スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク




    【Kammerflimmern】(2004年)

    ずーっと前に字幕ナシと分かっていながら買ったドイツ盤のDVDなんですけどね。開封して確認したら、なんと英語字幕が入ってたんですよ!ジャケ裏に「字幕: ―」って書いてあるのに。他にもそういうのがあるのかもしれないですねー。

    ■Off Beat(英題) / 心の鼓動(ドイツ映画祭2005)


    原題の《Kammerflimmern》はまったく知らない単語ですね〜。
    →英訳 《ventricular fibrillation》 (なに??)
    →日本語訳 《心室細動》(はい??)
    →意味 《心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることができない状態》(ふ、ふ〜ん...)
    ということで、なんだか小難しいタイトルが付いているようです^^;もちろん、まんま病人の話ではありません。

    子どもの頃に家族で乗っていた車の事故によって目の前で両親を亡くし、そのトラウマを抱えたまま成長した主人公クラッシュは現在、救急救命士。彼は事故の記憶に起因する睡眠中の悪夢と仕事中のフラッシュバックに悩んでいる。しかしある現場で、毎晩夢に出てくる顔の見えない見知らぬ女性を思わせる妊婦と出会い・・・



    タイトルロゴの中で「mm」の部分がギザギザしてるのは、心電図っぽくデザインされているというわけですね。ウマいじゃないですか。

    どんな話かは知らずに見ましたが、ジャケットの感じからして内容には特に期待してなかったんですよ。でも良い意味で裏切られました!相手女性の立ち直りの早さはギモンでしたが、全体的にはいい映画だった感じ(笑)がします!特に後味がいいですね。

    主人公のトラウマを可視化した効果や、救命現場での生死、そして安定しない精神状態から常に不安を感じさせる彼に、生への希望が見えてくる。
    素敵な結末が美しく表現されていて、とても印象的でした。ただ、(ネタバレ反転→)【ハッピーエンドであることが、最後に戻った心音を万が一聞き】逃したら気付かれないんじゃないかってことだけ少し気になりましたけど。(そんな人いない?笑)

    それにしても、このマティアスの可愛さ!!これまで見てきた中で一番いいですね!演技も素晴らしかったですし!マティアスの魅力が一番よく分かる映画かもしれませんよ!!matthias

    http://jonny-august.tumblr.com/post/140030975092/kammerflimmern






















    【8月の家族たち】(2013年)

    メリル・ストリープジュリア・ロバーツが主演・助演で各賞にノミネートされていた話題作!この母娘役の二人による、親子だからこその対決が期待通り楽しめました。私は好きです。

    ◆August: Osage County(2013年)監督:ジョン・ウェルズ


    登場シーンからかなりイラッとさせられる母親―かなりの毒吐きオンナ。コレと一緒に暮らす夫に同情しちゃう感じのヤツです。病気で薬漬けになってるせいもあるのでしょうが、ホントにいわゆるクソババア。

    それを演じるメリルの演技にはガッカリさせられることなどあり得ない(と思う)んで、まぁいつも通り(笑)ですが、ジュリア・ロバーツはここ最近すごく良いような気がしますね。

    色恋沙汰の中だと、あのやかましさにたまに辟易させられがちな彼女ですが、こういう役どころならば、演技自体は大きく違わないままでも上手くハマるんですよねー。年齢のせいもあるかもしれませんけど。この翌年の出演作「The Normal Heart」(TV映画)での医者役でもそう感じました。

    癌で闘病中の母の歯に衣着せぬ物言いとブチ切れる娘など、久しぶりに田舎の実家に集まった家族のありそ〜な人間模様が面白くもあり、痛々しくもあり・・・ 家族というものについてちょっと考えちゃうドラマでした。決して派手な話ではないのに、ずいぶんと引き込まれましたよ。家族モノですが、ハートウォーミングものにならないところがまたいいですね。

    集まった家族も豪華キャスト(=魅せる人ばかり!)というのも魅力ですよねー。



    ジュリアをはじめとする三姉妹はジュリアンヌ・ニコルソン(地元に残り親の面倒をみる独身の次女という地味系の役がハマりすぎ)とジュリエット・ルイス(男運のない奔放でノホホンとした三女)。

    ジュリアの夫はユアン・マクレガー(特にユアンじゃなくてもいい)、その娘はアビゲイル・ブレスリン(生意気なティーン)。ジュリエット・ルイスのフィアンセはダーモット・マローニ―(どうでもいい感じの色男役がなぜかハマる 笑)。

    母(メリル)の妹にマーゴ・マーティンデイル(いい味出るよねー)、その夫にクリス・クーパー(マーゴといいコンビ♪優しくて何気にステキ)、その息子にベネディクト・カンバーバッチ(実母から負け犬呼ばわりされる情けない男・・・)。

    うん。彼らの演技合戦ががっつり堪能できた満足感も大きいですね。
    サントラには、カンバーバッチの劇中のあの歌も収録されているようですよ^^ewan





















    【THE NORMAL HEART】(2014年)

    ひどく深刻な内容っぽいから、とずっと避けてたんですが、マット・ボマーのファンになったからには彼の受賞作品を観ないわけにはいかなくなったので・・・^^;
    80年代から舞台でたくさん公演されている、脚本家ラリー・クレイマーの自叙伝的作品だそうです。

    ◆ノーマル・ハート(The Normal Heart)2014年
    監督:ライアン・マーフィー


    これがテレビ映画...( ̄□ ̄;)と唖然とするくらい、すごくパワフルなドラマでした。観て良かったです!!

    ゲイの間で蔓延し始めた "ゲイ・キャンサー" ― のちのエイズ。
    ライターである主人公らがこの病の認知、研究・解明のための予算を求めて必死に声を上げるも、多数派である異性愛者には関係ないこととして社会は一切の手出しを拒む。そのため病気の研究は進まず、原因も対策も判らず死者を増やしていき・・・。

    「じゃあいったい何人死ねば重要視してもらえるんだ!」



    とてもとても腹立たしいです。でもこれがこの病の歴史なんですよね。
    "ゲイ→死の病を発症" という情報だけが広がり、ゲイへの差別が増幅するばかり。世間へ熱弁を振るえば振るうほど反発にあい、ゲイ・コミュニティの中ですら疎まれてしまうなど、全然上手くいかない。

    単純なことのはずじゃないですか。人間同士、生きる権利や愛する者を失う悲しみを理解できないはずはないんですよ。・・・そうは言っても単純には行かないんですよね。その歯がゆさにプルプル震えながら、この愛のドラマに涙しておりました。



    この物語への思い入れが強いというマット・ボマーの渾身の演技も、美しい登場から辛い最後まで光っていましたね。痛々しいほどの減量をしてのぞんだ彼の見事な仕事ぶりは必見です!

    主人公でフィリックス(マット)の恋人役のマーク・ラファロにも釘付けになりました。個人的には今までこの人に注目したことがなかったのですが、一気に贔屓の役者さんになりました。全てのシーンにおいて人間味に溢れていて、目が離せなかったです。(マットが一緒に映ってる時だけは、どうしても視線はマットへ... 笑)二人の恋人同士としての幸せなシーン、そして苦しく切ないシーンもとても良かったです!

    日本盤も早く発売してください!!


    http://jonny-august.tumblr.com/post/124240272562/the-normal-heart































    【偽りなき者】(2012年)

    各賞ノミネート(一部受賞)されたデンマーク映画です。
    実は、動いているマッツ・ミケルセンを、今回初めて見ました。さすがに人気俳優さんだけあって、すっごいカッコいいし演技もパーフェクトで非の打ちどころがなかったでねー!!個人的にはメガネ顔が好きでした♪
    内容もすごい見応えがあって良かったです!

    ◆偽りなき者(Jagten/The Hunt)2012年
    監督、脚本:トマス・ヴィンターベア


    小さな町で幼稚園の教師として働き穏やかな毎日を送っていたルーカス。ある日、彼にプレゼントを受け取ってもらえなかった園児クララが、軽い仕返しのつもりでルーカスにいたずらされたかのような嘘をついた。それを鵜呑みにした大人たちによって、ルーカスは迫害を受けるようになり・・・

    冤罪のお話です。主人公が受けた仕打ちは、理不尽で本当にムゴい。心から同情します。
    しかしそれは、これを見ている私が、彼が完全に無実であることを知っているからかもしれません。

    ***

    ウチの幼稚園の園児から、性的虐待被害をほのめかされた。聞き捨てならないわ。早急に事実を確認して、被害を広げないよう動かなければ!



    加害者に事情を聴く?いや、事実であろうが無かろうが、返事は「やっていない」に決まっている。ならばまずは、被害者から事情を聴きだそう。
    被害に遭っている子どもが、素直にすべてを話すだろうか?何かを叱られると考えて口をつぐむかもしれないし、言葉にすること自体が難しいかもしれない。話しやすいように誘導してあげる必要があるわね。

    ***

    なんということだ。こんな小さな子どもの口から、幼稚園児が到底知りえない大人の体に関する話が出ているではないか。完全に、ソレを目にしたという証拠であろう。間違いない。他に被害者がいないか確認せねば。
    被害に遭った子どもは、口に出さずとも兆候があるはず。保護者に注意を呼びかけよう。証言者が複数であれば、加害者を問い詰めるのにも有効だし、被害が無かったら、それはそれで幸いだ。

    ***

    うちの娘は本当に無垢で、嘘などついたことないんだ。こんな小さな子供が嘘などつくわけがないだろう。常識だぞ。あいつは親友だったが、うちの娘におかしなことをしたんだ。もう信用はできない。


    ***

    子どもの有無に拘らず周辺に暮らす住民としては、そんな変態野郎は排除しなければならない。自分の家族が被害に遭ってからでは遅いのだ。

    子どもたちの証言が曖昧だから釈放されたって?しかし無実だという証拠も無いではないか。やはりそんな「危険かもしれない人物」とは関わりたくない。しかしスーパーマーケットに現れたようだ。そんな店では安心して買い物もできない。危険人物は店が出入り禁止にすべきだ。



    あの危険人物はまだここに住んでいるのか?早く出て行ってくれないだろうか。もうここには居場所はないということを解らせてやった方がいいのではないか。

    ***

    あたし、いつも優しいルーカスがプレゼントをもらってくれなくてショックだった。キスもしちゃダメだって。なんでそんなこと言うの?ルーカスのバカバカ!園長先生に、今朝お兄ちゃんからiPadで見せられたおちんちんのお話をして、困らせてやるからー!



    ・・・あれ?なんでパパとママはあんなにルーカスに怒ってるの?町中が大騒ぎになっちゃったみたい。ママに違うって言わなきゃ!

    ***

    まぁ、可哀想に。無意識につらい記憶を削除しちゃっているのね。仕方ないことだわ。それだけのイヤな経験をしたんだもの。娘は私が守ってあげなくては!

    ***

    怖い怖い怖い怖い!!!
    現実に十分ありえる事態ですよね。リアル過ぎて強烈に怖いホラーですよ!

    現実の日常でも、ちょっとした誤解が悪い噂となって広まったり、悪意の冤罪や、事実無根の偏見...などなど、度合や内容は違ってもそこらにゴロゴロ転がっていそう。誰も悪くなかったり、誰もが悪かったり。こういうのはホント、難しいしイヤですね。

    でもこういうことは起ってしまう。この社会で生きていくための人間の心理として、仕方ない部分もあるのでしょう。危険に関する情報をシェアするのは当たり前だし、大事なことだし。だからってむやみに他人を中傷してそれを広めるのは、やはりできるだけ避けたい。でも、その情報が必要か不必要かが見極められないケースもあるんですよね。そうするとどうしても、念のため警戒する方へ傾くじゃないですか。もちろん、それが暴力的な警戒になってしまうのは、誰が見てもやりすぎですけど。

    とにかく、何か悪い噂が入ってきた場合には、それが事実じゃない場合のことも想像してみる必要はあると思います。ま、事実だからってそれを広めていいのかどうかって問題もありますが。
    あぁー・・・色々と面倒な世の中ですね^^;
    心穏やかに暮らしていければ、それだけで幸せなことのように思えます。

























    【ザ・ワーズ 盗まれた人生】(2012年)

    ブラッドリー・クーパーだからと、とりあえず録画しておいたけど、特に期待しないで観てみました。が、なにげに好きなヤツでしたよ^^

    ◆ザ・ワーズ 盗まれた人生(The Words)2012年
    監督、脚本: ブライアン・クラグマン、リー・スターンサール


    なかなか芽が出ない作家、ローリー(ブラッドリー・クーパー)。彼は新婚旅行先のパリで手に入れたアンティークのブリーフケースから、古びた原稿を見つける。その素晴らしい内容に興奮した彼はそれをPCに丸ごと写しとり、自分の作品として出版社に持ち込んでしまう。それはやがてベストセラーとなり、名声を手にしたローリーの前に、真の作者を名乗る老人(ジェレミー・アイアンズ)が現われ・・・。

    ・・・という内容の新作を、中年作家(デニス・クエイド)が朗読会で読み上げることによって、ストーリーが語られる形のドラマです。

    一人の作家の書いた小説の登場人物である作家が盗作した元の作家。と、作家が3人出てきてそれぞれの物語が描かれる、三重構造のちょっと凝った映画でした。



    サスペンス的な展開を期待するし予想しながら観るのですが、それをサクっと裏切って描かれたのは、苦い人生の物語。

    ローリーとしては、ミリ・ヴァニリになる覚悟もあるぜよ(とは言わない 笑)という所を見せるけれど、どれだけ後悔や反省をして償ってみても、他人の人生を盗んだという事実を消すことはできない、というわけですね。
    自分の行動には責任を持ちましょう!というお話です。

    真実をハッキリ見せて貰えず匂わせる終わり方になっているのは、私の好みでもあるけど、モヤモヤでもありますねー。これの場合は、デニス・クエイド演じる現実の作家に近づいたオリヴィア・ワイルドの目的がよく解らないことが、モヤモヤに拍車を掛けた印象かなー。

    そもそも多重で少し複雑(しかし解りにくくはない)な構造なのに、彼女の存在が一つのエピソードとして(無駄に)加わってしまったため、更にややこしい感じになっていたのかも。
    オリヴィア・ワイルドは、クエイドに語らせるためだけのキャラクタだったとして、存在を省いて全体像を考えたら面白かったことがやっと分かりました(笑)←バカ

    でも全部見せてくれというのは、やはり観る側の怠慢ですもんね。想像することを楽しませてくれる映画ですから、後でアレコレ想像しながらゆっくり満足して行けたような気がします。

    あと、観た後「ふ〜む?」...と思いながらも漠然と「これ、好きだったなぁ」とも感じていたのは、我ながらなんだったのかな?ということも考えました。



    ・・・ベン・バーンズの美貌かなー?
    うん、まずはソコかもねー


























    【カルテット!人生のオペラハウス】(2012年)

    ダスティン・ホフマンの初監督作品だそうです。マギー・スミス、トム・コートネイ、ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズら名優たちが主演です。

    ◆カルテット!人生のオペラハウス(Quartet)2012年
    監督:ダスティン・ホフマン、原作戯曲:ロナルド・ハーウッド


    引退した音楽家たちが暮らす老人ホーム、ビーチャム・ハウス。存続の危機に面しているホームは、近日開催されるホームの住人たちによるコンサートのチケット収益に期待している。
    そこへ、往年のオペラ界の大スター、ジーンが新たに入居することに。彼女のかつてのカルテットの仲間たちはジーンの参加を促すが、ジーンは衰えた歌声を披露する気は無く・・・

    朝から晩まで音楽三昧の、楽しそうな老人ホームでの、おじいちゃんおばあちゃん達の生き生きとした毎日を眺めているのはなかなか楽しいですね^^
    主人公のカルテット仲間たちも個性豊かで面白いです。



    しかしお話は、閉鎖の危機にあるホームを救うためコンサートの成功を目指すという、ありがちなヤツです。主に、成功の鍵となるジーンが参加するよう説得する話というか^^;
    盛り上がりは特に無いですし、結末も分かりきっているので、ホント大した内容ではないです。

    それでも観ていて「これ、好きだわー・・・」となってしまったのは、一重に主要4人のキャラクターのお陰でしょうか。
    ・・・いえ、正直に言いましょう。
    トム・コートネイ氏です。スゴいステキです。

    実はアウグスト・ディール出演の「リスボンに誘われて」にも重要な役で出演されていたんですが、そこでは何度観ても全く気にならないおじいちゃんだったんですよ^^;それがまさかこんなに素敵な方だったなんて!

    トム・コートネイ演じる元テナー歌手レジーもやはり始めは歌うのを渋っていたし、ある事情によりジーンとの共演を頑なにイヤがっている頑固ジジィっぽかったのですがー、これがどこまでも頑固ジジィってわけじゃないんですよ。

    「ビートルズ?あれ、音楽か?」とクラシック以外を受け入れない頑なさも見せていた彼が、若者相手の講義のために真面目にラップを研究し出したりとかね。それもブツクサ言いながら仕方なくとかじゃなくて、歴史からちゃんと自分で調べたり^^



    PCで調べ物をする顔、若者たちとのふれあい、座ってお茶する姿、色々とフザけ倒す仲間のウィルフをゆる〜るたしなめる様子などなど、いつもいつもステキ過ぎる!!
    メガネ男子(老眼鏡もアリだ!)に弱い私的には、あの知的な雰囲気と上品な姿勢でイッパツですよ!

    そしてそのフザけたセクハラじじぃのウィルフ(ビリー・コノリー)。ふざけているように見えて、素早く空気読む思いやりと優しさ溢れる良キャラなんですよね^^レジーとは違い上品さは感じられませんが、ステキなキャラクタです。

    それから、どんな高飛車な感じで出てくるんだろうか、と不安だった元大スター、ジーン(マギー・スミス)。彼女、過去には色々あったりしたようだけど、そんなひどくヤな女というキャラには見えなかったんですよ。お陰で安心して楽しめましたね。ジーンのキャラとしては、マギー・スミスのいつもの "飄々と上から物言い" 系みたいな?全然問題ナシですね^^

    そしてもう一人の仲間シシー(ポーリーン・コリンズ)。彼女はボケかけて来ている女性ですが、天然ボケがいい具合にほっこりな雰囲気を醸し出していて良かったですね。

    その他、終始楽器を演奏していたり歌っていたりしていたビーチャム・ハウスの住人たちは、実は実際に過去に有名楽団に所属していた音楽家さんたちや、オペラ歌手の方々だったそうです。なので、劇中での演奏は大体生演奏だったみたいですよ。
    エンドロールで彼らも一人ずつ紹介されていました。知ってる人は全然いませんが、こういうのにも弱いです^^

























    【みんなで一緒に暮らしたら】(2011年)

    ジャンヌとアルベール、アニーとジャンの2組の夫婦と一人暮らしのクロードは、長年に渡り変わらぬ友人関係を続けていた。そんな中、クロードが心臓発作を起こしたことをきっかけに彼らは、5人で共同生活を始めることに・・・。

    ◆みんなで一緒にくらしたら(Et Si On Vivait Tous Ensemble?)2011年
    監督、脚本:ステファン・ロブラン


    ●ジェーン・フォンダ●ジェラルディン・チャップリン●ダニエル・ブリュール●ピエール・リシャール●クロード・リッシュ●ギイ・ブドス

    友人同士、気兼ねなく楽しい老後を満喫できたらいいわねぇ〜♪

    実際はいくら仲の良い友人同士でも、一緒に暮らすとなれば話は別でしょうか^^; お互いがお互いの面倒を見られるうちはいいでしょうけども、既に病気を持つ者もいるわけで、いわゆる老々介護状態となれば、やはり無理も出てくるでしょうし。
    とはいえ、複数人が一つの家に住み常にお互いを気にかける状況にあれば、少なくとも孤独死みたいなことは避けられるでしょうから、こんなことがもしも可能であれば、考えてみてもいいのではないでしょうか。



    しかし、やっぱり夢物語のように思えてしまう部分はありますね。
    年をとって頑固さも出ながら、丸くもなってきたキャラクターたち。起こり得る問題、複雑な人間関係など、現実を見せるところはちゃんと見せるものの、いずれも大してモメることなくサラッと済んでいくんですよ。とは言っても、決してお気楽に終わっていくわけじゃないんですが、温かみも感じられるステキ物語となっていました。
    ま、何にせよ、終活を考えられるところまで無事に生きられたら、それだけで感謝ですね。

    目当てのダニエル・ブリュールは、犬の散歩を請け負った学生ディルク役。
    なんだかんだでヨーロッパの老人生活を研究することになった彼は、5人と共に生活して、彼らのちょっとした世話係のような役割となった、心優しい好青年です。キュートかつ爽やかに演じてらっしゃいましたよ♪
    映画全体の言語はフランス語ですが、彼の独り言はドイツ語でしたね^^

    ところでディルク青年の老人生活研究では、老人の性生活についてもかなりクローズアップされています。
    モロなベッドシーンもゼロではないので、苦手な方はご注意ください^^
    しかしまず何よりも、ジェーン・フォンダのステキなスタイルとファッションに惚れぼれでした!daniel






















    【Frau Ella】(2013年)

    先日 日記 に書いた通り、日本語はもちろん英語字幕も収録されていないblu-rayを買ってしままったので、ドイツ語字幕で頑張って観てみましたー。
    ドイツ語超初心者なので、ほとんどが自力では読めませんから、全部じゃないけど適度に(?)辞書を引きながら、大体で観終えました^^;

    ◆Frau Ella(2013年) 監督:Markus Goller

    ●Matthias Schweighöfer●August Diehl●Ruth-Maria Kubitschek●Anna Bederke

    せっかくなので、あらすじをちょっと詳しめに書いときます。
    オチまでは書きませんが、大体こんな感じのお話だったと思います^^;
    (間違いがあったらごめんなさい!教えて頂けたら嬉しいです^^)
    彼女リーナから妊娠を打ち明けられたタクシードライバーの青年サーシャ。彼はそのショックから事故を起こしてしまい病院へ搬送されます。

    そこで高齢の女性エラと同室にさせられ苛立っていた彼でしたが、彼女が持ち込んでいた飲み物(お酒?)を分けてもらい意気投合。話していく中で、エラが病院の都合で不必要な危険な手術を受けさせられることを知ったサーシャは、なんと彼女を病院から連れ出し自宅へ連れ帰ってしまいました!

    親友クラウスの機転により警察の追跡からまんまと逃れたサーシャでしたが、荷物を取りに来たリーナとケンカ別れしてしまいます。
    サーシャは医学を学んだのに医者にはならず、タクシー運転手に甘んじていて父親になる準備ができておらず、彼女の妊娠が受け入れられないのでした。

    そんな様子を見ていたエラは、クラウスの協力のもと、サーシャをとある廃墟へ連れ出します。そこでエラは、サーシャへ自らの経験を話しました。
    遥か昔そこでアメリカ人兵士と恋仲になったエラでしたが、彼に付いてアメリカへ渡る勇気が出ず別れてしまいました。その後、彼女は妊娠に気づきましたが、ついに彼と再会することは無かった、とのこと。

    その帰り道サーシャはインターネットでその相手の所在を突き止め、助手席と後部座席で眠る二人に黙って、車をパリ方面へ進め・・・




    目新しいお話ではないですし、だいたい展開が読めちゃいそうな内容ですが全然OK♪
    二人の30代の青年たちが90近い女性と交流する話ですから、とてもハートウォーミングなコメディで、楽しかったですし良いお話でした!

    「後悔することになるから、私と同じ過ちを繰り返さないで。」
    と親身に助言するエラと、ずっと頑なだったけど考えを変えていくサーシャが、"おともだち" になっていく感じがいいですねー(*´∀`*)

    アウグストは主人公の年上の親友、クラウス役。
    新聞を見ながら「今日おまえ、星の動きから言って超ツイてるはずだから宝くじ買えよ!」みたいな電話を掛けてくるのが最初の登場シーン。結構はじめの方から出てきました^^

    彼はここ8年独り身というキャラクタで、彼の恋愛関係の話も裏であったようですが、悲しいかな私のドイツ語力ではよく解らなかったです>< なんだかウダウダしていたようなんですけど・・・。
    ま、それよりもサーシャと共にエラさんとの珍道中で活躍する姿が良かったです!

    見た目、チンピラ風な雰囲気があるので、もしかしたら邪魔くさいキャラなんじゃないのか・・・と、ちょっぴり心配でしたが、やっぱいい人でしたよ!!ま、一時サーシャと仲間割れを起こすようなこともありましたが、基本的には使える男だし、優しいしで、やっぱりカッコいい!!ヒュ〜
    ちょっとお茶目で、アウグストではあまり見ないタイプのキャラだったかもしれません♪

    まずは、今回ちゃんと理解しなかったセリフを、またゆっくり調べてみたいと思います☆diehl, matthias




















    【マリーゴールド・ホテルで会いましょう】

    特に大ファンなつもりはないのですが、観ると必ず魅せられちゃうんですよ、ジュディ・デンチって。ということで、彼女の名前に惹かれて録画してみましたー。

    ◆マリーゴールド・ホテルで会いましょう(The Best Exotic Marigold Hotel)2011年
    監督:ジョン・マッデン、原作:デボラ・モガー


    ●ジュディ・デンチ●ビル・ナイ●ペネロープ・ウィルトン●デヴ・パテル●セリア・イムリー●ロナルド・ピックアップ●トム・ウィルキンソン●マギー・スミス

    あらぁー!いいじゃないですかー!!
    何がいいって、やっぱり超豪華なキャスト陣ですよ。知ってるシニア俳優が全部揃ってんじゃないかってくらい豪華ですねー。(あ!知らない人が一人いた!)
    おじいちゃんおばあちゃんばかりなのに(なんて言っては申し訳ないけど)、すごく華やかに感じて楽しかったです。

    優雅なリゾート生活を期待してイギリスからインドへやって来た、7人の熟年男女の物語です。

    到着したのは、パンフレットの写真とは全く違うオンボロホテル。「写真はこのホテルの未来の姿です♪」と自信満々に言ってのける支配人がいいですね。現在は、ドアの無い部屋があるわ、部屋に鳥が入り込んでるわ、電話は使えないわで、ホテルとしてはありえない面食らうばかりの状態。そんな中で各々、新たな生活を模索し変化を遂げていくという、なかなか感じの良い映画でした。



    こういう集団の中ではやはり、いつまでも順応できない損なタイプの人は、見ていて気分が良くないですね^^; 私も結構保守的な人間であり、且つそんな自分がいつも嫌いなので、見ていてちょっと肩身が狭かったです。ま、人の振り見て我が振り直せということで。ガンバリます。(?)

    大好きなマギー・スミスは、のっけから有色人種への差別をあからさまにやりまくるイヤ〜な役を演じてらっしゃいました。あの酷い言い様にうわ〜...と引いちゃうのですが、徐々に分かりやすく健全な方向へ変化していく彼女は、やっぱりステキでしたね。さらっとイイ所を持ってっちゃうのは「ダウントン・アビー」のヴァイオレットと共通してる感じです。やはりこの手の役どころがハマりますね^^

    ベテラン俳優陣が魅力を振りまいてくれていて、とても楽しかったです。多少現実離れした部分もありながらも、普遍的な教訓も盛り込んでくれているところもいいですね^^

    どうやらこれ、「2」が出来ているようです。リチャード・ギアやデヴィッド・ストラザーンといったアメリカンなおじぃ達が加わっているみたい。吉と出ると良いですね♪




















    【最高の人生をあなたと】(2011年)

    「ぜんぶ、フィデルのせい」のジュリー・ガヴラス監督作品です。
    ということで、ちょっと期待して録画してみました。

    ◆最高の人生をあなたと(Trois Fois 20 Ans)2011年
    監督:ジュリー・ガヴラス


    ●イザベラ・ロッセリーニ●ウィリアム・ハート●ドリーン・マントル●ケイト・アシュフィールド●エイダン・マクアードル●アルタ・ドブロシ●ルーク・トレッダウェイ

    60歳が目前にせまるメアリーはある朝、昨夜のことが思い出せない自分に気付く。以来、老いを意識するようになり、「自分たちは老いたのだから、これからは生活を変えなければ!」と夫にも同じ意識を強いる。しかし若いスタッフとの新プロジェクトに燃える夫は、老いなど受け入れる気はない。やがて円満だった夫婦間にズレが生じ始め・・・ という重そうな話を、わりと軽やかに見せてくれるドラマでした。

    ほぉー・・・老いは自分で受け入れる意識をすべきものですか。
    う〜ん、「私、老いた?!」と気付かされる出来事があったとしても、更にわざわざ自分で自分に老いの意識を植え付けるのはちょっとねー。
    否が応でも痛感するときが来た時に自分が受けるダメージを和らげるクッションとして、予め受け入れておく(準備をする)というのも手かもしれないですけども。しかし私は(今ンとこは)考えたことないですねー。

    ・・・って、この主人公メアリだってショックではあっても、別に老いて塞ぎこんでるわけじゃないんですね。
    いわゆる第二の人生的なものを前向きに考え始めるような話なんでしょうけども。

    でもどうしても「老いを受け入れる」という点に意識が行ってしまいます。
    結局私も、刻々と迫ってくる老いへの不安をどこかに感じているんでしょうなぁ・・・^^;

    両親の熟年離婚を回避させようと画策する3人の子どもたちがなんか可愛くていい感じでしたね。























    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Favorites

    Sub-Blog


    Movies
    【あ行】-------------------------
    アイ・スパイ
    愛とセックスとセレブリティ
    愛の涯 私は風になった
    アイランド
    青い棘
    赤ちゃんの逆襲
    悪女
    悪魔のルームメイト
    アクロス・ザ・ユニバース
    憧れのウェディング・ベル
    アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事
    アザーズ
    明日の私に着がえたら
    アダルトボーイズ青春白書
    アデルの恋の物語
    あなただけ今晩は
    あなたは私のムコになる
    アーネスト式プロポーズ
    あの頃ペニー・レインと
    あの日、欲望の大地で
    アバウト・アダム アダムにも秘密がある
    アパートの鍵貸します
    雨に唄えば
    アメリ
    アメリカン・サイコ
    アメリカン・スウィートハート
    アメリカン・スプレンダー
    アメリカン・ドリームズ
    アメリカン・パイパイパイ...
    アラフォー女子のベイビー・プラン
    ある公爵夫人の生涯
    アルフレード アルフレード
    イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
    イヴの総て
    イエスマン"YES"は人生のパスワード
    イグジステンズ
    Ego
    イタリア的、恋愛マニュアル
    いつも2人で
    偽りなき者
    インクハート/魔法の声
    インシディアス
    インセプション
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
    イントゥ・ザ・ブルー
    インビジブル
    Wer wenn nicht wir
    ヴィゴ
    ヴィーナス
    ザ・ウォーク
    ウォーク・ハード-ロックへの階段
    ウォーム・ボディーズ
    ウォリスとエドワード 英国...
    失われた週末
    ウソから始まる恋と仕事の成功術
    ウソツキは結婚のはじまり
    嘘つきは恋の始まり
    宇宙人ポール
    美しい人
    美しいひと
    ウッドストックがやってくる!
    ウディ・アレンの夢と犯罪
    ウルトラ I LOVE YOU !
    麗しのサブリナ
    噂のアゲメンに恋をした!
    噂の二人
    噂のモーガン夫妻
    運命の元カレ
    永遠の僕たち
    映画に愛をこめて アメリカの夜
    エイリアン バスターズ
    EVA<エヴァ>
    エグザム
    エージェント・ゾーハン
    エスター
    エッジウェア卿殺人事件
    悦楽晩餐会/または誰と寝る...
    エディ・マーフィの劇的1週間
    エド・ウッド
    Emmaエマ
    エリザベス
    エリザベス:ゴールデン・エイジ
    エルヴィスとニクソン
    L.A.コンフィデンシャル
    遠距離恋愛 彼女の決断
    エンドレスナイト
    お熱いのがお好き
    お熱い夜をあなたに
    おいしい生活
    王子と踊子
    お家をさがそう
    お買いもの中毒な私!
    オーケストラ!
    おしゃれ泥棒
    オスカー・ワイルド
    お葬式に乾杯!
    男と女の不都合な真実
    おとなのけんか
    オドレイトトゥinハッピーエンド
    お願い!プレイメイト
    オブザーブ・アンド・レポート
    オペラハット
    おまけつき新婚生活
    オー!マイ・ゴースト
    オリエント急行殺人事件
    オールド・ドッグ
    俺たちステップブラザーズ
    俺たちダンクシューター
    俺たちニュースキャスター
    俺たちフィギュアスケーター
    俺のムスコ
    おわらない物語 アビバの場合
    女相続人

    【か行】-------------------------
    カイロの紫のバラ
    Keinohrhasen
    華氏451
    かぞくモメはじめました
    カップルズ・リトリート
    家庭
    Kammerflimmern
    ガリバー旅行記
    カルテット!人生のオペラハウス
    華麗なる恋の舞台で
    華麗なる週末
    彼が二度愛したS
    カントリー・ストロング
    カンパニーマン
    カンパニー・メン
    奇術師フーディーニ〜妖しき幻想
    奇人たちの晩餐会

    奇人たちの晩餐会 USA
    奇跡のシンフォニー
    キット・キトリッジ・アメリカンガールミステリー
    キッドナッパー
    きみがぼくを見つけた日
    キミに逢えたら!
    君への誓い
    キャデラック・レコード
    CUBE
    今日、キミに会えたら
    銀河ヒッチハイク・ガイド
    キング・オブ・ポップの素顔
    Küss mich, Frosch
    くたばれ!ユナイテッド
    グッバイ・レーニン!
    クライアント・リスト
    グランド・ブダペスト・ホテル
    クリスタル殺人事件
    クリスティーナの好きなこと
    グレッグのおきて
    グレッグのダメ日記
    クロッシング
    ケース39
    ゲット・ア・チャンス
    ゲット・ショーティ
    ゲット・スマート
    消されたヘッドライン
    ケミカル51
    幻影師アイゼンハイム
    小悪魔はなぜモテる?!
    恋する遺伝子
    恋する宇宙
    恋するベーカリー
    恋するポルノグラフィティ
    恋するモンテカルロ
    恋するリストランテ
    恋する履歴書
    恋とニュースのつくり方
    恋のエチュード
    恋のスラムダンク
    恋は邪魔者
    恋人たちのパレード
    恋人よ帰れ!わが胸に
    恋をしましょう
    氷の接吻
    氷の微笑2
    黒衣の花嫁
    ココ・アヴァン・シャネル
    Kokowääh
    9日目〜ヒトラーに捧げる祈り〜
    50回目のファースト・キス
    50歳の恋愛白書
    ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
    ゴーストライター
    ゴスフォード・パーク
    五線譜のラブレター
    コッホ先生と僕らの革命
    コニー&カーラ
    (500)日のサマー
    ゴーメンガースト
    コントロール
    コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト
    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    今夜はトーク・ハード

    【さ行】-------------------------
    最強のふたり
    最高の人生をあなたと
    最後に恋に勝つルール
    最低で最高のサリー
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    ザ・ゲスト
    誘う女
    殺意の夏
    砂漠でサーモン・フィッシング
    サブウェイ123 激突
    サボテンの花
    さよならの微笑
    サロゲート
    ザ・ワーズ 盗まれた人生
    31年目の夫婦げんか
    39歳からの女性がモテる理由
    3時10分、決断のとき
    幸せがおカネで買えるワケ
    幸せになるための恋のレシピ
    しあわせの雨傘
    幸せのきずな
    幸せのジンクス
    幸せの始まりは
    幸せはシャンソニア劇場から
    J・エドガー
    シェイクスピア21-マクベス
    SHAME-シェイム-
    ジェイン・オースティンの読書会
    料理長(シェフ)殿、ご用心
    シェフ!三ツ星レストランの...
    シェルター
    死海殺人事件
    40男のバージンロード
    40オトコの恋愛事情
    詩人、愛の告白
    七年目の浮気
    失踪
    シドニー・ホワイトと7人のオタク
    シネマニア
    シモーヌ
    ジャッキー・ブラウン
    ジャックとジル
    シャレード
    シャロウ・グレイブ
    シャーロック・ホームズ
    JUICE
    終電車
    17歳の肖像
    ジュリー&ジュリア
    ジュリア
    ジュリエットからの手紙
    Schlussmacher
    情婦
    処刑人
    処刑人II
    女性上位時代
    ショート・カッツ
    ショーン・オブ・ザ・デッド
    白雪姫と鏡の女王
    白いドレスの女
    シングルス
    紳士は金髪がお好き
    人生はビギナーズ
    人生万歳!
    シンディにおまかせ
    親密すぎるうちあけ話
    スウィーニートッドフリート街の悪魔の理髪師
    スクール・オブ・ロック
    スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団
    スタスキー&ハッチ
    ステイ・フレンズ
    スティル・クレイジー
    ストーンズ・イン・エグザイル
    スーパー!
    スパイダーウィックの謎
    スーパー・チューズデー正義を売った日
    スパニッシュ・アパートメント
    スプライス
    スペース・ステーション76
    すべてをあなたに
    スモーキング・ハイ
    スモール・アパートメント ワケアリ...
    ズーランダー
    Slumming
    360
    スリーデイズ
    探偵<スルース>
    スルース
    セックス・アンド・ザ・シティ
    セックス・アンド・ザ・シティ2
    SEXテープ
    セブンティーン・アゲイン
    セレステ∞ジェシー
    ゼロ時間の謎
    善意の向こう側
    戦争より愛のカンケイ
    聖トリニアンズ女学院
    ぜんぶ、フィデルのせい
    ソウルメン
    そして誰もいなくなった
    ソーシャル・ネットワーク
    その土曜日、7時58分
    それでも恋するバルセロナ
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    ゾンビーノ
    ゾンビランド

    【た行】-------------------------
    第9地区
    タイピスト!
    ダーウィン・アワード
    タイムマシン
    ダウト〜あるカトリック学校で〜
    ザ・タウン
    抱きたいカンケイ
    たった一人のあなたのために
    タトゥー
    ダブル・ジョパディー
    チェンジ・アップ/オレはどっちで...
    チェンジリング
    地球は女で回ってる
    地中海殺人事件
    チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
    沈黙の女/老フィールド館の惨劇
    ツイスター
    ツイン・タウン
    Zweiohrküken
    Der Nanny
    テイカーズ
    Diamant noir
    Die kommenden Tage
    テイク・シェルター
    DISCO
    デイブレイカー
    ティーンエイジ・パパラッチ
    デーヴ
    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テッセラクト
    デート&ナイト
    デート・ウィズ・ドリュー
    テネイシャスD
    デュー・デート 出産まで...
    天使と悪魔
    デンジャラス・ビューティー
    10日間で男を上手にフル方法
    22ジャンプストリート
    24アワー・パーティ・ピープル
    Dr.Alemán
    Dr.パルナサスの鏡
    ドッジボール
    突然炎のごとく
    隣の女
    トプカピ
    ドム・ヘミングウェイ
    ドライヴ
    トラブル・イン・ハリウッド
    トラブルマリッジ カレと私とデュプリー...
    トランジット
    ドリーマーズ
    トリュフォーの思春期
    泥棒は幸せのはじまり
    ドン・ジョン

    【な行】-------------------------
    Night Train to Lisbon
    ナイト・ミュージアム2
    ナイル殺人事件
    9〜9番目の奇妙な人形〜
    ナインスゲート
    流されて・・・
    NOTHING
    逃げ去る恋
    26世紀青年
    2番目のキス
    200本のたばこ
    ニューイヤーズ・イブ
    ニューヨーク,アイラブユー
    NY式ハッピーセラピー
    摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に
    ねえ!キスしてよ
    猫が行方不明
    ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
    ノッティングヒルの恋人
    ノーウェアボーイ ひとりぼっち...
    ノーマ・ジーンとマリリン
    The Normal Heart


    【は行】-------------------------
    Haider lebt
    ハイ・フィデリティ
    パイレーツ・ロック
    ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
    バウンティー・ハンター
    ハサミを持って突っ走る
    バスキア
    バースデイ・ガール
    バス停留所
    8月の家族たち
    八月の鯨
    バッド・ティーチャー
    バッドトリップ!消えたNo.1...
    ハッピーニートおちこぼれ兄...
    ハートブレイカー
    パーフェクト・ホスト
    Barfuss
    パブリック・エネミーズ
    BUBBLE
    バラ色の選択
    PARIS-パリ-
    パリ、恋人たちの2日間
    パリ、ジュテーム
    パリで一緒に
    巴里のアメリカ人
    パリより愛をこめて
    バルニーのちょっとした心配事
    バレンタインデー
    バーン・アフター・リーディング
    バンガー・シスターズ
    ハングオーバー!消えた花ムコ...
    ハングオーバー!! 史上最悪の...
    ハングオーバー!!!最後の反省会
    バンク・ジョブ
    ハンナとその姉妹
    バンバン・クラブ-真実の戦場
    P.S.アイラブユー
    ピザボーイ 史上最凶のご注文
    ヒストリー・ボーイズ
    ザ・ビーチ
    ビッグ・ピクチャー 顔のない...
    ビッグ・フィッシュ
    ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥...
    必死の逃亡者
    ヒトラーの贋札
    ピノキオ(アニメ)
    日の名残り
    ビーバス&バットヘッド Do America
    ビフォア・サンセット
    ヒューマンネイチュア
    昼下りの情事
    昼下り、ローマの恋
    ファースト・ワイフ・クラブ
    ファイブ ある勇敢な女性たち...
    ファクトリー・ウーマン
    ファクトリー・ガール
    Vaterfreuden
    ファニー・ピープル
    フィフス・エレメント
    フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
    50/50 フィフティ・フィフティ
    フィリップ、きみを愛してる!
    フォーガットン
    フォー・クリスマス
    フォーチュン・クッキー
    フォロー・ミー
    舞台よりすてきな生活
    ふたりのパラダイス
    普通じゃない
    譜めくりの女
    ブライズメイズ 史上最悪の...
    プライスレス 素敵な恋の見つけ方
    ブライダル・ウォーズ
    プライドと偏見
    Bright Young Things
    Frau Ella
    ブラザーサンタ
    プリシラ
    ブーリン家の姉妹
    フールズ・ゴールド
    ブルーノ
    ブルーバレンタイン
    フル・モンティ
    ブルワース
    プレミアム・ラッシュ
    フレンチなしあわせのみつけ方
    ブロークン・イングリッシュ
    ブロークン・フラワーズ
    フロスト×ニクソン
    フローズン・タイム
    プロデューサーズ
    ブロードウェイと銃弾
    ブロンド・ライフ
    ベイビー・ママ
    ベッドタイム・ストーリー
    ペティグルーさんの運命の1日
    ベティの小さな秘密
    ペネロピ
    ベルベット・ゴールドマイン
    ベルリン陥落 1945
    ヘンダーソン夫人の贈り物
    BOY A
    僕が結婚を決めたワケ
    ぼくたちの奉仕活動
    ボクの人生を変えた5日間
    僕の大事なコレクション
    僕の大切な人と、そのクソガキ
    僕のニューヨークライフ
    ボラット 栄光ナル国家カザフスタンの...
    ポリー my love
    ポルノ☆スターへの道
    ホール・パス・帰ってきた夢の...
    What a Man
    ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間
    本を作る男-シュタイデルとの旅

    【ま行】-------------------------
    マイ・ビッグ・ファット・ドリーム
    マイファミリー・ウェディング
    マイ・フェア・レディ
    マイ・ライフ、マイ・ファミリー
    Mouth to Mouth
    マジック・マイク
    マチェーテ
    マッチポイント
    マディソン郡の橋
    ザ・マペッツ
    ザ・マペッツ/ワールド・ツアー
    真夜中のピアニスト
    マリーゴールド・ホテルで会いましょう
    マーリー 世界一おバカな犬が...
    マリリン 7日間の恋
    ミックマック
    Mr.ズーキーパーの婚活動物園
    ミッドナイト・イン・パリ
    ミート・ザ・ジェンキンズ
    ミート・ザ・ペアレンツ2
    ミート・ザ・ペアレンツ3
    ミドルメン/アダルト業界で...
    ミスター・アーサー
    Mr.ゴールデンボール/史上最低の...
    Mr.ボディガード
    ミリオンズ
    ミルク・マネー
    みんなで一緒に暮らしたら
    みんな私に恋をする
    ムード・インディゴ
    ザ・メキシカン
    メタルヘッド
    もうひとりの女
    もうひとりのシェイクスピア
    もしも昨日が選べたら
    モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
    モネ・ゲーム
    モリエール 恋こそ喜劇
    モンスター上司
    モンテーニュ通りのカフェ

    【や・ら行・わ】------------------
    約束の葡萄畑 あるワイン醸造家...
    屋根裏部屋のマリアたち
    ヤング≒アダルト
    ヤング・ゼネレーション
    誘惑/セダクション
    ユーロトリップ
    妖精ファイター
    夜霧の恋人たち
    40歳からの家族ケーカク
    ライラにお手あげ
    ラヴェンダーの咲く庭で
    ラースと、その彼女
    ラスベガスをぶっつぶせ
    ラッキー・ブレイク
    ラブ・アクチュアリー
    ラブ・アゲイン
    ラブ・ザ・ハード・ウェイ
    ラブソングができるまで
    ラブ&ドラッグ
    ラブ・ダイアリーズ
    ラブ・ユー・モア(短編)
    ラブリー・オールドメン
    ラモーナのおきて
    ラリー・フリント
    ランナウェイズ
    ラン・ファットボーイ・ラン
    リープイヤー うるう年のプロポーズ
    理想の彼氏
    理想の女(ひと)
    リトル・ヴォイス
    リプリー
    リプリー 暴かれた贋作
    リベリオン
    リミットレス
    リリィ、はちみつ色の秘密
    リンカーン弁護士
    ルックアウト/見張り
    ル・ディヴォース
    LOOPER/ルーパー
    RUBBELDIEKATZ
    ルパン
    ルビー・スパークス
    ル・ブレ
    レイクビュー・テラス 危険な隣人
    霊幻道士3/キョンシーの七不思議
    レイヤー・ケーキ
    レインディア・ゲーム
    レッド・バロン
    レポゼッション・メン
    レボリューショナリー・ロード
    レボリューション6
    恋愛アパート
    恋愛上手になるために
    恋愛日記
    ロシアン・ドールズ
    ロストボーイ
    ROCKER 40歳のロック☆デビュー
    ロックスター
    ロックンローラ
    ロード・ジム
    ロードトリップ パパは誰にも止め...
    ローマでアモーレ
    ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト
    ロンドン・ドッグス
    ワイルド・オブ・ザ・デッド
    わが命つきるとも
    わが教え子、ヒトラー
    わすれた恋のはじめかた
    私がクマにキレた理由
    私の愛情の対象
    わたしの可愛い人-シェリ
    私のように美しい娘
    ONCE ダブリンの街角で
    ワンダとダイヤと優しい奴ら
    ワンダーラスト



    ブログ内検索


    Facebook


    categories

    blogram投票ボタン

    洋画

    どこかでなにかしらしています

    ::更新情報・その他プチ日記::
    Facebook未登録でもご覧頂けます
    「いいね!」大歓迎です☆


    ■Tumblr



    Amazonで検索



    recent comment

    profile

    の自己紹介

    powered by
    似顔絵イラストメーカー



    Message

    links

    archives


    selected entries

    Amazon Recommend

    others

    recent trackback

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    sponsored links