【エディ・マーフィの劇的1週間】(2009年)

    本当にいまさらながらなんですが、エディ・マーフィにちょっと興味が沸いてきたので観てみました。明らかにハートウォーミング系だし、悪い気分にはならないでしょうってことで。


    ◆エディ・マーフィの劇的1週間(Imagine That)2009年
    監督:キャリー・カークパトリック
    エリート証券アナリストのエヴァン(エディ・マーフィ)はとにかく仕事に精一杯の毎日。しかし彼は強力なライバル、ジョニー(トーマス・ヘイデン・チャーチ)の出現でキャリア失墜の危機を迎え焦っていた。そんなある日、別れた妻と暮らしている7歳のひとり娘オリビア(ヤラ・シャヒディ)を1週間預かることになるが、彼女はブランケットを頭からかぶり、空想の友達と遊んでいた。しかし、その空想の友達がエヴァンに有用なアドバイスをくれることに気づき・・・

    全然悪くないですよ。
    全て期待通りに進む気持ちの良いお話でした。言い換えれば展開が読めるので、変わったストーリーを求める方にはおススメできないかもしれません。
    でも、心温まるホームコメディとして気分よく観られるので、エディ・マーフィだからと爆笑コメディを期待しなければ普通に楽しめると思います。

    この映画の好きなところは、主人公エヴァンに協力してくれるのが、娘の『空想の世界の人物』ってこと。女王様と二人のお姫様なんですが、空想のお友達なのでファンタジックな人物が実際に現れたり、声が聞こえたりすることが一切ないわけです。
    ファンタジーな話だけど、がっつりファンタジーを感じさせないってところが良かったです。

    しかし、実際にはこの娘は父親の不在で精神的に問題を起こしてるわけで。
    でも結局この空想のお友達と遊んでる件については、大人が何も対処しようとしないんですが、お約束通りちゃんと成長してみせてくれるので心配ありません。
    原因は簡単に分りますしねー。問題を取り除けば治るはず。

    でも残念ながら相変わらず仕事のことで頭が一杯なパパはそれを意識しないけど、娘だけに見える空想のお友達が、パパを娘に引きつけたアイデアが凄いと思いましたね^^
    それでもやっぱり"お約束通り"、いつまでも自分の利益しか考えないパパにはもぉ〜!って感じなんですが、"お約束通り"結果オーライでしょう。
     
    それにしても娘役の女の子が、やたらチャーミングでしたねー!
    いい表情やいい動きも見せてくれてたし、このまま可愛らしいままでいてくれたらいいなー^^













    【ミリオンズ】(2004年)

    ダニー・ボイル作品とは言っても、私がしばらくの間避け続けていた子供ものだということで2005年当時は当然のようにパスしていたんですが、最近は結構子供ものも悪くないな、という感じになってきたところに、良い評判を聞いたので観てみることにしました。


    ◆ミリオンズ(Millions)2004年 監督:ダニー・ボイル
    ママを亡くしたばかりの聖人マニアの男の子ダミアンと現実主義者の兄アンソニーは、パパと共に郊外の住宅地に引っ越してきた。そんなある日、家の近くの線路脇の空き地にダンボールで立てた基地で遊んでいたダミアンの目の前に、大きなバッグが降ってくる。中身は22万ポンドあまりの札束。12日後にはポンドはユーロに切り替わってしまい、それ以後には紙くずと化してしまう。アンソニーは大人には言わずに自分たちで使い切ろうとし、信心深いダミアンは神様からの贈り物だと考え、貧しい人々に分け与えようと考えるが・・・

    遊び心溢れる映像を挿むなどのポップなセンスや、音楽の使い方などでダニー・ボイル印もバッチリ刻み付けつつ、素敵なハートウォーミング物語を作り上げてましたね^^

    それにしてもキリスト教の聖人マニアのダミアンを演じたアレックス・エテル!
    なんて可愛いの!どこまでも真っすぐで純粋な男の子という役が本当にピッタリです。この子は一般の子供がスカウトされてきたのだと聞いていたのでこれだけかと思ったんですが、その後も役者になってるんですねー。今後が楽しみですね。

    しかし、この兄弟は兄が10歳、弟が8歳だったんですね。
    これは弟ダミアンとの考え方の対比をはっきりさせるためなんで噛み付くところじゃないのはわかってるんですがー・・・。
    この兄が10歳とはねー。
    10歳ってあんなに物事をよく解ってる感じなんですか??
    少なくとも私はもっともっともっとアホな子供だったなぁ・・・なんて。
    でもこれを観てる現在は、この兄アンソニーにそこそこ共感してしまってるんですよね。
    すっかり汚い大人になってる自分を発見です。
    もちろんその反面、ダミアンの本当に純粋で健気な考え方と、ひたむきな行動に心が洗われ癒されたのも間違いありません。
    それはそうなんだけどー、後半には「いいかげん大人になれよー」と思ってしまったり。
    大人たちが現実的(私の気持ちと同じという意味で、かも)な判断をしてくれるところが良かったな、なんて感じたり。・・私ってダメ?^^;

    話はファンタジーを装いながらも現実的なサスペンス風な部分もある、ちょっと変わった感じでとっても楽しめましたね。
    これをダニー・ボイルは子供に見せられる映画として作ったそうですが、観ながらそうなのかなぁー・・とちょっと考えちゃいました。
    たっぷりお金を与えたモルモン教徒たちが買った物は?ホームレスにピザをおごると言ったら?
    ・・結局貧しいと言ってるからといって、やたらお金を与えても気持ちを踏みにじられるだけだぜって話かな?とか、寄付をするなら、ちゃんと有意義に使って貰えるところをしっかり吟味した方がいいぜって話かな?なんてね。
    いえいえいえ・・もちろんそこで終ってませんから。
    この映画はそういう結論じゃないんですよ^^
    まぁ、「シャロウ・グレイヴ」が大人版とすれば、こちらは子供版なのかな。
    でも大人もいい感じに抵抗なく楽しめますから、これを子供向けファンタジーだと思ってパスしてる方にもチャレンジしてみて欲しいですね。














    【きみがぼくを見つけた日】(2009年)

    タイムトラベラーを扱ったSFものですけど、どうやらラブストーリーらしいので観てみることにしました。私、レイチェル・マクアダムスって顔と名前がなかなか一致しないんですよね・・・。とても可愛らしい女性なんですが。


    ◆きみがぼくを見つけた日(The Time Traveler's Wife)2009年 
    監督:ロベルト・シュヴェンケ
    いつ、どこの時代のどの場所へ飛び、いつ戻るのか自分で分からないタイムトラベラー、ヘンリー(エリック・バナ)。ある日、ヘンリーは職場である図書館で彼を知っている様子のクレア(レイチェル・マクアダムス)と名乗る20歳の女性に声を掛けられる。彼女はヘンリーが誰にも話していないタイムトラベルを知っており、少女時代から何度も彼と遭っていたと言う。ようやく同じ時空でヘンリーに逢えたと喜ぶ彼女は・・・

    遺伝子の異常によるタイムトラベル体質(?)を持つ男ヘンリーと、秘密の初恋の相手ともいうべき未来からやって来ていたヘンリーと実際に出会って結婚することを夢見てきたクレアのラブストーリーです。
    何の前触れもなく、脈絡もなく、突然身体が「現在」から消えて時空を飛んでしまう男とその妻(普通の人)というSFなんですが、なかなかロマンチックで素敵なお話でした。
    辛い部分もあるんですが、いかにも泣かせようとする類の作りになっていなくて、前向きな姿勢なのもまた良かったです。

    タイムトラベル先は一応彼にとっての大事な出来事がある所に決まってるそうで、その都合の良さが面白い部分もあり、起きてしまった出来事を変えることはできないという都合の悪さもあったりと、ストーリーに都合のいいようになってました。
    そういうのは私はそういうものとして受け入れて楽しめましたが、突っ込み所が気になるタイプの方には不評の元かもしれませんね。

    ヘンリーのタイムトラベル先でしか逢えなかった2人がようやく同じ時空で出会い幸せを掴んだものの、そのタイムトラベルが今度は2人を邪魔するわけです。確かにいつ姿が無くなりいつ戻るのか分からない男なんか、夫として一緒に暮らしてられないですもんね。
    そんな2人はいったいどうなってしまうのか・・・。
    遺伝子が原因なので、話も広がってなかなか面白いと思いましたよ^^










    【もしも昨日が選べたら】(2006年)

    妹に薦められた覚えがあったので、観てみました。
    アダム・サンドラーを見たのは3作品目。


    ◆もしも昨日が選べたら(Click)2006年  監督:フランク・コラチ
    出世することが家族の幸せに繋がると信じるマイケル(アダム・サンドラー)は、愛する妻ドナ(ケイト・ベッキンセール)や二人の子どもと過ごす時間よりも仕事を優先させてきた。ある日、マイケルは電化製品だけでなく人生さえも自在に操れる万能リモコンを手に入れる。そのリモコンで家族との面倒な時間や、出世までの道のりを早送りして快調に過ごすが・・・。果たしてマイケルは、本当の幸せをつかむことができるのか?

    さて、アダム・サンドラーもまぁまぁ慣れてきました。
    私の中では、贔屓していたベン・スティラーとの差もだんだん無くなってきちゃいましたね。試しにこの映画をベンがやっていたら?と想像してみると・・・あらら、全然違和感ない。なんでベンを贔屓していたのかもよく判らなくなってきたり・・・。なんて、ベンは全く関係ないのにここで比較したりするのは失礼ね。

    ファンタジックなハートウォーミング物語です。
    今んとこアダム・サンドラーはこの系統が主なイメージですね。
    彼の泣き顔系の顔は、心温まるお話にピッタリですもんね。
    今回は涙まで誘われましたよ。
    でも実際は、その顔でイヂワルから下ネタまでやらかすので、そこに慣れるまでに少し時間が掛かった気もします。

    どこかで読ませて頂いたレビューで『ドラえもんの道具的な・・』という表現を目にして上手い例えだなーと感心したんですが、夢のような道具を手に入れて、その楽しさに調子にのり過ぎて困ったことに・・という戒め的な話となるのは、確かに大人向けの「ドラえもん」って感じですよねー。
    でも最初は正直、分っちゃいるけどいいなーって思っちゃいましたよ。

    『出世=家族の幸せ』と考える人って結構多いんじゃないかなーとは思います。
    別に間違っちゃいないような気もするんですけど、仕事と家族の間での時間や気持ちのやりくりが上手く出来るかどうかで、幸せ度が大きく違って来そうですねー。
    この主人公マイケルは、出世したいということもあるだろうけど、リモコンを手に入れて家族との時間を早送りしてるということは、どうも仕事に逃げてるパターン?って気もしますね。
    マイケルはこういう経験ができたことによって・・・という話なのでいいんですが、現実の仕事人間の方々はこれを観て、ちょっと考えてみるといいんじゃないかな?と思いますよ。

    怪しさがたまらないクリストファー・ウォーケン、どこまでも美しいケイト・ベッキンセール、今だに現在の顔が覚えられないショーン・アスティン、やっぱりそういう役?なジェニファー・クーリッジなどなど、脇を固めるキャスト陣も良かった中、アダムにイジメられまくる可哀想な隣家の子どももいいアクセントで印象に残りました^^













    【フィフス・エレメント】(1997年)

    暇でテレビのチャンネルをなんとなく替えていたらやっていたので久しぶりに観ました。DVDは持ってるんですけど、再生回数はあまり多くないです。昔VHSに録画したものを繰り返し観過ぎて飽きてたんですよね^^; でも観てみればやっぱり楽しくて大好きな映画です♪


    ◆フィフス・エレメント(The Fifth Element)1997年
    監督、脚本:リュック・ベッソン
    2214年NY。5千年に一度やってくる邪悪な反生命体が地球に接近していた。しかし、助けにやってくるはずの宇宙最高の知力を持つモンドシャワン人の宇宙船は、武器商人ゾーグ(ゲアリー・オールドマン)の手下たちに撃墜されてしまっていた。その残骸から死体の一部を地球へ持ち帰り、細胞を再生すると、完璧に均整のとれた肉体と緑の瞳を持つ女性リールー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が現れた。だが地球の言語が解らない彼女は研究室を飛びだし、地上450階から空中へジャンプ。飛び込んだのは元統一宇宙連邦軍の精鋭で、現在はタクシー運転手をしているコーベン・ダラス(ブルース・ウィリス)の車だった・・・

    当時雑誌で見た素敵なミラ・ジョヴォヴィッチを是非見たくて、劇場へ足を運びました。
    ブルース・ウィリス主演の未来SFアクションのはずだけど、冒頭はエジプトの地下神殿で古代文字の解読をする考古学者、そしてそこに謎のグロくてでっかい宇宙人が出て来たりして、個人的にはいきなりテンション下がってたんですが、その考古学者の助手がルーク・ペリー(ビバヒルのディラン・マッケイ役)だったのでなんとか耐えた覚えがあります^^

    ま、その古代のクダリはすぐ終って2214年の話になるんですが、雰囲気がガラっと変わって賑やかなコメディになり、未来都市の暮らしがおもしろく作られてるので引き込まれます(今でも)。やっぱり地面の見えないくらいの超高層ビルだらけになってて車が空中を走ってるんですよね。その辺のイメージは定番なんですかね。他にも色んな装置やら小物やらも魅力的で見入っちゃいます。

    そして続々と登場するおもしろキャラ達がサイコーです!
    一番好きなのは、多くの方が虜になったと思われるクリス・タッカー演じる大人気DJルビー・ロッド!あの忘れられない強烈キャラは凄いですよねー♪ナヨナヨおかまキャラだけど結構活躍するところも面白い!

    いつもの私ならゲアリー・オールドマンに注目するところですけど、ここでの彼はキャラはいいんですが、あの髪型のせいでイマイチ好きになれないんですよね・・。
    目当てだったミラ・ジョヴォヴィッチは、期待通りの素晴らしいスタイルとキュートなキャラで大好きになりました。
    あと、なにげにちょっとだけ出演してるマチュー・カソヴィッツの所も好きです♪

    うちの夫のお気に入りは、劇場でブルース・ウィリスの頼みが通じない白髪(のカツラ?)男だそう。確かにあそこも笑う!うーん!やっぱりこんな気軽に楽しめる娯楽映画、好きだなぁー













    【ゴーメンガースト】(2000年)

    「指輪物語」と双璧を成すと言われるファンタジー三部作を、イギリスBBCがTVミニシリーズとして制作した「ゴーメンガースト」です。自分のブログのID(URL内)に使用してる私ですが、これをどんなに好きかというと、"普通よりちょっと好き"くらい(笑)


    ◆ゴーメンガースト(Gormenghast)2000年 監督:アンディ・ウィルソン
    中世、迷宮城ゴーメンガーストの城主グローン家に待望の跡取り息子タイタスが誕生し、城内、城下の住民たちは祝福ムードに包まれていた。そんな中、貧民出身のスティアパイク(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、虫けらのように扱われてきた厨房を抜け出し、果ては城の強奪という野心を秘め、陰謀と罠を張り巡らせていくが・・・

    もちろん個人的にはジョナサン・リース=マイヤーズが観たくて買ったDVDで、内容については全く知らずに観たんですが、存在感たっぷりの面白キャラにたくさん出会える素晴らしい作品だったので、結構気に入っています。

    まずこれは、ファンタジーというジャンルではあるけど、魔法だの魔物だのといったものが出て来るものではなくて、実在しない幻想的な国(?)が舞台で、登場人物たちもとことんエキセントリックな"ファンタジー・キャラ"ばかりといった感じの内容。面白キャラ好きな方(私です)には超おススメ。
    お気に入りキャラは色々いますが、最も好きなのはたくさんの猫を飼い、鳥(からす?)を一羽いつも連れてまわってるグローン伯爵の妻かな。
    タイタスを産んでも、ちょっと抱いて「次は6歳になったら連れておいで」と婆やに託しちゃって無関心。気にかけるのは猫と鳥のことだけ。
    でも実はとても鋭く賢い、そして何事にも動じないってとこがカッコいい!
    どっしり貫禄のある見た目もステキ!

    この役はセリア・イムリーという女優さんですが、ちょっと調べてみたら、この人全然どっしりした人じゃないですね・・びっくりしました。
    「名探偵ポワロ -満潮に乗って」という、これまた私のお気に入りの作品(テレビ)に出てた人だったので更に驚き。同一人物だとは全く気付かず・・凄いなー

    テレビシリーズなので映画と比べるとやはり予算が桁違いなのか城や景色の全体像が、あぁーミニチュアだな・・という感じなのがちょっと残念。
    でも、城内の雰囲気や石造りの通路なんかは全く問題なく見られるし、キャスト陣もクリストファー・リーなど、結構豪華っぽいです。
    ジョナサン・リース=マイヤーズをはじめ、なんだか演劇風な演技が最初はちょっと気になったけど、これが独特な非現実を演出してるのかなーなんて思いながら慣れていきました^^
    でもなんだかんだ言っても全体的には全くバカに出来ない作りで、素晴らしい作品だと思いますよ。

    全部で4時間あるんだけど、そのうち前半はジョナサン・リース=マイヤーズが主役っぽくて、後半は冒頭で生まれたタイタスが大きくなって彼の話になっていきます。
    なので私はDVDは前半ばかり再生してますね。
    "普通よりちょっと好き"程度な理由はそこなんだろうな。meyers










    【ビッグ・フィッシュ】(2003年)

    感動の名作として有名なファンタジードラマですが私は公開当時から、大好きなユアン・マクレガーが出ているにもかかわらず、ポスターなんかのイメージから全く興味が持てずにパスし続けていた作品です。
    でもまぁ、そろそろチャレンジするか・・と半ばイヤイヤ(笑)観てみました。


    ◆ビッグ・フィッシュ(Big Fish)2003年 監督:ティム・バートン
    出産間近の妻とパリで暮らすジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)。彼の父エドワード(アルバート・フィニー)は自分の人生をファンタジックな物語として語り、聞く人を魅了する名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだったが、大人になってもホラ話ばかり聞かされることにうんざりし3年前から父とは不和が続いていた。ある日、母から父の病状が悪化したとの知らせを受け、妻を連れて実家へ向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたい息子の溝はなかなか埋まらず・・・
    観終わってみると、それほど「さすがティム・バートン」という感じではないんですが、全編全く飽きずに観られる良作で、観て損は無かったなという感想です^^

    年老いて病に伏せっている父親がアルバート・フィニー。その父が話す物語の中に登場する若い頃の父がユアン・マクレガー
    似てないけど、許せないってほどではないですね^^ ファンタジックで楽しいお話の中での出演なので、ユアンはいつも溌剌とした素敵な笑顔を振りまいててやたらキュート!しかし、このユアンが年をとって(顔じゃなくキャラ的に)フィニーのようになるかいな?とちょっと疑問ではありましたね。ということはいかにホラ吹いてるかということなのか・・。
    それと実はユアンの役はなんと18歳だと途中で判り、ちょっと引いちゃいました・・(笑)

    父親の昔話のどこが本当でどこが作り話なのかが判らないってのは、確かにイラつきますね。全部嘘かもしれないと思うと、いったいこの人は誰なんだ?といった感じにもなってしまいそう。息子の気持ちはよく解ります。この気持ちがどんな風に解消されるのかというところがストーリーの要です。

    母を演じたジェシカ・ラングは実は個人的にはあまり好みじゃないんですが、父の昔話から2人の過去を踏まえて観る、現在の父と母のやりとりにグっときますねー。しかも、こちらは若い頃を演じた女優さんがジェシカ・ラングによく似てるのでなおさらです。

    父のお話の中の、サーカスや巨人、秘密の街など(強烈ではない程度ですが)ファンタジックな世界も魅力的だったし、スティーヴ・ブシェミダニー・デヴィート、そしてもちろんヘレナ・ボナム・カーターなど実力派の脇役陣も当然素晴らしく、とても素敵な作品でしたよ。
    「チャーリーとチョコレート工場」を先に観た私的には、ディープ・ロイの登場が一番感激だったかな^^ewan










    【タイムマシン】(2002年)

    美しいCG映像にため息・・
    ◆ タイムマシン(The Time Machine)2002年  監督:サイモン・ウェルズ
    1890年代ニューヨーク。ある日、大学教授のアレックス(ガイ・ピアース)は、婚約者のエマ(シエンナ・ギロリー)を暴漢に殺害されてしまう。現実を受け入れられないアレックスは、過去に遡ってエマを救いたい一心で研究を重ね、4年後ついにタイムマシンを発明するが・・・

    あんまり人気のある作品ではありませんが、実は私はこの映画、公開当時劇場で観て以来結構好きで何度も観てるんです。最後までちゃんと観ることは、まずありませんが(笑)
    H.G.ウェルズの同名SF小説の再映像化作品(一度目は1959年)。監督は原作者の曾孫だそうです。私は原作も読んでなければ、1959年版の映画も観ていません。


    タイムマシンと言ったら勉強机の引き出し・・・いや、せめてデロリアンくらいは言った方がマシかな?ま、そんな程度の興味の無さだし、SF映画を喜んで見に行くタイプじゃないんですが、予告編で見た美しい映像に魅かれたというのと、「タイムマシンで行った先はなんと80万年後」という宣伝文句もなんか面白かったし、あとはもちろんガイ・ピアース目当てで観に行きました。

    とりあえず話の始めは1890年代のニューヨークです。クラシカルな雰囲気と街並み、小物なんかがいいですよねー。ガイ・ピアースもよく溶け込んでます^^ 計算に没頭していてデートの約束を忘れたり、新しい機械(自動車)に興味津々で目を輝かせたり・・・という、ちょっとユーモラスでカワイイとも思えるキャラもいいですよ。そして、婚約者を亡くしたショックから家に閉じこもって研究を重ね、完成させたタイムマシン。これも1890年代の家具、装飾の中に溶け込むような素敵なデザインなんですよねー。キーなのか使う度にいちいち差し込むレバーの先にはクリスタルでしょうか?キラリと光る装飾が付けられたりしてなかなかオシャレ。

    そのタイムマシンで過去へ遡るも思う様に成果が上がらず、納得のいく理由を探しに今度は未来へ旅立ちます。その時間の経過を表すCGシーンが凄く魅力的なんですよね。そう、タイムマシンに乗ってる彼から、時間が過ぎて行く周りの様子が見えるわけです。ショーウィンドウの中のマネキンや、伸びる植物など、見入ってしまいます。で、彼が立ち寄ったのは、2030年。図書館へ向い、その時代の最新の技術と思われるフォトニックの案内係に話を聞きます。この『地球上のあらゆるデータベースに接続して引き出してくれる』フォトニックにもワクワクしちゃいましたが、2030年頃ならこんな感じのものがホントにあるかもしれないですね。機械のくせに結構人間くさい反応をしたりするのが面白いんですが、実際に出来てもそれはないでしょうね。

    そしてその先の時代へ進もうとしたある時点である事故のようなものが起き、彼は気を失ったまま、どんどん時間が過ぎて行ってしまいます。その時間の経過CGも素晴らしく見応えがあって大好きです。で、彼が目を覚ました時には80万年先へ来ていたというわけです。
    80万年って、想像もできないような未来。さすがに人々の暮らしも言語も現在とは全く違うということになっています。その景色と、それが映し出された時の音楽がいいですよね。これもまたワクワクしちゃいます。ここで出会ったサマンサ・マンバ姉弟も良かったんですが、残念ながら彼らの村の事情が判った辺りから、どうしても興味が削がれて行くんですよ・・・。この頭から半分くらいまではとても気に入ってるんですけどね。だからDVDで「観たいところまで観る」という楽しみ方をしている作品です。







    【スパイダーウィックの謎】(2008年)

    ファンタジーもたまにはいいですねー
    ◆ スパイダーウィックの謎(The Spiderwick Chronicles)2008年
    監督:マーク・ウォーターズ
    原作:ホリー・ブラック
    双子の兄弟ジャレッドとサイモン(フレディ・ハイモア)、そして姉のマロリー(サラ・ボルジャー)は、両親の離婚のため母親に連れられ、森の奥にひっそりと建つ、かつては大叔父アーサー・スパイダーウィック(デヴィッド・ストラザーン)とその家族が住んでいた古い屋敷に引っ越して来た。キッチンで配膳用リフトを発見したジャレットは乗って階上へ上がってみると、そこには秘密の部屋が。そこで"決して読んではいけない"とメモが付けられた一冊の本を発見する。構わず彼はそれを開いてみると、そこには80年以上前にアーサーが調べた妖精たちの研究内容が記されていた。それ以来、屋敷の周囲には様々な妖精が姿を現し、悪の妖精一味のたくらみに巻き込まれることに・・・

    ベストセラー絵本をフレディ・ハイモア君主演で映画化したファンタジック・アドベンチャーです。禁断の書を開いてしまったことにより邪悪なゴブリンまでもを呼び覚ましてしまった姉弟たちの冒険が、CG技術を駆使して鮮やかに描かれています。


    こういった想像上の生き物が出てくるファンタジーって、楽しもうと思って観始めてもいつの間にか冷めた目になってしまい、私も大人になっちゃったんだなーなんて感じさせられちゃうことが多いんですが、この作品はなぜかとても楽しく観れちゃいました!その理由はたぶん、主演のフレディ・ハイモア君かな。どうやらいつの間にかフレディ君のファンになってしまってるんですが、この作品では彼の新しい魅力が堪能できました。双子の兄弟を一人二役を演ってるんです。それが、正反対みたいな二人なんですね。サイモンはフレディ君らしいおとなしめの優等生タイプで、ジャレットはなんと母親に反抗的な上に姉と罵り合いをするような子!これは凄いですよー!二人の髪型も変えてあって別の子って感じにしてあるのもあるけど、知らないで観たら一人二役と気付かないんじゃないかってくらいに2つのキャラを完全に演じ分けてる!上手い役者だとは思ってましたが、この演技力に参りました。絶対に子役で終わって欲しくない!っていうか、既にイメージを打ち破ることにも成功してるし、心配は要らないって気がしますね。今後も楽しみです!

    ストーリーは、80年前に大叔父が執筆した妖精研究の書(出版物ではない)を手に入れて他の生き物の全滅(?)を狙う悪い妖精たちから本を守るって話。その妖精たちのことは退治法なども含めてその書に全部書いてあるわけです。が、実際その本からヒントを得て戦うようなことは少なくて、いまいち書自体が生かされてなかったところはちょっと残念・・。特にラスボスの倒し方は賛否両論ありそうですが、私は意外と好きでした。ユーモアのセンスが結構自分に合っていたってことも、私がこの映画を楽しめた理由の一つだったのかも。それと両親の離婚というへヴィ系の家族問題もあって、物語に深みを加えていたってこともあったかな。でもそれまでゴブリン退治に盛り込まれてるんですけどね。そこはいいのか悪いのか・・・微妙ですけど。でも、書の著者であるご主人様に忠誠を誓った執事のような妖精はラブリーでしたし、ちびっ子のためにかコンパクトに収めてあったのでちょっとあっさりし過ぎ感もありますが、美しい映像も多くて楽しく観られたので良かったです。

    アーサー役のデヴィッド・ストラザーンって見覚えがあるけど??と思っていたら、「L.A.コンフィデンシャル」で高級娼婦たちの元締めピアース・パチェット役の人だったんですね。素敵なおじさんだったけど、「L.A.コンフィデンシャル」ではその魅力に気付いてなかったわ・・・。久しぶりに観てみよかな。







    【華氏451】(1966年)

    奇妙な世界が面白い

    ◆華氏451(Fahrenheit451)1966年
    監督:フランソワ・トリュフォー
    原作:レイ・ブラッドベリ
    活字、書物が全面的に禁止された近未来社会。モンターグ(オスカー・ウェルナー)は書物の捜索と焼却を仕事とする優秀なファイアーマンだったが、女性教師クラリス(ジュリー・クリスティ)と知り合ったことにより、本に興味を持ち始め・・・

    SFが嫌いなトリュフォー監督による SF作品です。ロボットが出て来るような話は大嫌いだそうで、未来の社会を描いていますがそういった"いかにも"なものは出てきません。登場人物にあまり人間味やリアリティが無く書物に焦点が当たっている奇妙な物語だし、異常な社会を描いているという意味でSFなんだそうです。


    オープニングクレジットから風変わりです。タイトル、キャスト、スタッフなど、普通は文字が画面に出るものがナレーションで読み上げられます。なので、文字は全く使用されないという「華氏451」の世界にいきなり入ってるわけですね。

    本を発見しては焼却していくファイアーマンたち、家で一日中ぼーっとテレビを観ている主人公の妻、そのテレビの中の機械的に話す人など、やたら表情の乏しい不気味な登場人物たちが印象的です。本を読まなくなった人々は、情報がテレビからの限られたものに統一されて、誰もが同じ思想を持ったような形になってるわけです。管理社会・・・恐いですよ。考えるようなこともなくなって、ぼけっとした人ばかりになってる様子だし。

    そんな中で隠れて本を読んでいるクラリスは、溌剌としゃべり知識も豊富、キュートな笑顔も見せちゃうまるで別世界の生き物。そりゃーもう魅力的に映ります。このクラリスを演じたジュリー・クリスティは、家で薬漬けでボーっとしてるモンターグの妻の役も演じています。それが凄いんですよ。同じ人が演じていると一見気付かないくらい全然違うの。(実際私は一度めの鑑賞では同じ顔だと気付かなかった・・・) 髪型は違うけど特に大きく違ったメイクをしているわけでもないんだけど、表情の違いと雰囲気でこれだけ違う人物になっちゃうんだからビックリです。役者って凄いなー

    モンターグが初めて本を読むシーンも良かったです。表紙から1ページずつ丁寧にめくり、一語一語指で辿りながらたどたどしく小さな声に出して読んでいく。それはもう壊れ易いものに触れるかのように大切に大切に読むんです。文字を読むということに慣れていないからたどたどしいということもあるかもしれないけど、何も読み逃したくなくて一生懸命というようにも見えるし、読みながらの歓びの表情がとても良くて・・・。この上ない快感といった感じ。本が読みたくなりますね。トリュフォーの本への愛情、しっかりと伝わって来ちゃいました。

    この映画は、英語が全くできない監督が英語のセリフの英語圏作品として、英語しか話せないスタッフ、キャストに囲まれて作らなければならなかったことや、主演のオスカー・ウェルナーとの不和などトラブル続きだったそうです。そのせいもあるのか冷たい雰囲気のある随分不思議な趣の作品で、それが私にはとても面白いんです。francois








    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend







    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links