な憧れの人とお手紙を交わすというのが流行るのはわかるような気もします^^

    そして「乙女の悩み相談」が結構笑えます。
    「エス」ばっかりと思いきや、やっぱり男子関連の悩みもあったりして。
    当時の雑誌に掲載された相談と回答がそのまま載っててかなり興味深いですよ。
    「キッスなんて病気が移る危険のある不衛生な行為はやめるべきです」といった回答には爆笑でしたし。

    私、明治・大正・昭和初期の日本に関する写真やなんかを目にする機会があれば、釘付けになっちゃうんですよ。
    だからと言って自分から資料を探して見ようとすることもないし、渡辺裕之と高木美保の「愛の嵐」(例えが古すぎ・・)にハマるようなことも無かったんですが・・。
    今回は初めて自分から手に取って読んでみたんですが、やっぱり吸い込まれましたね。
    ただ個人的には「エス」小説の抜粋ページが若干多過ぎるように感じたんですけど、まぁ吉屋信子などそのスジで有名な方の作品らしいので、貴重なんでしょう。川端康成まであってビックリしましたが。

    それにしても実際に当時を生きた祖母に話をもっと聞けばよかったな。
    私の祖母は当然庶民なので、お嬢様が進学する女学校には通ってはいないと思うけど、私には充分興味深い話が聞けたはずなんだよね。







    【日記】使えるフレーズを覚えました

    「日本人の知らない日本語」という本を読みました。
    日本語学校で外国人に日本語を教えるなぎ子先生による原作のエッセイ漫画です。
    真面目に日本語を勉強している外国人たちから投げかけられる、日本語の使い方に関する質問や思わぬ疑問の数々に立ち向かう先生の姿が、面白おかしく描かれています。

    生徒の方々による、日本語のネイティヴにとっては盲点を突かれるような質問。私だったら普段は何も考えずに使ってるから、何故そう言うのかなんて知らないよーと思うことだらけなんでしょうね。でもそれを調べてでも全部答えてあげるのが先生。いかにも大変そうですよねー。(日本語講師に限りませんが)
    登場する生徒さんたちのキャラも多彩でとても楽しく読めましたし、今まで知らずにいた日本語の雑学もあり、勉強になる部分もありました。赤短の「あのよろし」の謎とか。

    中でも私にとっての一番の収穫はこれ。
    「お疲れの出ませんように。」
    目上の人へ「頑張って下さい。」は言いにくいけど、そういった旨のことが言いたい時が多々あり、どれだけ考えても他に思いつかずにずぅ〜〜っと悩んでたんですが、これで解決です!(いい年してそんなこと・・と思っても言わないで下さい)

    早速メールで使ってみることにします。それにしてもこの言葉は、メールや手紙には平気で書けそうだけど、口に出すのはちょっと照れくさいな・・・。本当に敬語として普通に使われてるんですよね??









    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend







    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links