スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.09 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク




    【覚え書き・テレビ】2019年前半/3

    DEUCE2 ポルノストリート in NY


    映像業界へ進んだアイリーンやローリーの件がメインに思えたくらい一番印象に残ってるけど、その他娼婦、ピンプ、活動家へ転向した元娼婦、正義漢の警官と悪徳警官、そしてマフィア等、前シーズン同様、性産業界の様々な人間模様を見せてくれる。J.フランコ演じる双子も当然活躍しているものの、今回は彼のくだりだけなぜかいつも地味に感じた。元々は狂言回し役だったように思うけど、特に必要ないくらいに思えたかも。



    パルファム -香りに魅入られた悪魔-


    アウグスト・ディール出演2018年作、全6話の猟奇殺人事件もの。少年少女時代にある秘密クラブを結成していた5人。彼ら事件関係者の過去・背景と捜査側という複数の話が入り組んだ濃厚ドラマ。結構スキ。被害者がすべて両脇・局部・頭髪を切り取られた遺体となって発見されるため、5人の一人である天才調香師モーリッツ(アウグスト)がその仕事ぶりまでやたら妖しげに見える。各話はじめに必ずアウグストによる香りに関するナレーションが入るのがまたオタク臭が妖しくていいよねー。彼らの少年時代が詳しく描かれる中に登場する5人を演じた若い役者たちが現在の彼らに結構似てるのもいい。例によってアウグストの役の子にはホクロが...と思って当人の画像を検索すると、なんと元々あった!(笑)


    フランスでは有名人


    ガッド・エルマレ企画・主演。フランスでは大スターのコメディアンであるGADが、知名度ゼロのアメリカでのセレブ待遇ナシ生活に戸惑うコメディドラマ。アメリカでモデルを志すストイックな息子との関係修復を目指して四苦八苦するのがメインの話だけど、実際セレブなGADはお金だけはあるから強い。当然思い通りには行かないところが面白ポイントになるはずだけど、彼よりもGADの出現で地位を蹴落とされる "息子の現在の父親的存在の彼" のハンサムだけどマヌケで可哀想な感じ(「アントラージュ」のジョニー・ドラマを彷彿とさせる)とかの方が笑いを誘ってたかな。まぁ、楽しかったよ。ガッド・エルマレは実際アメリカではどうなんでしょうかね?あんなもんなのかなー??

    これを観たあとにガッドのスタンダップ(カナダ公演/仏語とアメリカ公演/英語)を観たけど、面白かった。アメリカでビックリしたこととか英語を使う苦労とかのネタが多いんだけど、彼の場合はモロッコ出身で大人になってから長年フランスに在住という来歴を活かし、「アメリカでは xxx は〇〇で素晴らしい!フランスでは〇〇だし、更にモロッコだと〇〇!」と三段落ちになるのがいいよね。


    マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン2


    相変わらず漫談が面白く、基本的に毎度成功するところを見せてくれるので気持ちよく楽しめる楽しいドラマ。別居中の夫との関係も良好で、観ている方は復縁しなよぉ〜とヤキモキしながら見守れるのもいい。そこへミッジの新しい恋人として登場したのがザッカリー・リーヴァイ!彼の、第一印象は悪いけどやっぱりナイスガイという役での活躍は嬉しいけど、どう考えても君はお呼びでないよ、チャック・・・ってなるのが悲しい。それにしてもミッジのRachel BrosnahanもジョールのMichael Zegenも劇中では見た目すごい素敵で好きなのに、劇外の画像を見るとどちらもイマイチ好みじゃなくてびっくりするな。


    YOU -君がすべて- season1


    ストーカーが主人公のコメディ/サスペンス。作家志望の大学院生に一目惚れした書店店長ジョー(ベン・バッジリー)が彼女と仲良くなるためにストーカーと化し、仲良くなっても邪魔者の排除を画策するなどずっとストーカーでいる話。ヤバい話なのに、主人公は笑顔が可愛くて知的でユーモアもあって穏やかでとても魅力的な若者なので、とんでもないサイコ野郎なのについ応援モードで観てしまう。彼の心の声ですべてのストーカー行為の理由がいちいち説明されるので、そのヤバい思考回路が笑いどころになってたりもする。10話夢中でイッキ見しちゃった。
    ヒロインはOnce Upon a Time でアナ雪のアナを演じたエリザベス・ライル。


    ワンダーラスト:幸せになるためのセラピー


    結構好きなトニ・コレットと「ホテル・ハルシオン」で気になり始めたスティーヴン・マッキントッシュが夫婦役で主演。お互い公認でそれぞれ他の異性とセックスすることで関係のリフレッシュに簡単に成功した夫婦の話。それぞれが決まった相手、それも一緒に楽しい時間を過ごせる相性の良い相手を作ってしまっては、夫婦として破綻することなく良い関係を築くのは無理でしょうよ。体だけの関係なら一度限りの相手を探さないと。とか考えながら前半は楽しく見ていた。子どもたちの恋愛などもあり、ちょっと愉快なホームドラマ的なコメディだな、とか。でも後半、主人公の心の内を解明していくクダリで一気にトーンが変わって、話の焦点が急にギュッと絞られたことで、そんな深い話だったのかと驚くとともに、期待と違ってきちゃったなというガッカリ感も湧いた、なんとも微妙なドラマ。












    【覚え書き・テレビ】2019年前半/3

    GOOD BEHAVIOR シーズン1


    ミシェル・ドッカリーの犯罪ドラマ。正直そんなに期待しないけど一挙放送するというのでとりあえず録画するか、くらいだったのに、1話目からスルリとハマり込んだ。窃盗の癖が治らない女の鮮やかな手口も面白いけど、関わり合うことになった殺し屋の男との関係がたまらない。頭が良く落ち着いた雰囲気の南米系イケメンが、じゃじゃ馬美女を手懐ける風なやりとりが凄くステキに見える。ただ、彼は意外と簡単に彼女を甘やかすのがちょっと都合良すぎる気もする。・・・けど、それが萌えポイントだったりするしねぇ。「来てくれたのね。」「呼んだだろ?」みたいな!恋愛ドラマなんですよ。その殺し屋の彼を演じるフアン・ディエゴ・ボトというのが、黒目がちなところがマシュー・グードをたまに彷彿とさせるステキな人なんですよねー。もっと見たい!次のシーズンが待ち遠しい!(しかしシーズン2で打ち切られた模様。IMDbを観ると2シーズンとも評価は高いのにぃ。なぜぇ??)


    ザ・クラウン シーズン1


    現英国女王エリザベス2世の半生を描くドラマ。エリザベスとフィリップの結婚から始まり、父ジョージ6世の崩御、エリザベスの戴冠、と女王となった初期の辺りがシーズン1。夫婦、姉妹、親子と一般人と同様の人間関係も当然持ちながら、一般家庭とは違う女王としての判断を下していかなければならない葛藤。伯父エドワード8世の "王冠をかけた恋" の例もあって妹の結婚が難しい問題になるところなど、王室に生きる人々の苦悩はとてもドラマ映えするよね。国・政府からは王室として人間らしさを隠すことを求められ、国民からは人間らしさを評価され人気を得る、なんて場面を観ると、あの古臭い石頭たちはなんとかならんのかねなんて思っちゃうけど、雲の上の人々という前提があるからこそ降りてきた時(親近感を覚えた時とか)に喜ばれるんでしょうし、実際その線引きやさじ加減はだいぶ難しいんでしょうね。


    Jane Eyre


    何度も映像化されているC.ブロンテの有名作、私はM.ファスベンダー版すらパスしていたけど、YouTubeでオーディオブックを聞いて内容を知ったので1つ選んで観てみることに。キャストで選びました。2006年BBCミニシリーズ、ルース・ウィルソンとトビー・スティーヴンス版。トビーのロチェスター、完全にイメージ通りですごい良かったー!!偉そうな男と対等にやり合う賢くて勝ち気な女とそんな彼女に腰抜けにされる男って図がたまらない。ルースは勝ち気なだけじゃなく生い立ち・境遇からくる影を常に滲ませるジェーンをこれまたイメージ通りにやってくれていた。彼女の天然あひる口、大好き!


    THE SINNER -隠された理由- season1


    season3 にマット・ボマーが出演すると聞いて観始めましたが、良かったです。ジェシカ・ビール、ビル・プルマン主演のサスペンス。最初にたくさんの目撃者の中で殺人が起きて犯人がはっきりしている状態ながら、当人が話す動機に納得しない刑事が真実を掘り下げていく。犯人がなぜか大事な部分で記憶を失っているため、執念の捜査によって事情が少しずつ明らかにされていく展開。ありがちっぽいのかもしれないけど、十分楽しめた。個人的には冴えない/なさけない系のイメージがあるビル・プルマンは、丁度いい貫禄と柔らかさがこのキャラを魅力的にしてたように思う。傷ついてる系 J.ビールにも釘付けになった。


    SUITS / スーツ season7


    ジェシカが去った後トップになったハーヴィーだけど、弁護士としては超一流とはいえ経営者としてはなかなかジェシカのようにはいかない。そういうモンだろうなーって感じだし、そのせいなのか降板したかと思っていたジェシカがわりと出てきてちょっと良かった。凄腕秘書ドナは昇進が叶うも以前と比べて随分ポンコツな面が次々と出てきてヒヤヒヤさせられた。私生活が更にクローズアップされたルイスのエピソードかなりいい。彼が通う分析医が良いのかもしれない。あの子どもじみたルイスが人間的に成長するのを見られるのは気持ちいいよね。全体的にはいつも通り面白かった。
    マイクとレイチェルが降板した先を観るかどうかは迷うところ。


























    【覚え書き・テレビ】2019年前半 /3

    After Life / アフター・ライフ


    これ、スゴい好きだった!!リッキー・ジャヴェイス企画・脚本・監督・主演。最愛の妻を亡くし生きる意味を無くして自暴自棄になった男の再生ドラマ。当然コメディだし面白いけどウルっと来ちゃった。主人公は周りを突き放し毒づきまくる男なのに同時に喪失感や心の痛みが見える、すばらしい演技を見せてたと思う。主人公を支える周りの人たちの素敵さはフィクションぽいけど、良いドラマを観た満足感がすごい。ペネロピ・ウィルトン演じる同じ境遇の年配女性との会話がお気に入り。あと、登場から行く末が予想できたというか期待しちゃったナース役に、「エキストラ」で友人役だったアシュリー・ジェンセンを配置してくれたのが嬉しかったかな。


    エイリアニスト


    ダニエル・ブリュール、ルーク・エヴァンス、ダコタ・ファニング主演。19世紀が舞台の猟奇連続殺人を精神医学の見地から追うサスペンス。男娼の少年ばかりが狙われ、その無残な惨殺死体などグロ映像もガンガン出てくるヤバいやつ。グレー掛かった映像とぐわぁぁ〜ん...って感じの恐ろしげな音楽で雰囲気も盛り上がるとともに、俳優陣の素晴らしさでグイグイ引き込まれた。ただ、結末だけは絶賛とまでは言えなかったかな。捜査チームのユダヤ人兄弟もお気に入り。


    オザークへようこそ season1


    麻薬カルテル、資金洗浄 と興味ナシなワードが目に入ったのでパスするところだったけど、よく見たらジェイソン・ベイトマン主演だったので観ることに。これが大当たり!10話を2日でイッキ見しちゃったよ!確かに麻薬カルテル絡みで暴力的な部分もあるサスペンスだけど、ジェイソンはやっぱりそれに振り回される一般人役。そして見ていて楽しい "凄まじく優秀なやり手のファイナンシャル・プランナー" というキャラ。カッコいい。一つ問題解決できそうになっては次の問題が起き...と常に家族を命の危険に晒すピンチに見舞われ続ける面白い展開で見出すと止まらない。ジェイソンは3エピソードを監督!


    KIZU-傷-(Sharp Objects)


    エイミー・アダムス、パトリシア・クラークソンという名前に惹かれて録画したけど、すごく引き込まれるドラマだった。これでキレイに解決して希望あふれる終わり方したらガッカリするトコだけど、そんなわけない。スッキリもせず後味悪く終わってくれててゾワワってなった。この暗さ、好き。あと、微妙に気になっちゃうあの刑事役はクリス・メッシーナ。名前に覚えがあるなと思ったら、ずっと前にも私「いい加減、この名前を覚えたい」と書いていた人だった。こりゃ無理だな。存在すらすぐ忘れちゃうんだもん...。でも見かける度に気になるんだよ。


    グッド・オーメンズ


    M.シーンとD.テナント主演。クリスチャンの方々の怒りを買った全6話のコメディ。神(F.マクドーマンド)がナレーションで話して聞かせてくれる風な物語は皮肉たっぷりで楽しいけど、このドラマはなによりも天使と悪魔の禁断の友情!腐女子の妄想を掻き立てる胸キュン ブロマンスが最大の魅力でしょう!二人ともオッサンだけど、悪魔はスタイリッシュで十分にカッコいいし天使はやたらカワイイ!素直に仲良くできないテイの二人だけど、誰がどうみてもお互いへの愛が素直にタダ漏れになっちゃってんの。堪んないよなー!6000年の間に次々と変化していく衣装・ヘアも見もの。M.シーンによる「撮影中は実際デヴィッドに恋しちゃってた」との発言もあり、キャーキャーが止まらない!!




















    【覚え書き・テレビ】2018年に観たTVシリーズ

    今年も Amazonプライム・ビデオ、スターチャンネル、FOX、AXNミステリー、ひかりTVビデオ、そして一部はDVD-BOXを購入して、テレビシリーズもいろいろ観ちゃいました♪
    観てる途中の「マーベラス・ミセス・メイゼル season2」は除いて22タイトルです。

    録画してあるけどまだ観れていないのが2つ。『ゴーン・ガール』のギリアン・フリン原作、エイミー・アダムス主演の「KIZU-傷-」と、ダン・スティーヴンスが美しく映ってる様子の「レギオン」はシーズン2だけ。1を観ていないので、観られたらその後観る予定でHDに置きっぱなし。


    【アフェア 情事の行方 season2】
    シーズン1が予想外に楽しめたので期待してたけど、その期待を上回って楽しめた。今思うと前シーズンはやっぱただの不倫ドラマやん?って気がしちゃう。同じ時間を主人公2人それぞれの視点で描かれたのが特徴でしたが、今回はそれぞれの配偶者を含む4人のそれぞれの視点を描かれてして、すごい見応え。ノアのクズっぷりにイラつくけどね。シーズン通して引っ張られる謎もそれなりにドキドキしたし、最終話にはかなり驚いたし。やっぱりよくできたドラマだと思う。


    【アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺】
    エミー賞リミテッドシリーズ部門作品賞・主演男優賞など受賞。ACSは前の作品も良かったけど、かなりシリアスというか熱い感じなので気分的に後回しににしてた。でもマット・ボマーが途中の一話を監督したというので慌てて見た。やっぱりおもしろい!!今回は主演のダレン・クリスの熱演にものすごく引き込まれた。精神的な異常が明らかながら頭の良さと好青年ぽさを駆使する事件のあらましが分かっていく感じがたまらない。


    【アトランタ:略奪の季節】
    ドナルド・グローヴァー製作主演のラッパー界隈の話で、ユルいコメディな作りだけどわりと社会派ってのが面白いドラマのシーズン2。今回は主要キャラそれぞれが主人公になった回も多くオムニバスドラマ風にも思えたけど、それぞれキャラが立ってて既にどのキャラにも愛着が持たせて貰えてるためか問題なく楽しめた。

    【アガサ・クリスティー 検察側の証人(2016)】
    お気に入りの映画「情婦」のTVミニシリーズ版。正直細部は忘れてしまったけど、あの映画のようなユーモラスな感じは全くなく、弁護士(トビー・ジョーンズ)が終始深刻だったことが印象的。終わりの方があまり納得行かなかった覚えがある。原作(戯曲)を知らないので誰が悪いのかは知らない。

    【アントラージュ★オレタチノハリウッドseason4〜8】
    シーズン3までしか見れずにいて長らく悶々としていたこのドラマがついにAmazonプライム・ビデオで全部配信されたので大喜びで観た。一気に観たせいなのか、ちょっと時間が経つとどんなエピソードがあったかあんまり思い浮かばなかったりするけど、観てる間はとにかく楽しいんですよ。やっぱり大好き。

    【ウエストワールド season2】
    前半がどうも退屈で観るのやめようかと思ったくらいだったけど、中盤の派手さにつられて楽しめるようになったんですが、終わってみるとやっぱり複雑な話で色々とわからない(忘れてる)部分も多く、もう一周すると発見が多いだろうなということで。またゆっくり見直したいです。それにしてもタンディ・ニュートンがやっぱりかっこいいな。彼女に同行してた脚本家の存在も良かった。

    【クラッシング season1】
    ジャド・アパトー製作、多分企画から何からピート・ホームズが全部ってとこ?スタンダップコメディアンである主人公が売れてないのでそのステージは全然面白くないし、特に魅力的な見た目でもキャラでもないしで私が文句なしに惹かれる内容とも思えないのに妙に引き込まれて一気に観ちゃった。T.J.ミラー以外の回代わりゲストスターがほぼわからないのが残念だった。

    【GRIMM season6】 
    前シーズンの後半でこんなヤな展開になっていたことをすっかり忘れてた。もう終わっても仕方ないね、って感じのどうでも良さを感じながら最後まで見届けた。最後に思い切った展開にしてんなーと感心しながら観てたけど、やっぱハッピーエンドにせざるを得ないんでしょうね。味方にしないと長引いちゃうから仕方ないんでしょうけど、ダイアナがいい子に育っちゃってるのも肩すかしだったかな。

    【高慢と偏見】
    昔、C.ファースの名前につられて録画したけど少しだけ観てやめたことがあり、そのまま敬遠してきたこの名作。最近オーディオブックを聴いたところにたまたま放送があったので、ついにもう一度トライする気になった。(映画「プライドと偏見」は昔観たと思うけど完全に忘れてる)
    今見てもやはりほとんどのキャストと衣装(ベネット姉妹)に見た目の魅力を感じないし、頼みのC.ファースもモミアゲだし。でも、一通り話を聴いてすでに登場人物に愛着のようなものが芽生えていたので、それだけでかなり楽しく観られた。ベネット母のキャラの凄まじさが圧巻!もちろんキャラ的にはキライで仕方ないんだけど、よくぞここまでやってくださいました!って感じです。他にも賢いリジー、優しいジェーン、キュートな(?笑)ビングリーなど、見守りたいキャラも多く、続きが待ち遠しいくらいだった。人気のダーシーは、個人的にはまぁ...。

    【シリコンバレー season1〜5】
    マイク・ジャッジによる、ITベンチャー企業を立ち上げ奮闘する若者たちのコメディ。ひとつ屋根の下に暮らすオタクチームのやりとりがすごく楽しい。デネシュをおちょくるニヒルなギルフォイルと、リチャード大好きで優秀なジャレッドがお気に入り。IT技術は当然ちゃんとはわからないけど「そういうことなのね〜」と全く問題なく楽しめる。長く続いてほしいな〜


    【DEUCE/ポルノストリート in NY】
    ジェイムズ・フランコの大ファンってわけじゃないけど、彼の出演作にはつい引き込まれちゃう。70年代のNY、娼婦がズラリと立ち並ぶ通りが舞台の性風俗もの。娼婦とヒモの関係や、マフィアを含むその界隈での持ちつ持たれつの各ビジネスなど興味深いですね。ヒモに頼らずあくまで一人を貫くキャンディ(マギー・ジレンホール)がカッコいい。このドラマはすごくオススメ!来月にはシーズン2が放送されるってー♪


    【BARRY season1】
    ビル・ヘイダー企画・製作・主演のブラックコメディ。殺し屋の仕事と演技クラス参加を掛け持ちする心に闇を抱えた男が人生の再起をはかる話。役を演じるために自分の経験を脳裏に呼び起こす。それに伴い現実の人生も改めて考えさせられる。シリアスなテーマなのにちょくちょくズッコケさせてくれるとてもおもしろいドラマ。アンソニー・キャリガン演じるノーホー・ハンクのキャラがお気に入り。エミー賞コメディ部門主演男優賞・助演男優賞受賞作品。なるほど。

    【HERE AND NOW〜家族のカタチ〜】
    謎を引っ張ってきた挙げ句にスッキリさせない終わり方で不満が出る系。でも超常現象なのでどういう"真相"を出してくれても「あぁ・・・うーん・・・」とか「なんだそりゃ?!」とかいう感想になってもおかしくないので、こんな終わり方のが私は好きかもしれない。
    ティム・ディケイが悪者のようになったのは悲しい。

    【フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ】
    1話完結のSFドラマ。全部が大絶賛できる話でもないけど、だいたい面白い。映像も美しいので観ていて楽しい。各話にスターが出てて毎度楽しみだった。・・・けど、そういえば最後まで観終えてなかった。続き観なきゃなー。 

    【弁護士ビリー・マクブライド season2】
    LA市長選挙とメキシコの麻薬カルテル絡みの殺人。シーズン1より面白い話になってた。物足りない終わり方に驚きつつも、現実味を持たせれば実際こんなモンなのかもとまぁ納得?地味な終わり方には変わりないけども。

    【HOMELAND season7】
    クインがいなくなったからどうかな?と思っていたけど、やっぱり面白かったですね。今回キャリーに協力するFBIのダンテが好きだった。あと、途中から作戦に駆り出されたチームにジェイムズ・ダーシーがいたけど、そんなに目立ってなかった。

    【マーベラス・ミセス・メイゼル】
    50年代NY。スタンダップコメディアンを目指すも全然ダメな夫を持つ良家出身の主婦ミッジ。実は彼女の方がスタンダップの圧倒的才能があった!というコメディ。毎度披露される彼女のステージが痛快で面白くてサイコー。彼女のマネージャーとなったぶっきら棒のスージーも相当口が立って面白い。オススメ!


    【モザイク〜誰がオリヴィア・レイクを殺したか】 
    シャロン・ストーンが出てる最初の方はあまり惹かれないまま観てたけど、その後真相を探るクダリはまぁまぁ楽しめた。大して心に残ったわけでもないけど。

    【ヤング・ポープ 美しき異端児】
    ポープとしてどこまで異色なのかな?と期待して見た。無茶苦茶やりよるなって感じだとどうなんだろ?と思っていたけど、あくまでポープはポープ。しかもかなり優秀・・・というか偉大で尊敬できる存在なので、気持ちよく楽しめた。それにしてもジュード・ロウの顔と声って、なんか安心する。ホームって感じ。ホームだったことはないけど。


    【You Are Wanted season2】 
    更にスリリングな展開となり、シリアスモードのマティアスのカッコよさが全開!ひゅ〜 真面目なドラマなのでもちろんお尻は出しません。ご自慢の上半身だけ。バシっ!アゥっ!的な。


    【Lost in Austen(ジェーン・オースティンに恋して)】
    元々はElliot Cowan(イケメンじゃない)が気になって観たがってた作品だけど、このとき私の中で起きてた「高慢と偏見」ブーム(は言い過ぎ)のついでについに観ることに。
    「高慢と偏見」の大ファンの現代女性が「高慢と偏見」の世界に放り込まれる話。自分がベネット家に滞在することで物語内の人間関係が狂っていくことに焦って軌道修正を試みたり、よく知ってる登場人物と実際に会って話すことによって本には書かれていなかった事情を知ったりと、なかなか楽しい内容だった。エリオットは前髪があるせいかカッコよく見えた。

    【ワンス・アポン・ア・タイム season5】
    エマがダークワンになっての話は悪くない..というか、ダークワンのダガーの秘密がわかったりして面白いけど、キャメロットが舞台の話はあまり気に入ってない。アーサー王がいやだから。しかしエマのあの姿はカッコいい!戻ってからの顔もメイクを変えたのか、以前より可愛くなった気がする。そしてダークワンじゃなくなったゴールドも面白い。なんかかわいい。
    後半のアンダーワールドの方が好きだったな。ハデスはムカつくけど過去に死んだキャラの再登場とかいいんでない?




    来年はデヴィッド・テナントとマイケル・シーンの「Good Omens」を楽しみにしています。それと「ダウントン・アビー」が更に撮影されているようですが、これは映画なんですかね??いずれにしても楽しみですね。

    あと、エリオット・カウアンのことを調べていて知ったんですが、「The Spanish Princess」っていうのもやるそうですね。キャサリン・オブ・アラゴンの話らしく、エリオットはヘンリー7世をやっているようです。これも...日本では放送は無いかもしれないですねー...。あれば観てみたいけど。

























































    【日記・テレビ】2017年に観たテレビシリーズ

    今年1年に観たテレビシリーズをまとめます。
    かつて心配してような、観てハマったドラマを次から次へとソフトを買いまくるようなことにはなってないので良かったです(笑)繰り返し観たいと思うのはやっぱり、好きな俳優(それを観て好きになったパターンもありますが)が出てる場合がほとんどだもんね。

    以下、順番は観た順でも好きな順でもなく気まぐれです。



    戦時中ロンドンの一流ホテルの話「ホテル・ハルシオン」。比較された「ダウントン・アビー」ほどの派手さ・華やかさはないし、盛り上がる感じでもないけど、ジワジワと面白くなってくる感じでした。キャスト陣も好みだったので観やすいです。(現在放送中なのでまだ観終えていません)

    不倫モノの「アフェア 情事の行方」は全然期待しないでちょっと見てみたら、なかなか良かったヤツ。変わってるのは、1話の前半は男の方の視点、後半は女側の視点と2部構成となっていること。同じエピソードを話しているのに、それぞれの感じ方や記憶がハッキリ違ったりするのが面白いですね。続シーズンも観ようと思います。あ、主演のドミニク・ウェストもルース・ウィルソンも見た目が好き、フィオナ・アップルのテーマ曲も好きです。



    「MR. ROBOT」のシーズン3は実はまだ観終えてないんですが、やっぱり面白いです。シーズン2より良くなってる感じがしてます。

    ドイツのAmazonオリジナル作品第1弾の「You Are Wanted」はマティアス・シュヴァイクホーファー監督、主演!!マティアスのこんな緊迫系はあまり見かけないけど、いいですねぇ。クールな映像もカッコいいし、面白かったです。シーズン2撮影中の写真も見かけたので、公開が楽しみ♪



    ドナルド・グローヴァー主演の各賞受賞作品「アトランタ」。常にダルそうなダメ男のノホンとした悲喜劇がイイ感じに面白いです。全体通して覇気のない雰囲気の中、要所要所に社会風刺も盛り込まれて笑かしてくれるトコが好き。

    「GRIMM」のシーズン5も良くなってました! "次の章が始まった" って感じでマンネリを脱しつつ、通常の捜査エピソードっぽい部分で安定感も持たせつつ...と、かなり楽しかったです。個人的にはマイズナーの再登場と活躍に心躍りました!



    「ウディ・アレンの6つの危ない物語」。一応見てみました。ウディ・アレンがやはり一人でウダウダ言ってる感じのヤツですね。全6話ですが、2時間の映画を6つに切っただけのようでした。とりたてて面白くもなかったかな。

    「SUITS」のシーズン5、いつも面白いですが前シーズンの展開はちょっと落ち込む感じだったことを思うと、今回の方が良かったです。盛り上がったと思います。(観てから結構経つのでまぁまぁ忘れてちゃってる)



    「ドイツ1983年」はドイツってだけでなんとなく観てみたらすごく好みだったヤツ。東西ドイツの対立時代のスパイの話。あの「んなアホな」って感じの展開が、実は実際に起きた事件を取り入れたものだったと知り衝撃を受けました。面白かったですよ。

    各賞色々ノミネート/受賞の「ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜」もとても好きでした。全体の雰囲気は淡々としてるけど、ママ友トラブルや家庭内の事情から殺人事件まで、豪華キャストでジワジワと丁寧に描かれていてとても良かったです。



    かなり遅ればせながら観始めた「ワンス・アポン・ア・タイム」。日本で放送されてる分(シーズン4まで)は全部観ましたよ。これを観て、これまで "いい俳優だから好んで見るけど大ファンになるわけではない存在" だったロバート・カーライルに一気に夢中になりました。現在アメリカで放送中のシーズン7まで(そしてその後も?)ずっと出ているので、続きが待ち遠しくてたまりません!

    hinajiroさんの影響で知った「ハイっ、こちらIT課!」が安く手に入ったのでシーズン1だけ観ました。元々薄っすら気になっていたクリス・オダウドとリチャード・アイオアディのシットコムなんて、観たいに決まってるもんね。期待した通りのゆるくてわかりやすい面白さでした!続きもどっかで配信しないかなー



    マット・ボマーが好きだからってだけでなく、昨年パイロット版を見て今年何よりも楽しみにしていた「ラスト・タイクーン」!期待通りのゴージャスな映像にウットリしながら堪能しました!今ンとこマットはこの役が一番いいなぁ〜(*´∀`*)

    それから同じくAmazonオリジナルの「アイ・ラヴ・ディック」。パイロットは見なかったけど、ケヴィン・ベーコン主演のコメディだから観ようと決めていました。実はキャスリン・ハーンが主演だったんですね!更に嬉しい。品のいい内容じゃないし、ハッキリ言って変な話だけど、私は全然ヘーキ!キャスリン・ハーンすげー!!ってのもあるし、ケヴィン・ベーコンが気になって仕方なくなっちゃったよ。



    ユアン・マクレガーが一人二役を演じたというので楽しみにしていた「FARGO 3」。ちょっと太って双子を演じたユアンは、見た目はともかく良かったと思いますよ。違和感なくバッチリ別人として見られました。デヴィッド・シューリスのキモさが強烈に印象に残りますね。内容は...シリーズ1,2と比べるとちょっと地味な気がするかなぁ。

    ライアン・マーフィ製作の「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」は、大女優2人の実際の確執を描いた、大変面白いドラマでした!同じく映画界の内幕を描いた「ラスト・タイクーン」と同時進行で見たんですが、内容的には派手さのあるコチラに気持ちを持っていかれた感じでしたね。J.ラングとS.サランドン、スゴかったです。



    「マスターズ・オブ・セックス」はseason4で打ち切りになっちゃったんですね。シーズン2と3がはっきり言って横道に逸れ過ぎてた感じで興味が削がれがちでしたしね。でもこのシーズン4は、通常の診療や研究の仕事に戻ってきた感じで、また面白く観れましたよ!ま、急激に終わりの展開に持っていった最後はちょっといただけない感じもしましたが、全体的には好印象でした。

    「HOMELAND」のシーズン5と6は連続で観られました。シーズン5はベルリンが舞台と聞いて楽しみとは言っても、好きなドイツ人俳優がそうそう出て来るわけじゃなかろう、とは思っていたんです。が!アレクサンダー・フェーリングとか普通に出てきたじゃないですか!そういえばシーズン4からニーナ・ホスも出てましたしねー。楽しめましたが、内容はちょっと地味な印象。シーズン6はちょっとツラかったです。



    ブラッドリー・クーパー主演だった映画のテレビ版「リミットレス」、面白かったですねー!主人公がボンクラなせいで活性時のギャップがハッキリしてるし。調査結果のオモシロプレゼンを毎度工夫したり、お目付け役マイク&アイクをイジったりと、楽しそうな彼、イイ感じです。

    第2次世界大戦で日本とドイツが勝利してアメリカを占領した世界が舞台の「高い城の男」は、シーズン2を2話観たトコでやめちゃいました。主人公女性に関する部分が全然おもしろく思えなくて...。それ以外の部分は結構イイ感じなんだけど、メインはやはり彼女が担っているため、ついて行けなくなっちゃった。実はあと後、面白くなったりしたのかな?

    ということで、だいたい常に何かしら観てるシリーズある状態で1年過ごしてきたみたいです。来年もそんな感じでよろしくお願いします。










































    【覚え書き・テレビ】今年観たTVシリーズ

    今年はブログを書かない間にTVシリーズを観ていました。夏から観たいドラマが続々始まったのと、Amazonのプライム会員になったので、そちらでも観られるようになったからです。

    ということで、一度ココでまとめておこうと思います。


    まず、「ダウントン・アビー」がシーズン5と6を立て続けに放送されてついに終わってしまいましたねー。これはホントに楽しみしていたので、とても寂しいです。ま、丁度いい頃合いだったような気もしますけどね。それにしても私、観るまでマシュー・グードがレギュラー出演したなんて知らなかったんですよねー。ビックリしましたが、ステキな役でした。フィナーレもキレイにまとまって良かったです。

    SUITS」のシーズン4、「GRIMM」のシーズン4も安定の面白さです。この2つはどちらもこのシーズン、レギュラーキャラのある一人によるイラっとさせられ方がいつも以上にハンパなかったですけどね。当然、次シーズンも楽しみです。


    アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」はマット・ボマー目当てで観ました。前シーズンも以前に少し観たんですが、このシリーズ全然好きじゃなかったので不安だったんですよねー。でもこの「ホテル」は思ったよりもストーリーがあって(笑)観やすかったので助かりました。レディ・ガガの出演が話題のシーズンで、彼女のキャラの似合い方は良かったですが、マットの扱いのまぁ酷かったこと。第1話の衝撃シーンは素晴らしいですけど、結局あのキャラクタは必要だったんだろうか?くらいの感じで。でもまぁ私、ウェス・ベントリーが好きなのでそれなりに楽しめましたけどね。

    製作ミック・ジャガー、マーティン・スコセッシ等の「ヴァイナル」は、70年代レコード業界の話ということで観る前はわりと期待したんですが、思いのほか主人公の私生活の問題が大きく占めていたり、やたらドラッグ推しでウンザリさせられたりで、"レコード業界の話" に私が期待したもの(売るためにこんな方法を取っていました、とか?)があんまり観られなかった印象に。(無かったわけじゃないんですが。)それで途中観るのを中断しちゃったりしたんですが、最後の2話くらいにその辺りが急に盛り返してくれたので、イイ感じで観終われたのは救いだったかな。


    ケネディ暗殺を阻止するために過去に戻った男の話「11/22/63」と、人間そっくりのアンドロイドが暮らす西部劇の体験型テーマパークの話「ウエストワールド」は、どちらも若干中だるみを感じながらもスゴく楽しめて大好きだった2作。特に「ウエストワールド」はベン・バーンズ目当てで観たものの、全体的に豪華キャストでスゴかったですし、映像も見応えがあり、お話もよく出来てて面白かったです。※右→に掲載したリンクは古い映画版のソフトです。


    ハッカーの話「MR. ROBOT」はシーズン1は結構ワクワクしながら観たけど、シーズン2は更にダークになってちょっと落ち込んだ感じ。クリスチャン・スレーターが謎だった最初の方が好きだった気がします。ま、ここで知ったスウェーデン人俳優、マルティン・ヴァルストロムは大収穫でした。次シーズンが楽しみ。

    HOMELAND」はシーズン4まで観ました。クレア・デインズはホント上手いですねー。引き込まれずにいられない。シーズン5はベルリンへ行くと聞いたので楽しみにしています。


    ナイト・マネジャー」と「弁護士ビリー・マクブライド」は、私は1話目では惹かれなかったけど、ジワジワハマったパターン。トム・ヒドルストンは全然興味なかったけど、この人いいじゃん!ってなりました。ビリー・ボブ・ソーントンには怪演を期待しますが、マクブライド役はわりと普通な感じで肩透かしだったのかもしれません。あと事件自体にも引き込まれなかったし。でも、このキャラに(いや、ソーントンに?)やっぱり惹かれちゃうんですよね。マイッタわー。


    アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」も良かったですねー。実はこのドラマに連動してテレビで放送された実際の裁判の再現ドラマを見たお陰で、もう見なくていいかって感じになったりしてたんですが、結局観て良かったです。サラ・ポールソン演じる検察側の苦悩にも寄っているところが好きでした。サラはアメホラの撮影と同時で、アチラではボロボロのジャンキー、コチラではキリっと検察官と切り替える様子を動画で見ましたが、凄いですよねー。

    あとは、ミニシリーズの「ウルフホール」と「ケース・センシティヴ」。この2つを並べるのはなんかヘンですね。「ウルフホール」は原作がお気に入りという状態で観たんですが、期待通りのデキだったと思います。マーク・ライランスが好きになりました。「ケース・センシティヴ」はやたら地味なミステリでした。

    そんなモンかな?何か忘れてるかもしれませんが・・・。あ、今見てるのは「高い城の男」と「リミットレス」です。
    そして来年はついに「ラスト・タイクーン」が観られるんですよね!これはホントに楽しみにしています!!予習として観た1976年の映画版は実は全然面白くなかったのでちょっと心配でしたが、パイロットがサイコーだったんですよ!
    http://jonny-august.tumblr.com/post/146606029902/the-last-tycoon-pilot-im-not-talented-enough-to

    あと、ドイツAmazon初のオリジナルシリーズの主演がマティアス・シュヴァイクホーファーなんですよ、実は。これも日本でも観られるようになるといいんですが・・・。それと、アウグスト・ディールが出演したイギリスのミニシリーズ「Close to the Enemy」も観たい!






































    【テレビ・日記】FARGO / ファーゴ2

    TV版「ファーゴ」のシーズン2を観終えました!
    シーズン1よりも、とまでは言いませんが、こちらもすっごく良かったです♪

    ■Fargo season2


    1979年のミネソタ界隈が舞台。普通の人たちが重犯罪に巻き込まれる(もちろん自分がやったことではありますが)のはシーズン1同様ですが、今作はかな〜りマフィアの抗争絡みのお話。

    正直、マフィア云々の男臭い感じは全く好みでなく、普通だったらまず観ないくらいですが、今回は上手いこと入って行けました。

    というのは、2006年が舞台だったシーズン1では引退してダイナーを営んでいたルー・ソルヴァ―ソンが、現役警官として登場していたから。(彼が主人公なのかな?)馴染みのあるキャラがいるのは心強いんですよ。しかも、演じたのはパトリック・ウィルソン!

    そう、70年代の人を演じるパトリック・ウィルソン再び!です。
    こちらでは、「スペース・ステーション76」で見た胡散臭すぎる感じはなく、ちゃんとしてましたけどね。(アレも別にフザケてはない??笑)

    ルーは、家族を大切にする温かい父親であり、正義感に溢れ、勘も鋭い優秀な警察官でもある、すごくカッコいいオトコです。後に警官になった娘モリーもよく似たキャラでしたよね☆ 決してアクションが派手というわけではないものの、彼の知的で思いやりのある活躍がとてもステキでした!そして何といってもあの温かい眼差し!とろけましたよ^^



    更に、事故から保身のために犯罪を重ねてしまう一般人夫婦のキャラからも目が離せない!特に、キルスティン・ダンスト演じる、冷たいだけなのかアホなのかイカレちゃったのか何とも言い難い不思議キャラ(?)の思考パターンがオカシくて!コトは重大なので笑い事ではないけど、ヘン過ぎて気になるんですよ。
    また、気の弱い優しいタイプの夫は妻を守ろうととんでもないことに手を染めてしまうわけですが、この人もアホなのかなんなのか・・・(笑)あの、ある意味癒し系っぽい風貌で、肉屋という職業柄モノ凄いことをやらかしましたからね。このキャラも気になりました。

    マフィアの抗争関連についても最初は興味なかったけれど、観てみれば人間関係なんかが色々あったりして、それなりに楽しめるんですよね。しかもこれはかの「ファーゴ」ですから!面白くないわけがないし(笑) キーパーソンのように存在する手下の男の優秀さからも目が離せないし!カンザス・シティのマイク・ミリガンのオチもお気に入りだし☆

    出だしは少々地味かなぁ?って印象でしたが、数話観た所からしっかりハマって最後まで非常に楽しめました!なぜか一点だけ強烈なナゾが残りましたけど、アレはどうしたモンでしょうかね?スルーでいいヤツなんですかね?

    来年またシーズン3が製作されるそうですね!楽しみです!!

























    【日記・テレビ】life's too short

    あけましておめでとうございます!今年も細々と続けて参りますので、時々おつきあい頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い申し上げます!

    ◆life's too short(人生短し...)2011年


    DVDで「life's too short」というテレビシリーズを観終えました。リッキー・ジャヴェイス&スティーヴン・マーチャントの脚本・監督作品、ウォーリック・デイヴィス(ワーウィック・デイヴィス)が本人役で主演です。
    期待通り、大変楽しめました!!

    現在はロクに仕事もないくせに、とにかくいつもスター振っている "かつてのハリウッドスター" が痛々しいモキュメンタリです。

    同じくリッキー&スティーヴン作品の「Extra」のように、毎回豪華スターが本人役でゲスト出演しています。数年前ゴールデン・グローブで司会のリッキーとモメたジョニー・デップが出演し、エピソード内で逆襲したことも話題になってたハズ。



    その他、リーアム・ニーソンヘレナ・ボナム=カータースティングスティーヴ・カレルなどなど。ま、「Extra」と比べると、ゲストスターが話の中心になる感じは少なかったけど、十分インパクトはありました^^ リッキーとスティーヴンも本人役で時々出ていましたよ。

    ところで私、ウォーリックには前々から興味があったんですよね。このシリーズ内でも散々「知らない」とネタになってた「ウィロー」は当時劇場へ観に行きましたし(笑) もちろん、この人がこんな面白い人だと知ったのはリッキー関連で見かけるようになってからですけど。この作品内では彼もアイディアを出していたようですよ。

    できればもっと見たいですねー。でも映画にはほとんど顔が出ていないんですよね?うーむ・・・。自伝は買ってあるんですけど、まだちょっとしか読んでないし。(まずはソレを読めよ^^:)



    「life's too short」は、普段のウォーリックにカメラが密着してる、という設定です。
    妻から離婚を言い渡され調停中。経営するドワーフ専門のタレントエージェンシーは、自分へのオファーすら無く超ヒマ。収入がなく税金の支払いに四苦八苦。やっと入った仕事で失敗。・・・などなど、細かいエピソードの羅列という感じ。

    どれもこれも当然リッキー&スティーヴン節が効いていてゴキゲン!
    宗教を茶化して回るクダリなんか如何にもリッキーのアイディアっぽいねーって感じだしソレでいいんだけど、女性関係においてやたら自己中で浅はかで非情なクソヤローになる所で、「あぁ〜 これは完全にスティーヴンだねー」と躊躇なく思っちゃうってのは・・・ スティーヴ、君ホントにそのイメージでいいんスか?と心配になるね。


    uploaded by *jonathan* on GIFMAGAZINE

    ま、とにかく面白くて大満足でした!日本盤のソフトは発売されていないようですけども。gervaismerchant
































    【日記・テレビ】Hello Ladies (2013/2014年)

    ヨーロッパ盤をお取り寄せして、スティーヴン・マーチャント製作、監督、脚本、主演のTVシリーズとTV映画を観ました♪スティーヴンらしいキャラが前面に押し出されたコメディなので結構楽しんだんですが、観終わって何か書こうと色々考えていると、文句ばかりが浮かんできて困っているんですけど...^^;

    まず先に言っておきますが、面白かったはずなんです。最初からドカンドカン笑かしまくってくれる種類のコメディではありませんが、小ネタがたっぷりだし登場人物たちにも愛着がわいたしで、喜んで観てはいたんですよ。「The Movie」で迎える結末も良かったですし。

    ■Hello Ladies(The Complete Series and The Movie)


    コメディだけど、オープニングの映像のイメージ通り寂しい男の悲哀漂うドラマって感じですかねー。

    L.A.に暮らす英国人ウェブデザイナーのステュアート。彼はモテない。にも関わらず常に女優かモデル狙いで積極的に行動。そして毎度毎度ショーモナイ作戦に失敗しては踏んだり蹴ったりの結果に終わる。いつも目先のオイシそうなモノに釣られて大事なモノを放っぽり出しては、失敗して後悔を繰り返している。非常にイタいヤツだ。

    余計な言葉で周囲を固まらせたりするイタい人間を笑いの対象にする感じは、リッキー・ジャヴェイスとのコンビ作「エキストラ」などと似た種類だけど、コチラはそのあまりの痛々しさに観ていて少々ツラくなってくる感じがあったんですよね。毎度パターンが大体決まっていて、学習しろよ!とイラっとさせられる部分があるせいでしょうか。

    可哀想なことになっても大抵の場合、この人の根本的な考え方に問題があっての自業自得感が大きいので、同情もしにくいですしねー。これが例えば一瞬の判断ミスとかで悪い結果に終わるとかなら、「あちゃー...やっちゃったねー」と同情もするし共感もしやすいんだけど。

    目的が出来る度にとことん利己的になってしまう彼だけど、もちろん根は悪い人間ではないので、所々にホッとさせるような優しい一面を差し込んだりしてくれているのが一応の救いにもなっているとは思いますが。



    同じようなジャンルの「エキストラ」では大丈夫だった理由を考えてみました。・・・ま、正直分からなかったんですが(笑)、主人公よりも更にイタい、それも分かりやすく非現実的にオカシイ脇キャラ(これもスティーヴン・マーチャント)の存在とか?あのキャラが、主人公の痛々しさを見ての居心地の悪さを緩和してくれていたのかも。「Hello Ladies」だと主人公が一番イタいヤツですもんね。だから見ててキツいのかな、って。・・・そんなんじゃないか^^;単にリッキーの魅力とか演技力とか?てことは結局リッキー・レスが不満の原因??(笑)

    [オマケ]
    スティーヴン・マーチャントの発言:
    パーティに行ってある女の子と30分も話したとする。で、その気になって「今度飲みに行こうか」と誘うと「彼氏がいるの」とか言われるんだ。なんだそれ!なんで30分も君と話してたと思ってんだ?空気読めっつーの!
    (DVD特典のインタビューより。訳は多少端折って大体で。)

    主人公ステュアートって、結構スティーヴン自身が投影されてんだろうなーって気が...。

    http://jonny-august.tumblr.com/post/133658355357/hello-ladies-the-movie
    gervaismerchant























    【日記・テレビ】ホワイトカラー

    シリーズもののテレビドラマにはハマりたくないから、とドラマはあまり観ないようにしていたのですが、実は最近はちょっとドラマの方へもいっちゃってます。
    オンデマンドで「マスターズ・オブ・セックス」、スーパードラマTVで「GRIMM season3」、他にも買ってあるけど全く観ていないBOXがあったり^^;

    ◆ホワイトカラー(White Collar)


    中でもハマっちゃってるのは、マット・ボマーが主演で大ヒットしたこの作品。2009年〜2014年にかけて放送されたアメリカHBOのドラマ「ホワイトカラー」です♪日本でも最終シーズン(6th)まで既にソフトが発売されているシリーズなので、私は全シーズンがセットになったコンプリートDVD-BOXを買いました!(もったいないのでゆ〜っくり見進めていて、まだ4th Season に入ったところ)

    各シーズンごとのコレクターズBOXには特典映像も収録されていて魅力的なんですが、今どきはYouTube で見れちゃいますからね^^
    突然姿を消した恋人を追うために刑期満了直前に脱獄した天才詐欺師ニールは、脱獄の目的を果たせないまますぐに知能犯専門チームのFBI捜査官ピーターに再度捕まった。4年の刑期延長から逃れるためFBIへの協力を申し出、行動範囲の制限付きの自由を得たニールは、FBIのコンサルタントとして働くことになり・・・。

    正直に言うと、2ndシーズンくらいまでは、そんなに言うほど無茶苦茶面白いとは思ってなかったんですよね^^; マット・ボマーを堪能する分には全く文句はないんだけど、事件捜査のドラマとしてはあまり良く出来ている類とは思えなくて。

    「別に大丈夫でしょ?」的に安心して眺めていられる、お気楽なエンターテイメント作品ってとこですよね。コメディ調で楽しいので私は別にいいんですが、人気作品なのに他人にオススメできる気がしないという・・・^^;

    だって、サイコーにカッコいいはずの天才詐欺師のニールが、そんなに素晴らしくカッコ良く思えなかったりするんですよ。(見た目は素敵ですよ!!) 確かに美術品に関する圧倒的な知識や贋作製作の腕前、スリやピッキングなど手先の器用さ、人を欺く口の巧さなどなど、カッコいい面も多いながらも、結局FBIへの貢献度的には相棒モジーの協力が不可欠だし。"もの凄く頭が良い" とは思えない行動もちらほらと目につくし・・・。

    各話(ほぼ)完結の事件も、都合の良い展開や解決が気になったりしてツッコミどころが多すぎる印象だし、各シーズン通して背景で引っ張るニールの問題がポイントでもあるはずなのに、さほど面白くないし。

    でも!!それが 3rdシーズンですごく面白くなったんですよ!
    このドラマの見どころは、FBI捜査官ピーターと詐欺師ニールが様々な協力関係を経て育んでいく不安定な友情なんですよね。その点で、大きくステップアップを感じたのがシーズン3だったんです。今現在私はシーズン4の2話目までしか観ていませんからその後のことはわかりませんが、きっとこの先もその感じで面白くなっていくんじゃないでしょうか!

    ということで、どんどん連続で続きを観たい気持ちをグッと抑えながら、ジワジワと楽しんでいるところです。
    Tumblr(→ Mattコレクション)へもガンガン投稿していますので、興味のある方は覗いてみてください^^

    http://jonny-august.tumblr.com/post/124071592717/ホワイトカラー-season2-11


    http://jonny-august.tumblr.com/post/133528991757/white-collar-season1-4






























    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend

    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links